« 世の中信用しなさすぎか? | トップページ | 読売、いとおそろし »

2004/08/08

北京五輪やばいぞ3

 とにかく見届けようと思っていた、サッカーアジア杯の決勝ですが、残念ながら国歌斉唱のブーイングはひどかったようです。このままいくと、やっぱり4年後は予想通りやばいかも・・。 ブーイングの中でから始まって、 北京五輪やばいぞ北京五輪やばいぞ2と、一連のシリーズ?でまじめに語り、いろいろな意見を賜り、さらに今回ゆびとまさまから、過大なお褒めの御言葉をいただくに至り、一応やばいぞシリーズ第3段、完結編(予定)でまとめたいと思います。
 今回の決勝戦は、中国(開催国)対日本であり、実は密かに中国人サポーターは紳士的な対応をしてくれるのではないかと期待をしていたのですが、さすがにそれはありませんでした。逆に徹底したブーイングにもかかわらず、日本が極めて奇跡的な勝利を重ね、最終的に中国が3-1というスコアーで負けたということは、これ中国人に対する天の声としか思えません。もしかして、このブーイングがなかったら、バーレーン戦かヨルダン戦で日本は敗退していたでしょう。そして中国が優勝していたかもしれません。あのブーイングが、天の神様を動かし(宗派は不明?)、日本を勝たせてくれたと思うのは私だけでしょうか。4年後までに、この結果を中国人自身がどう考え直すかです。さらにひどいブーイングを浴びせる(北京五輪やばいぞで想定したような)ようなら、逆に日本人は怖くないでしょう。今回のサッカー日本代表がそれを示してくれました。醜いブーイングには本当の力がないことをしめしてくれた今回の優勝は大変大きな意味を持つと思います。
 さて、日本人の対応ですが、とにかく、この醜かった行為と同じことをやろうとしているやからには徹底してNOと言おうではありませんか。それはこのブーイングを正当化させてしまいます。そしてそれはめぐりめぐって日本に負のパワーとして戻ってきてしまうでしょう。またこの騒動を利用した政治活動や日本の総意とは言いがたい挑発行為には反対したいと思います。
 と言うことで、今回も甘んじてご批判受けます。おっと、一番言わなくてはならないことを言い忘れていました。
 「日本、アジア杯優勝おめでとう!!」
追加記事:大西 宏のマーケティング・エッセンス:石原都知事も中国で騒ぐ人たちと一緒だねトラックバックさせていただきました。
 

|

« 世の中信用しなさすぎか? | トップページ | 読売、いとおそろし »

コメント

トラックバックありがとうございました。日本の応援は世界でもトップクラスだと思います。それを誇りにしておけばいいですね。

投稿: 大西宏 | 2004/08/08 14:45

アジアカップ決勝戦でも、日本国歌の斉唱にブーイングをしたり、試合終了後日本チームや日本人サポーターが会場に閉じこめられたりと、残念ながら中国人サポーターは礼節は示してくれませんでしたね。

でも、ともかくそんな中で熱い試合を見せてくれた日本チーム、そして中国チームに心からの拍手を贈ります。そして日本チーム、優勝おめでとう!!

>とにかく、この醜かった行為と同じことをやろうとしているやからには徹底してNOと言おうではありませんか。それはこのブーイングを正当化させてしまいます。
>またこの騒動を利用した政治活動や日本の総意とは言いがたい挑発行為には反対したいと思います。
・・・本当にそうですね。私たち、ひとりひとりが、心にしっかり刻んでいかなければならないことですね。がんばりましょう。

投稿: mia | 2004/08/08 17:59

はじめまして。miaさんが今回の中国関連の面白い記事があるというので来て見ました(笑)。

確かに今後の北京五輪が心配になってきますね。中国の抱えている様々な問題がここで露呈してしまったようですが、私は悲観的ですがこれはよっぽどでない限りまず今後もこの傾向が変わることはないように感じます。選手達にとってはこのブーイングを力にするというのはある面快感ですが、今後応援に来た日本人に危害が加えられないかということを本当に心配しますね。

あまり表に出てないようですが、中国と韓国の歴史問題もこじれているようだし、今後中国がどのようにこの問題を切り抜けるのか注目したいところです。

それにしても・・・スポーツを通じて輪が広がるというのが今までの一般的なイメージだったのに・・・なんか今回は色々と考えさせられますね。というか・・・オリンピックやワールドカップなども、よく注意してみるといろんな問題があって今まで気がつかなかっただけなのかもしれませんね。

そうそう、日本チーム、最高にかっこいいですね!

