« 無駄論的血液型論争2 | トップページ | 新たなNHK問題 »

2005/01/13

水虫のこと

 私は忙しいという言葉が嫌いなのですが、このところ、いろいろあって全然更新できませんでした。当初、春頃からは忙しくなると思っていたのですが、もうすでにテンパリ状態です。このブログがネットのゴミとなる日も近い?かもしれません。更新できる日はがんばって記事書きますので、今後もよろしくお願いします。
 本日は、若かりし日の恥ずかしい話。とても今私がやぶ医者をやっているとは思えない話を、特別に公開いたします。心して、読まれることを望みます。
 それは、私が某大学の医学生だった頃・・・、皮膚科の外来実習のこと。皮膚科にはいろんな患者さんがやってきます。皮膚科っていうと何しろ人目にさらされている皮膚を扱う科ですが、私なんかが想像していたよりもずっと、美容に悩みを持つ方が多いことにびっくりさせられたことを思い出します。そんなちょっとしたイボがどうしたの?とか、そんな皮疹くらいがなんなの?なんて思ってみていました。ちなみに、こんな不敬なやぶ医者の私は、皮膚科を専門とはしていませんのでご安心ください。さて、そんな実習の中で、私が最もびっくりしたのが、あの患者さんのことです。あの患者さん、もちろん、この記事の題名になってるあの疾患を持つ患者さんのことです。おもむろに靴下を脱ぎ、「痒くて、困っています」などと患者さんが言うと、皮膚科の先生は「どれどれ」って感じでピンセットか何かでその部分をつまみ、顕微鏡で確認。「水虫ですね、水虫、この薬使ってください」なんていって、診察が終わるわけです。
 ・・・・・・・、で、何かびっくりするようなことがあるか?と御疑念のあなた、実は私はこの診察風景にびっくりしていたのです。だから何にびっくりしたのか・・・・・・。実はそれまで私は、長年水虫と共存共栄していたのです。そう、まさか、水虫が病院までいってわざわざ治す病気とは考えてもいませんでした。「へえ、水虫で病院にかかるんだ・・・」とほざく私に、同席していた同級生が大爆笑したのは言うまでもありません。
 実は先日、我足に水虫が発生した際、「共存共栄の戒」を破り、大量の薬を塗りつけました。根気よく薬を塗り続けた結果、水虫は絶滅しました(涙)。ちなみに、水虫と半共存共栄している父(かなり根気よく治療しているわりによく再発する)の話によると、やっぱり水虫の治療は専門の皮膚科に限るとのことです。内科医にかかり「水虫の薬をください」というと患部を診ることもなく薬をくれる場合があると思います。しかし、水虫の状態によって薬が違うので、全然治らないこともあるそうです。さすが専門家は専門家です。
 やぶ内科医である私は、外来で患者さんから水虫の薬をくれといわれても絶対に出しません。専門じゃないから、診断が間違っているかもしれないから・・・・と患者さんには言うのですが、本当は・・・、「水虫がかわいそうだから」だったりして(笑)。ちなみに水虫というのは真菌、すなわちカビの仲間です。抗生物質が効く細菌類とは違い、人間に近い生物ですから、そう簡単には治らないわけです。この記事を読んで、私が不潔だと感じた皆さん、現在の私の足は、なめられるほど美しい状態ですので(笑)お間違いのないようにお願いします。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

 お知らせ:お年玉プレゼントのお金を、当選者の方々の暖かい気持ちによりまして義援金として寄付させていただきましたことをご報告させていただきます。

|

« 無駄論的血液型論争2 | トップページ | 新たなNHK問題 »

コメント

こんにちは!
水虫もいろいろあるんですってね。
昔は水虫の薬が出来たらノーベル賞モンだ!なんて風潮があったぐらい根深いんでしょう。
でも現在治る薬があるんでしたら、誰がノーベル賞モノだったのでしょうか・・・疑問です。
やはり父が市販薬で「治ったぞ!!」と威張ってました。大丈夫でしょうか・・・

投稿: コングBA | 2005/01/13 14:51

コングBA様、コメントありがとうございます。
抗真菌薬でノーベル賞が取れるかどうかはなんともいえませんね。マラリアのワクチンができたらノーベル賞という話もありますが、最近日本で、実用化できたとかできないとか。
水虫の市販薬ですが、はっきり言って病院で出しているのと同じのも売ってます。治ったってことはいいんでしょう。再発はあると思いますが・・。私もどうなることやら・・。

投稿: 彰の介 | 2005/01/13 22:07

告白します。
私は、水虫でした。
(完璧に菌は絶滅しないとか言いますが…保菌者?)
女性の方でも結構いらっしゃいます。1日中、パンプスを履きっぱなし、換気出来ない靴の中。おまけに、ストッキング攻撃!どんなに、清潔にしてもね…
確かに、恥ずかしいけど、皮膚科に行ってキッチリ
薬を選んでいただくと治りやすい。私は爪水虫で、内服薬で治りました。イヤ~な、お友達です。
皮膚科には、女の私が見ても、そんなに気にしなくても…レベルの患者さんがウジャウジャいますね。
(とりあえず、美容関係の仕事なので)

義援金寄付、ありがとうございました!
新春から、良い事をなさいましたね!

投稿: mama | 2005/01/14 10:19

mama様、コメントありがとうございます。
確かに女性の方って水虫には好都合の環境を提供されてるかもしれませんね。私はそういうつもりはないんですが、なぜか共存共栄状態でしたね・・・。まあ、今はいい薬がありますから、きっちり治療していきましょう。

投稿: 彰の介 | 2005/01/15 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/2556642

この記事へのトラックバック一覧です: 水虫のこと:

« 無駄論的血液型論争2 | トップページ | 新たなNHK問題 »