« シャレで「FJ」バッシング | トップページ | ハイエナとモラル »

2004/10/27

電車内の携帯使用と安全性

 ブロガー新聞3号では、あざらしサラダさんが一日編集長となり、「携帯電話」をテーマに掲げられました。私自身、 医療現場と携帯電話と題し、トラックバックしました。そして今回、あざらしサラダさんのブログ上で、「問題提起」の今後ですが、にて、周辺機器等の誤動作の問題についての分科会?として、このブログのご指名を受けました。正直言うと、私の論調に合わせたコメントやトラバのみをいただいていたので、このまま逃げ切ろうと思っていました(笑)。しかし、例えばブログ上において、電車内の携帯電話の使用がペースメーカーに誤作動を起こす可能性があることについて、私はかなり心配派ですが、ほとんど影響ないから過剰規制という意見が多いように思います。あざらしさんのお考えの提言はできない可能性がありますが、私の責任下において、少しづつ問題を絞って、つめていこうと思います。ただし、私は弱男(よわお)なので、お叱りコメント多数の場合は投げ出す可能性があります。そんな場合、皆様のご理解をいただきたいと思います(笑)。
 今回は、話を電車内の携帯電話とペースメーカーの話に限定したいと思います。まず、言わなければならないこと、それは現在電車内での携帯電話の使用は基本的に禁止されていないということです。あくまで、マナーモードにして、通話は控えて欲しいというマナーを呼びかけているわけで、メールやらiモードやらは全く禁止されていません。このマナーについてはここでは取り上げません。本題の携帯禁止というか電源を切るように呼びかけられているのは、「優先席付近と混雑時」のみです。これにはペースメーカーが関係し問題になってきているわけで、問題はここに絞れます。
 さて、携帯によるペースメーカーの誤作動ですが、電波の医用機器等への影響に関する調査結果-新たな植込み型心臓ペースメーカ等についても22センチの現行指針の妥当性を確認-や、医薬品・医療用具等安全性情報179号が根拠になっているようです。携帯電話のいろんな機種をひっくるめて、22cm離せば問題ないとお墨付きを与えています。しかし、機種によっては2cmほど離せばいいようですし、確かめられた誤作動というのは、症状が現れるようなましてや致命的なものはどうもないようです。
 問題その1:行政が出したこれらの指針は、結果に比べて安全域を置きすぎで、無用な警告だと思いますか?
皆さん、どうでしょう。この結果から、携帯でペースメーカーには影響ありませんと自信を持って言えますか?。たぶん、行政としては、何かあったら困るので、安全域をしっかり置いたのでしょう。私が行政の関係者であれば、同じように安全域を置いたと思います。この結果からは怖くて行政の立場で安全宣言なんて出せないと思います。いきなり安全宣言をするのではなく、誤作動があった以上十分な安全域を持って、徐々に安全域を絞っていくというのは悪いことではないような気がします。今年の洪水も地震もそうですし、いろんな事故など何かあったら「想定外のことが起こった」といって逃げるのが行政ですから、むしろよくここまで条件を絞ったものだと感心している私は変でしょうか?。それともやっぱりこの結果から安全宣言を出すべきだと思いますか?
 問題その2:その1を踏まえ、優先席付近や混雑時の携帯電話電源offについて、過剰な対応だと思いますか?
その1の時点で安全宣言を出すべきという方は、もちろんこのその2でも過剰な対応という考えでしょう。22cm(機種によっては数cm)離せば大丈夫という提言を認めておられる方はどうでしょう。私は被害妄想系の人間なので、自分が加害者になりうることを想像してしまいます。混雑時は十分、数cmに携帯がペースメーカーに接近する可能性があると思いますので私は電源を切ります。優先席付近については、ペースメーカーをつけている人の避難場所と私は考えています。車内の極一画ですから、それぐらいは安全地帯を確保してもいいのでは?と考えています。が、やっぱり、混雑時、優先席付近、十分安全(数十センチの接近なんて想定できない)だからいちいち電源を切る必要はないと思いますか?
 質問その1:いろいろ言い分はあるでしょうが、無理やり現行の混雑時、優先席付近の電源offを強制されたとします。私は、携帯電話のヘビーユーザーとはいえないので、電車に乗ってるくらいの時間、電源切ったところでなんとも思いません。また、携帯を使いたいなら一般席の方へ行けばいいことです。ですから、行政からの安全宣言が出されるまで、私の言うところの避難場所(安全地帯)の確保はあってもいいと思います。しかし、その極一画や一定の時間、電源を切ることに問題があるとすればどんなところにあるのでしょう。
 私はもう1つ気になることがあります。この、電車内での電源offに関して、「マナーの問題を解決するために、人命に関することを持ち出すのはおかしい」という意見があることです。「ペースメーカー患者をだしにして」という表現をされてる方もいたと思います。しかし、これ逆の側面もありませんか?。電車内で通話することがマナー違反とされているわけですが、これをマナーに反していないと言わんがために、「携帯電話は安全なのに、どうして通話がいけないの?」って問題摩り替えていませんか?。と言うのは、安全に関する問題は優先席付近だけのことで他の場所はマナーの問題なんですから。また、以前コメントにも書いたのですが、優先席での携帯通話を注意された人が注意をした人に逆ギレした事件がありました。これに対して、あるブログ上で、これでもかと注意した人をこき下ろしていたのです。そのときに使われていたのが「安全なことぐらいわかってるはずなのになんで注意するのか」っていう言葉だったわけです。そう、無意識的かも知れませんが、それこそマナーの問題を安全をだしにして、逆ギレまでしたマナー違反携帯使用者の擁護に利用していませんか?。携帯通話を正当化するために安全性を問題にしてますよね、これ。違いますか?。
 ということで、とりとめもなく、まとめるつもりがまとまらず、ここまで書いてしまいました。私は私の意見ですが、誤りは直すつもりです。そのうち病院についても書きます。少しづつ携帯を認める病院も出てきてるようですから、それを踏まえて医療関係者として問題提起していきたいと思います。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« シャレで「FJ」バッシング | トップページ | ハイエナとモラル »

