« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/26

老人とほりえもん

 ニッポン放送株取得、フジテレビ乗っ取り騒動に絡んで、「ほりえもんネタ」が花盛りです。ということで、この記事を[ゴーログ]日本は本当に資本主義の国なのか?へトラックバックさせていただきました。
 どうも、ブログの世界では、強引?とはいえ、法に違反するようなことはしていないほりえもんに対して同情的で、応援が多く、旧勢力老人やら、守旧派勢力に手厳しい意見が多いようです。私も基本的に同意見で、会社乗っ取りというと悪いイメージがありますが、別に悪いことでも何でもありませんし、政財界の過剰反応には正直びっくりしてしまいます。最低限政治家は、感情論と法的な問題を混同してもらいたくないですがね・・・。
 ただ、この問題は、「フジテレビやニッポン放送」と「ほりえもん」のリスクの伴った勝負なのですから、「ライブドアが相当数の株を所得したのだから、すでにライブドア勝利であり、現行の株式制度の中で抵抗するのは見苦しい」的な意見には賛成できません。理由はどうあれ、フジテレビはライブドアをけぎらいしているのですから、それはそれで仕方ありません。乗っ取られないように何とかもがくことまで否定する権利はないでしょう。気になるのは、ほりえもん自身が、「将棋でいえば王様が詰んでいるのに穴熊に囲うようなものだ」なんて発言していることです。ほりえもん自身は詰んだと思っているようですが、ものごと王様の頭に金がのるまでどうなるかわかりません。なんとなく自分自身は計算し尽くしていると信じ込んでいるようですが、そんなほりえもんの態度に危うさを感じるのは私だけでしょうか。
 それにしても私が理解できないのは、「ライブドア、ほりえもん」の人気のなさです。誰に人気がないかというと、とにかく老人(上に書いた旧勢力というか、守旧派という方々)たちに人気がありません。しかしこれは、何も新興勢力全てが人気がないわけではなく、ずば抜けてライブドアが嫌われている印象があります。プロ野球の問題も、「ライブドアはダメだから楽天よろしく」っていう密室の話があったらしい雰囲気が漂っていますし、ダイエーは知らない間にソフトバンクがお買い上げということになりました。とにかく野球界からのライブドア締め出しの印象が拭えませんでした。今回のフジテレビのこともどうでしょう。老人達は、ライブドアとの提携によるメディアの発展の可能性なんて全く考えてもいません。とにかく、ライブドア、ほりえもんは嫌だ!という感じです。これが、それこそ楽天による、ソフトバンクによる業務提携という話だったら、ここまでこじれたかどうか?。もちろん大問題になったとは思いますが、政財界まで巻き込んで問題視することになったかどうかは・・・、正直そこまでにはならなかったような気がしてなりません。
 老人は考えが古いとか、既得権益を守ることしか考えていないとかいうのは間違いではないでしょう。そして、今のライブドア、ほりえもんは、そんな古さや権益に大きな風穴を開けていることも事実でしょう。ただ、この老人達からの人気のなさの原因の解析をしないまま今までどおり老人無視で突き進んでいくと、いつか落とし穴にはまるような気がしてなりません。まだ若いけど若年寄の頭を持つ私の考え方からいくと、もう少しやり方があるんじゃないかなあ?という気がてならないのですが・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/02/22

銀行はどこまで守られてるの?

 こんなニュースを見つけました(<盗難通帳>「昭和1年6月1日」存在せず、銀行に過失認定)。預金通帳が盗まれちゃって、犯人にお金をおろされちゃったんだけど、この犯人が身分証明に使った健康保険証の生年月日が、現実にはありえない日付だったので、銀行側の注意が足りなかったとして、盗まれた人に定期預金分だけ支払いするようにっていう判決が出たって言う話です。
 しかしこれ、ちょっと怖い話です。だって、たまたま、犯人がありえない生年月日を偽造していたからお金返してもらえたけど(でも全額じゃない!)、そうでなかったら(ちゃんとと存在する日付けを偽造していたら)、一切、お金は返してもらえないってことですか?。これ、別人に払い戻した銀行の責任だと思うんだけど、そういう判断ってされないんですか?。通帳を盗まれた方が悪いって事ですか?。そんなことが、知らない間に規約になってるんですかね。それとも法律的な問題ですかね?。
 まあ、とにかく、銀行はどこまでも守られてるってことでしょう。銀行にとって痛くも痒くもないことだから、こういう犯罪がなくならんのでしょうしね。やっぱり身を守るのは自分しかありません。通帳の隠し場所を変えよう・・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/02/20

