« 無駄論的織田信長様 | トップページ | 無駄論的「信長の野望」 »

2004/11/27

メジャーマイナー論

 前回、無駄論的織田信長様の最期に、織田信長を書くといいつつ、かわいそうな明智光秀の救済を行ったことを明かしました。これは私が唱えている、メジャーマイナー論に関わってきます。それにしても、私は「~論」ってのが好きなのかな?。と言っても、「無駄論」しかないか。この、メジャーマイナー論は、ほんの少しだけ、涙のチンジャオロースで紹介しています。簡単に言うと、多くの人から応援されたり勝って欲しいと思われる人やチームをメジャー、逆にメジャーの引き立て役になったり、負けて欲しいと思われる人をマイナーと呼んでいます。時にマイナーというのは不当に悪役にされたり、報道されたりするので、その救済っていうのがメジャーマイナー論の1つの主旨であり、また、人間というものは常にマイナーへ落とされる可能性があり、その精神論を唱えるのも、メジャーマイナー論です。
 
 具体的な例を1つ。ただいま、女子プロゴルフの賞金王争いが熾烈になっています。女王不動(ふどう)か、新生宮里(みやさと)か、明日のリコー杯の結果にかかっています。この二人の真剣勝負・・・、と言いたいところですが、どうも世間では、どちらかというと宮里藍に逆転で賞金女王になってもらいたいと言う雰囲気が強いように思われます。この、賞金女王になってもらいたいという立場にたった宮里のことをメジャーと呼んで、逆に負けて欲しいと思われている不動の立場をマイナーと呼んでいるわけです。これが如実に現れているのがテレビやら、新聞などの報道です。とても平等にどちらが勝つかなんて感じではありません。逆転賞金女王誕生といわんばかりの雰囲気でニュースで紹介され、新聞に書かれています。一見すると、「そんなに偏った報道ではないのでは?」と思うかもしれませんが、それは気持ちの上で宮里が勝ったらいいなって思いつつ新聞なんかを見れば偏りは感じないかもしれません。おそらく不動ファンの立場から見ると失礼なって感じがするのではないでしょうか。ちなみに私は宮里藍と結婚したいぐらいの宮里ファンなんですが(本気!)、残念ながら私の性分なんでしょうか、このメジャーマイナー論が染み付いている私は、このようなメジャーマイナー化が起きてしまった時点で賞金女王は不動さんになってもらいたいと思ってしまうんですね。そうでなくても、もう少し報道は世間受けではなくて、メジャーマイナー論的な意味で平等に扱えないものかと怒りを覚えるわけです。これは判官びいきではありません。判官びいきは、判官びいきされている人がメジャーですから、ちょっと違います。
 
 こんなメジャーマイナー論的な例はスポーツ等勝負の世界でよくみられます。相撲の世界でいうと、「小錦」、今風に言うとKONISIKI?なんかはマイナーの典型だったでしょう。とにかく彼が勝つと場内にため息が漏れ、負けると割れんばかりの拍手で包まれる。あんな状況でよく戦っていたものだと感心したくなります。しかし、皮肉なことに、彼は大関を陥落し、負けがこむようになったら半メジャー化し、全く逆の状況になりました。つまり、弱い小錦なら受け入れるってことですから世間は厳しいものです。
 
 私の大好きな将棋の世界でもありました。羽生善治が前人未踏の7冠達成目前のとき、羽生君がメジャー化、相手の谷川浩司がマイナー化しました。将棋なんて全く知らない世間の人が、なんかかわいらしい天才が偉業を達成しそうだぐらいのノリで羽生君を応援し、戦っている最中なのにもう7冠達成みたいな報道がされました。谷川浩司って知らない人が多いかもしれませんが、十七世名人の称号を持っているえらい棋士なんです。ちなみに羽生君は永世名人の称号は持っていません。どちらかと言えばメジャーな道を歩んできたはずの谷川浩司が突然世間から仇役にされたときはどんな気持ちだったんでしょうか。自分が負けたほうが世間は喜ぶんですから・・・。
 