投稿: miyashu | 2004/08/08 22:50

初めまして。沖縄生まれ沖縄育ちのンチャです。miaさんに紹介されてきてみました。

沖縄から見ると、中国側の反応にも、とても共感するものがあります。最もあのような行為は、全く正当化出来るものだとは思っていませんが、、。

物事はうやむやにされたままだと、心の隅に残ってしまい、良くないものです。今回はああいう形で、スポーツの場で中国側の鬱憤が吐き出され良かったと思っています。

イスラエルとパレスチナの問題は、武力による報復という形で、さらに相手に対する憎悪が増幅されています。武力による復讐は、心の中にある憎悪を増大させることはあっても決して解消へ向かうことはありません。

それに比べると、今回の事件は本当に建設的で、中国側の日本人に対する憎悪もそれなりに軽減されたのではないかと思います。

日の丸・君が代に対する拒否反応は、以前は沖縄でも強いものがありました。私の住んでいる読谷村でも、1987年の沖縄国体の時に、「日の丸・君が代の押しつけに反対する」決議案が、全会一致で決議されています。当時の村長も「日の丸・君が代」には、反対し、圧倒的多数の村民の支持を得ていました。

しかし、当時の日本少年ソフトボール協会の弘瀬会長が、「日の丸を掲揚し、君が代を演奏しないのなら、ソフトボール会場を変更する」と圧力をかけ、結局は日の丸も掲揚されました。それに対して多くの村民から反発が起こり、当時の読谷村商工会副会長だった知花昌一氏が、掲揚されていた日の丸旗を引きずり降ろし焼却してしまいました。

その結果彼が経営していたスーパーは、右翼団体によって放火されたり、打ち壊されたり、脅迫電話や、街宣車による営業妨害などを受けました。ただ、現在知花氏は読谷村議会議員をしています。

投稿: ンチャ | 2004/08/12 22:41

みなさま、コメントありがとうございます。
君が代、日の丸に対する話がありましたが、私は沖縄の方ほどは、抵抗感がないように思います。しかし、現在の学校などでの義務化の流れや、それに関する愛国心教育などは全くナンセンスだと思っています。愛国心とは国民の側から国を思う気持ちであって、国が強制してどうするんでしょう。愛してもらえる国づくりをすればいいことです。まずい飯をつくっておいて、おいしいと言いいなさいと教育しているようなものです。
ただ、ンチャさんのいう中国人の行為が建設的だとは思いませんし、憎悪が軽減されたとも思いません。それにいくら過去の歴史があるとはいえ、中国のつくられ増幅された愛国心による鬱憤晴らしを正当化するほどの忍耐力を私は持ち合わせてはいません。根本的に沖縄の問題とは違うような気がしますがどうでしょう。

投稿: 彰の介 | 2004/08/13 07:58

すみません。昨日は、二重に投稿してしまったようです。彰の介さん、最初のものを削除してもらえると助かります。

ところで、普通の日本人(戦前の一級国民)が、日の丸・君が代に抵抗感を持つ人はごくわずかだと思います。ナチスのカギ十字を見て恐怖感を感じるのは、ユダヤ人を初めとする、ナチスに迫害を受けた者たちであって、ほとんどのドイツ国民は、恐怖は感じないと思います。

恐怖というものは、主に、他人に危害を加えることによって感じるものではなく、危害を加えられることによって感じるものだからです。戦前の一級国民は、日の丸君が代によって、危害を加えられてないので、それに抵抗感を持つことがないのは当然のことです。

沖縄や、朝鮮・台湾・満州の人々は、皇民化教育によって自国の文化を否定され破壊され、差別的扱いを受けてきた歴史があります。このことを日本の学校ではほとんど教えていません。ところが、朝鮮、台湾、中国の学校では、過剰なほど教えているのです。特に中国では、大勢の中国人が日本軍によって殺されています。