無駄論的幕末維新

 本日は明治維新のお勉強・・・といいたいところですが、残念ながら私には皆様にお話しするほどの正確な知識を持ち合わせていないのが正直なところです。というか、明治維新ははっきり言ってよくわからない!というのが本音です。そこで、逆に素人的にどこがわかりにくいのか、問題提起をしてみようと思います。
 
 私は完全に戦国マニアなので、今まで明治維新のことはあまり興味が湧きませんでした。なぜ興味が湧かないかといえば、それはやはりわかりにくさにあると思います。戦国時代は「天下を獲る」という明快な目標があり、それに向かって動いていくので、極めて明快です。しかし、幕末、明治維新というのは、素人的にはっきりとした目標が見当たりません。「尊王攘夷」ってのも、現代人の私から見ると極めて不可解なスローガンです。また、人物の名前はよく聞くのですが、何をやったのか、その後どうなったのかさっぱりわからない人もよくいます。

 例えば、高杉晋作。名前はよく存じておりますし(笑)、奇兵隊なんてのもよく知っています。中学のときの高杉ファンの先生が息子に「晋」と名づけたことも知っています(笑)。しかし、それで、奇兵隊が何をやって、どうなって、高杉がどうなったのか、これ相当興味を持って調べないとわからないわけです。
 水戸藩っていうのも、最初そのさきがけのように出てきますが、その後さっぱり出てこなくなってしまいます。これまたよくわかりません。
 そして、戦国時代との最大の相違点?だと思うのが、薩長両藩が倒幕し、新政権を樹立した?らしいのに、薩摩や長州のお殿様(島津さんや毛利さん)はどこにいっちゃったの?ッてとこでしょうか。そんなもろもろのことがわかりにくさの原因だと考えられます。

 しかし、現代日本を理解しようとするとき、幕末日本から明治維新を理解することは避けて通れません。そんなことで、私自身何とか幕末、維新を理解しようと思い立ち、「お~い!竜馬」を読んで(マンガですけど、大笑)その突破口を開き、その後司馬遼太郎の幕末シリーズを一通り読んで、昨年「新撰組」みて(あまり参考になりませんでしたが)、うっすらと明治幕末の流れをつかみかけた感じです。結論から言うと、戦国時代は傍から見ていても理解できるのですが、幕末維新の時代は、それぞれの立場から、つまり薩摩藩、長州藩、土佐藩、幕府、会津、新撰組等、それぞれの目線で多角的にみないとその流れがつかめないのではないかと考えています。そんな中で、長州藩から見てみると、高杉晋作がいなかったら明治維新そのものが成立しなかったかもしれないと理解できますし、土佐藩から見てみれば、坂本竜馬という存在の奇跡が理解できてくるわけです。
 
 さて、私の今回の問題提起は、「尊王攘夷」というスローガンです。これが私を悩ましています。維新の始まりは、ペリーの来航に伴う開国、不平等条約の締結にあると考えられますから、「攘夷(外国を打ち払う)」はなんとなくわかります。しかし、「尊王(天皇を敬う)」はどこから来たのでしょうか。
 これが水戸藩で盛んだった皇国史観が元になってるようなんですが、これまた、皇国史観が水戸藩からでてきたのもよくわかりません。幕府というのは確かに朝廷・天皇の下にある武家の体制です(このあたりの正確な言い回しに誤りがあるかもしれませんが素人ですのでご勘弁を)。ですから、立場上、武家が天皇を敬うということは理解できます。しかし、実質的には、朝廷から権力を奪い、形ばかりの存在にして、武家が天下を動かしているのですから、あまり「尊王」を言い過ぎると、徳川幕府の存在そのものが不敬ということにならないのでしょうか。それを徳川御三家である水戸藩からいい始めるというのはいったいどうなんでしょう。なんとなく自分で自分の首を絞めてるような気がしてならないのは私だけでしょうか。
 
 また、短絡的に、そんな私の発想からいきますと、「尊王=倒幕」ということになります。しかし、尊王攘夷を掲げる過激派たちや、有力諸藩が最初から明確に「倒幕」を意識して行動していたかどうかは怪しいものがあります。というか、当初は主導権争いに終始していただけでしょう。実際、明確に「倒幕」となるまでに無駄な命がものすごい数散ったわけで、まさに悲劇としか言いようがありません。そう考えると、やっぱりスローガンとしての「尊王」とは一体何を意味していたのでしょうか?。
 
