« 出発、彰の介の証言 | トップページ | 神頼みされる神 »

2004/07/26

宝くじ論争

ついに宝くじなるものを買ってしまいました。
サマージャンボって言うやつです。当たると3億もらえるらしいですね。私もはじめて「夢」なるものをしばしの間もちうることができるわけです。
が、そもそも私は宝くじなるもの、否定的にしか考えていませんでした。大体、「宝くじは買わなきゃ当たらない」なんていいますが、本当ですかね?そもそも宝くじというのは、税金集めでしょう。具体的な数字は知らないけど、競馬や競輪で、せいぜい控除率は25%。つまり売り上げの75%を配当にまわしていて、実に健全です。宝くじなんて、かなりの%をもっていってて、還元して無いでしょう。競馬などはギャンブルといって非難されることもあるけど、宝くじはもっとギャンブル性があるのに、「買わなきゃあたらない」「夢を買う」なんていい表現されるのはいったいなんでだろう。
正論は
1、「宝くじ、買わなきゃ損しない」
2、「宝くじ、すなわち納税です」
ってことです。
ということで、そんなネガティブな気持ちを捨てて、今回ニコニコしながら納税させていただいたというお話でした。

|

« 出発、彰の介の証言 | トップページ | 神頼みされる神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/1057623

この記事へのトラックバック一覧です: 宝くじ論争:

« 出発、彰の介の証言 | トップページ | 神頼みされる神 »