コメント

必要な場所で、電源を切ることは、なんら問題がないと思います。
おいらも携帯ユーザーですが、年中電源を入れておかなければならないほど、
重要な話が舞い込むわけではないし、たいていは友人との連絡用です。
営業関係の人ならば、常時電源ONが必要かもしれないですが、
それ以外であれば、留守電サービスなどに切り替えておき、電源をOFF。
後ほど、適当な場所で聞けば、たいていは用が足りるはずです。
いつでも話が出来るのが、当たり前とは限らないのですから。

投稿: でめ | 2004/10/27 04:54

彰の介さん、おはようございます。早速の行動に感謝します。
彰の介さんが今回の記事で述べているように、安全とマナーを区別して「対策提言」をまとめることが重要だと思います。
自転車の問題をもう少し整理したら、私からもトラックバックさせて頂きますので、皆さんから多くの建設的な意見が集まることを期待しています。

投稿: あざらしサラダ | 2004/10/27 08:45

 でめ様、あざらし様、コメントありがとうございます。
でめ様、毎度のトラバありがとうございます。私も同意見なので、ちょっと切るぐらいだめなのかな?と思っているんですが、電源を切るわけにはいかない方の意見も募集しています(質問その1)。
あざらし様、今のところ反応はぼちぼちなので、ゆっくり反応みたいと思いますのでよろしくお願いします。

投稿: 彰の介 | 2004/10/28 01:09

TB&コメントありがとうございました。

物事の考え方だと思うのですが。
もし自分がペースメーカーを入れているとしたら、混雑した電車に乗るかな?
物凄くたとえが悪いのかもしれませんが、当事者となれば危険は避けたいのが普通でしょ?
それに、もし自分がペースメーカーを入れてるなら、胸に「ペースメーカー入れてます!」ってシールかなんか貼るかもしれません。
それは、私もやはり弱男(よわお)なんで、他人に自分の安全を握らせるようなことはできませんもの。
参考になるかどうかわかりませんが、何か最近の車内での携帯の規制方向が違う方に行ってるようで、気になってるのです、私。
病院だって、外に出て携帯を出来るほど元気な人ばかりじゃないと思うのです、差し障りが無いなら、待合から携帯が使えたら助かる人が沢山居ると思います。