 もしかすると、皆さんの中には、「勝負の世界であれば、世間からどう言われようと、どう思われようと、勝てばいいじゃないか」と思われたかもしれません。それはそれでおっしゃるとおりです。そんな逆境の中で負けたとき、世間が冷たくて・・・なんて言い訳にもなりませんし、勝負自体には何も不正やハンディはないのですから。また、応援するのにも、「宮里と結婚したいんだったら、普通に宮里を応援すればいいじゃん」と思われたかもしれません。それもまたおっしゃるとおり。ファンなのに応援しない方がおかしいといわれれば確かにそのとおりです。それを、全く否定するつもりはありません。それはそれ、そんな状況に遭遇すると、いつもの私の屁理屈的な思考が動き出してしまうのです。私は、マイナー落ちした人を応援したいんです。不当な報道に物が言いたいんです。世間の向いてる方向の逆を向きたいんです。なぜって、それは、「そこにマイナー落ちした人がいるから」としか言いようがありません・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック! 
このブログもマイナー化しています。メジャー昇格へ皆様の温かいクリックをお願いいたします。

|

« 無駄論的織田信長様 | トップページ | 無駄論的「信長の野望」 »

コメント

そういう、いわば外野のひとたちの「メジャーマイナー」騒ぎは、本人たちには、迷惑なだけだろうな・・・と思いました。

勝手に「ひいき」になられるのはともかくとして、「ひいき」の相手方を「敵役」につくりあげるのは、「ひいき」の相手方にとっては、もちろんのこと、「ひいき」された方も困惑するだろう。
・・・だってそこは当人同士の勝負の世界、なのだから。

どうして、そういう勝負を、純粋に勝負として観戦できないのか、私には不思議です。

マイナー落ちした人を応援・・・それも、本人には迷惑千万なことでしょう。

違うかな???

投稿: mia | 2004/11/28 07:15

mia様、毎度コメントありがとうございます。
「マイナー落ちした人を応援・・・それも、本人には迷惑千万なことでしょう。」
うむ、痛い所を突かれました。そのとおりです。私自身が世間から、「負けたほうが喜ばれる」という立場になったら耐えられるのか?っていうのを前提にしてますので、せめて一人ぐらい「負けるな!、勝つんだ!」と言ってあげたいと思ったしだいです。主には、報道に対する不満ですね。あるいはそんな報道に乗せられるのではなく、純粋に勝負として、勝負している当人の背景をよく知ろうよ、という訴えです。それを大げさに、極端に、「マイナー落ちした人を応援」としました。そんな矛盾は少し目をつぶってもらって・・・。

投稿: 彰の介 | 2004/11/28 10:09

>主には、報道に対する不満ですね。あるいはそんな報道に乗せられるのではなく、純粋に勝負として、勝負している当人の背景をよく知ろうよ、という訴えです。

了解。それには全く同感です。

投稿: mia | 2004/11/28 12:17

こんばんは。
メジャーマイナー論、頷きながら拝見しました。
メジャーのサイたるものがプロ野球の巨人(関西では阪神)ですね。
その巨人(阪神)べったりの解説者が、気まぐれなのかあまりにべったりで後ろめたいのか、たまに口にする前田智徳へのほめ言葉を聞いてニンマリしているマイナーなカープファンです(苦笑)
多数派に与しないといえばカッコいいんですが、単なるへそ曲がりなんでしょう。

投稿: jackyhk | 2004/12/01 00:03

jackyhk様、コメントありがとうございます。
東京に住んでいて、中日ファンの私は、腹立たしい思いをたくさんしております。応援しているチームがマイナー落ちすることほど残念なことはありません。
 今年は正直、応援していたチームが優勝した気が全くしませんでした。東京中日スポーツだけが頼りです。

投稿: 彰の介 | 2004/12/01 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/2086502

この記事へのトラックバック一覧です: メジャーマイナー論:

» 不動が宮里を返り討ち? [SEABLOGスポーツ]
女子ゴルフ最終戦は今年の賞金女王を決めるマッチプレーの様相を呈してきた。首位の不動を追う宮里が逆転優勝し、不動が崩れれば逆転賞金女王があるかもしれない。  宮... [続きを読む]

受信: 2004/11/28 01:21

» 勝負は [雑記帳]
非情とはよく言うが、女子プロゴルフ宮里は、よくがんばったと思う。 常識を超えた新人ではあるが、まだまだ未成年。 これから、ツアー経験を重ねれば、いい意味での... [続きを読む]

受信: 2004/11/29 12:51

« 無駄論的織田信長様 | トップページ | 無駄論的「信長の野望」 »