自分の家族を殺されても、相手が謝ったら許してあげるというのは、普通の人間にはなかなかできるものではありません。心の中の憎悪は、理屈ではなく感情なので、吐き出すことが、それを軽減する最良の方法なのだと思います。今回のことがあったおかげで、北京オリンピックの時は、今回のようなひどい騒ぎは起きないはずです。

「中国のつくられ増幅された愛国心による鬱憤晴らし」というのは、狭い理解の仕方で、そんな単純なものではないと私は思います。また、「中国人の行為が建設的だ」と私が言っているのは、イスラエルやパレスチナの人たちと比べての話です。

沖縄と中国側の問題は、詳細は異なるが、根本的な部分は同じだと私は思います。沖縄と中国の違いは、同じように危害を受けたにもかかわらず、沖縄側は、自分たちが受ける危害を軽減するために、自分たちも危害を加える立場にも立ってしまったという点なのです。


投稿: ンチャ | 2004/08/13 23:28

ンチャさん、彰の介ですが、ブログのコメントありがとうございました。
かなり、コメントのお返しが遅れて申し訳ありません。
ンチャさんとは、意見が違うのか?合わないのか?立場が違うだけなのか?もう一度意見を書いてみました。
まず、沖縄の人に対して、本土の人間(といえばいいのでしょうか)は、危害を加えられなかったのでしょうか?。現実には本土の人間であっても苦しい生活を強いられ、空襲で何十万人という人が死に、原爆を落とされ、家族が兵隊にかりだされ、全く無駄な死に方を強要されました。(もちろん危害の加えられ方は沖縄の比ではないかもしれません。実際、本土決戦の前に降伏しているのですから、沖縄は捨てられたともいえるでしょう。)そんな、本土の人間に対して、沖縄の方は、死んで当然、自業自得とお考えですか。きっと、そうなんでしょうね。ちなみに本土の人間の多くは、危害を加えた張本人たちの責任はほとんど問わず、実際、自業自得だったという雰囲気のような気がします。つまり、はけ口が自分自身になったわけで、心の傷といっていいかもしれません。問題なのは、当の戦争責任者たちや、自虐的な雰囲気に耐えられず責任をどこかにもとめたい人たちが、多くの人が自業自得と反省し、静かにしていることをいいことに、戦争そのものを正当化し、あわよくば自らの責任を消し去ろうともくろんでいることです(本土の問題児)。こういう人たちは、声が大きい人が多いですから、本土の人間の総意のように聞こえてしまうし、沖縄の方や外国から見れば反省していない、挑発していると見られることになってしまうでしょう。そして中国人の態度は、問題児の発言によって惹起されているとはいえ、多くの人の心の傷につけこむような行為であり、それは甘んじて受けたとしても、現在の中国国内の諸問題のはけ口に利用され、さらに過去の中国による侵略行為や領土問題まで正当化しようとしており、私が「本土の問題児」とした人たちの行為とそっくりです。これでは悪循環になるばかりでなく、静かに反省することがただつけ込まれるだけと勘違いした人たちがどんどん問題児化してしまう結果になってしまいました(私も少し・・反省!)。
ちょっと、ややこしいまとまりのない文章になってしまいましたが、ここまで書いてきて、ふと我に返ると、とにかくもお互いがお互いに悪いんだなという感じがしてきました。ンチャさんはやはり吐き出す方の立場から行動されますか?。私は(行動力がないのですが)本土人による悪循環を、食い止める方向に行動したいと思います。

投稿: 彰の介 | 2004/08/16 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/1147405

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪やばいぞ3:

» 続・民族感情 [博覧強記]
結局アジアカップは日本の勝利で終わったらしいですね(伝聞型になるくらい、試合自体 [続きを読む]

受信: 2004/08/09 10:45

» 相互理解への最初の一歩 ・・・サッカー・アジア杯が終わった [blog::TIAO]
重慶のサッカー競技場で突如巻き起こった「反日」ブーイングが日本でも大きく報道され、この一週間というものは日中のネットはなかなか賑やかだった。日中両国で関心が集ま... [続きを読む]

受信: 2004/08/11 09:26

« 世の中信用しなさすぎか? | トップページ | 読売、いとおそろし »