投稿: ヤースのへんしん | 2004/10/29 19:19

ヤースのへんしん様、コメントありがとうございます。
ペースメーカー入れた方の視点って重要だと思います。ところで、「最近の車内での携帯の規制方向が違う方に行ってる」と感じているのは具体的にどっちの方向か教えてください。あと、病院の場合はむしろ規制を緩和した方が言いということでしょうか。実は、病院の中には徐々に携帯O.Kを出しつつあるところもあるらしいんですよね。また、ブログの中で書きたいと思います。今後もご意見、お願いいたします。

投稿: 彰の介 | 2004/10/30 00:44

マナー・マナーだからとなっていますが。
マナーの基準が整備されていない感じです。

科学的に根拠の無い車内での電源は切る必要なし!

マナーを振りかざしていう名ならば、
社内の携帯での会話は禁止!当然車内での私語も禁止です!

電波で言うならば、住宅地区(マンションの上も)の携帯の基地局禁止。マックや駅等の公共の場所の無線LAN禁止
(無線LAN の安全性はどうなっているんでしょう?)

投稿: 再考 | 2005/01/05 13:33

再考様、コメントありがとうございます。
科学的根拠がないというのは1つの意見だと思いますが、ぜひ、安全域が過剰という説明をもう少ししていただけるとありがたいです。
あと、マナー振りかざして言うならいろいろ禁止にすべきというご意見ですが、私的には記事の中で言っている、問題のすり替えになっているように思います。例えば、無線LANは安全かどうか調べもしないくせに、何で携帯ばかり問題にするのかってことですよね。これは、おっしゃるとおり、携帯が危険というなら、同様に無線LANが安全かどうかを調べなくてはならないと思います。でも、無線LANは調べもしないんだから、携帯が安全だという理屈にはなりません。無論、現在の携帯の扱い方に賛同されているというのであれば話は別ですが・・・、そうではないようなので・・・。

投稿: 彰の介 | 2005/01/06 01:22

先のコメント少し言い方が悪くて済みませんでした。

実証もせずに携帯に対する扱いがあやふやだと言いたいのです。

「医療器械に誤動作の恐れがあるのでマナーとして携帯の電源をお切りください。」これっておかしいと思いませんか?

誤動作が本当でしたらマナーどころか禁止にすべきです。

たしか、総務省の試験では携帯キャリア3社の数十台にてペースメカー誤動作試験を行なったけっかほとんどの機種が医療具の2cmの距離でも問題なく中には全く問題の無い機種もあり、その中で古い機種が22cmで医療機が誤動作を起こしたので発表はペースメーカーから離すことが望ましいとなっています。(電波を発信している会話状態での事です)
先に述べました様に害が有るならば実証してルールにすべきであやふやな言い回しでマナーと言うべきでは無いと思うのです。

もしマナーとするならば、ペースメーカー等の医療機を使用している方を配慮して優先席付近では携帯の会話はおやめくださいというべきだとも思います。
又、付近と言う表現もあやふやですのでバスケットのゾーンのような印やペントにてを床に書いてここからが優先席付近だとしっかり定義すべきであると思います。


*それと先のコメントで車中会話禁止としましたが、実際大声でしゃべったたりずっと会話している人がいます。これと、携帯でしゃべるのとどこが違うんでしょうね?
こういうのこそマナーとして車内での会話は禁止すべきだと思います。(最近エレベーター内の会話は改善しつつありますが・・)
マナーの定義として「行儀。作法。礼儀。」がありますがこれに節度が加わるべきかともいますが如何でしょうか?

*車内での携帯での会話禁止になったのは過去に携帯普及時にまだ持っている人が少なかった頃これ見よがしで大声で通話したり、性能が悪い為大きな声で通話している事から始まったように思えてなりません。

最後ですが無線LANの実証は解りませんが、私が以前いたマンションでは屋上に基地局があり電波を発進していました。実際に基地設置誤はTVやPCの画面がちらついたり、子供のラジコンのおもちゃが誤動作しました、何度か大家等に掛け合いましたが、その度に調べに来たののですが先方の調査器具により調べ問題は無いという事でした。
結局そこから引越しました。
自分で実証するには知識・時間・費用が無かったからです。

こう言った経緯の有る私ですが電車内では電源を切りません。(理由は先に述べている結果からです)
しかし病院や飛行機の搭乗では携帯やPCの電源切ってます。自己や身内のことになると慎重になるこれ矛盾していますでしょか!

投稿: 再考 | 2005/01/07 16:53

再考様、コメントありがとうございます。
私の知る限りの、電車内の携帯に関するアナウンスは、優先席付近に関しては「安全上の問題」から電源をお切りくださいと言っています。それ以外の場所は「マナー上の問題」からマナーモードなどにして通話を「ご遠慮ください」と訴えかけています。ですから、ご指摘の「安全上の問題があるからマナーとして電源を切る」とは誰も言ってませんよ。
ただ、優先席付近では電源を「お切りください」という丁寧語が使われますので、強制的な「ルール」という意識は持ちにくいですね。確かに「付近」という言葉もあいまいです。その辺りご指摘の通り極めて中途半端とは言えそうです。ここは大きな問題点ですね。
あと、優先席付近以外は「マナー」の問題です。大声の会話に、携帯であろうがなかろうが私も関係ないと思いますよ。当然、やめるべきです。携帯の大声の会話がマナー違反であるのと同様、乗客どうしの大声の会話もマナー違反だと思います。そこは「マナー」の問題ですから、客どうしの「節度ある」会話まで禁止すべきかどうかは、なんともいえません。短いこそこそ話くらいなら禁止すべきとは思いませんが・・。確かに携帯は目の敵にされてるかもしれません。しかし、再考様も、携帯で大声でしゃべりたいがために、普通の大声の会話はどうして禁止されないのか、と言ってるわけではないことがわかりましたから、私的には片方のマナー違反だけ注意していることをそれほど問題にする必要はないように思うのですがどうでしょうか。わざわざ、車内アナウンスしてもらいますか?。
最期に、もう一度繰り返しますが、電車内で電源を切る必要はありません。優先席付近から離れて、「マナー」さえ守れば、誰も禁止していません。電源を切るのは優先席付近だけです。再考様は、何も悪いことはしてませんよ。

投稿: 彰の介 | 2005/01/07 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/1784257

この記事へのトラックバック一覧です: 電車内の携帯使用と安全性:

» 常に [雑記帳]
携帯電話の電源をONにする必要があるのでしょうか? 携帯のない生活が考えられない方は、当然と答え、 携帯をお持ちでない方は、OFFにすべきだと答えるであるう... [続きを読む]

受信: 2004/10/27 05:09

» 【自転車での携帯電話使用規制について考える(1)】 [あざらしサラダ]
●H11年度の道交法改正により、自動車等を運転中の携帯電話及びカーナビ等の使用が禁止(ただし罰則規程なし)されました。  しかし、その後もこれらにまつわる... [続きを読む]

受信: 2004/10/27 09:50

» [トラックバックランキング] あざらしサラダのジャーナリズム論 [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。まずは謝罪から。昨日の「BLOG of the [続きを読む]

受信: 2004/10/31 11:05

» 知ることからはじめよう [cassis and rubyred weblog]
こんにちは、樽です。今回はちょっとまじめにお話させてくださいね。 トラックバック先は「彰の介の証言」さんの記事「電車内の携帯電話使用と安全性」です。 彰の介... [続きを読む]

受信: 2004/11/01 16:34

« シャレで「FJ」バッシング | トップページ | ハイエナとモラル »