 また、「攘夷」は理解できるといいましたが、これは開国か鎖国かという問題とは全く関係がありません。歴史を知っている立場の私から言えば、攘夷するためには開国が不可欠です。海外の圧倒的に進んだ技術を盗むしか、諸外国に追いつく方法がないんですから。しかし、開国派と呼ばれる人は、過激派浪士の格好の天誅の標的になったというのですからこれまた理解できません。開国ということが短絡的に諸外国になびくことと考えられたようですが、これまたこんなことで無駄な命が多く流れたかと思うと、本当に悲劇ですね。
 
 私は、なんとなく明治維新というと、ペリー来航から、倒幕、新政府樹立まで、一本調子にことが進んだものだと勘違いしていました。しかし、歴史を振り返ってみると、ペリー来航から、幕府が倒れる10数年の間は決して一本調子ではなく、時には佐幕派が優勢になり、そしてあるときは討幕尊皇派が優勢になりと何度も波が起きています。おそらく、当時の人々は決して、「今何をしてどう世の中を変えればいいのか」なんていう明確な答えをもっていなかっただろうと思います。そして漠然と与えられた方程式が「尊皇攘夷」というスローガンであり、その解釈というか解は、それぞれの立場によって異なっていたということでしょうか。ある人の解は、倒幕だったでしょうし、ある人の解は佐幕だったでしょうし、ある人は外国人に切りつけることだったでしょうし、ある人は天誅をくらわすことだったのでしょう。その解が、すなわち日本が進むべき道が明確になった時には、すでに多くの血が流されてしまっていた・・・というのが実情なのでしょう。
 
 明治維新というのは、ある意味世界でも類を見ない、奇跡的なほど、合目的な革命であったと考えられます。中国では、アヘン戦争から数えても辛亥革命まで70年の月日が必要でした。それを日本は10数年でやってしまったことになります。しかし、相対的に合目的とはいえ、明確な目標と行動とを、力関係、利害関係の中から正確に見出していたわけではないということに、現代にも通ずる教訓を与えてくれているような気がします。

 本日もわけのわからない無駄な私のお話をお読みいただきましてありがとうございました。次回の無駄論は、坂本さん・・・かもしれません。お楽しみに・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005/02/15

深剃りの名はブラウン

 男は、ひげを剃らないといけないわけですが、肌の弱いやわな私は、かみそりで剃るわけにはいきません。床屋さんで顔を剃ってもらい、血だらけになったことが何度もありますから・・・。そんな私は、電気ひげそりを使っているわけですが、昔からこだわりで、深剃りといえばブラウンということで、ドイツ・ブラウン社製のものを使っています。
 今はやらなくなってしまいましたが、その昔通勤中のサラリーマンをつかまえて、「このひげそりで剃ってください」といって、「剃ってきたばかりなのですが」とか言いながらこのブラウン社のひげそりを使うとしっかり”そりくず”が出て、深剃りをアピールするなんていうコマーシャルがありました。まあ、みんなやらせだろうと思ってたと思いますが・・。このブラウン社、4~5年ほど前でしょうか、いち早く、自動でひげそり本体を洗浄してくれるシステムを開発しました。ひげそり本体の洗浄がめんどくさかった私はすぐに飛びついて買ってしまいました。毎日毎日、ひげ剃ったらポンっとセットしておけば、自動でアルコール洗浄、15分ほどでピカピカになるわけですからもう最高です。
 この初代ブラウン社の全自動洗浄システムが壊れてしまったため、ほんの2月ほど前ですが、大金はたいて最新バージョンをまた買ってしまいました。私は、基本的に「けち雄」で、お金はあまり使わない方ですが、何故かひげそりはぱっと買っちゃうんですね。自分でも不思議なくらいです。正直、初代ブラウンの末期は、何回も肌を傷つけて血だらけにしていましたから、今使っている最新バージョンは気持ちよくて仕方ありません。そして、剃った後は、洗浄機にセットしてスイッチポン、これでまた新品同様にピカピカにしてくれるのです。ところが・・・。
 この初代全自動洗浄システムと、現在の最新バージョンと、ひげそり本体を洗浄するということでは全く同じです。今回の最新バージョンは、ひげそり本体の使用状況に応じて、簡単な洗浄か、しっかり洗浄か、考えて洗浄してくれるという新機能がついています。これはいいでしょう。ところが、残念ながら、「日本人にとっては」(もしかすると私だけかもしれませんが)致命的な改悪がありました。それは、洗浄時間が、かなり長くなってしまったということです。最も簡単なecoというモードの洗浄でも30分近くかかってしまいます。最も長いintensiveの場合、1時間近くになってしまいます。出勤間際にひげをそって、丁度洗浄が終わる頃に片付けて出勤できていたのが、朝起きて一番にひげを剃らないと、出勤が洗浄終了に間に合わなくなってしまったのです。まあ、正直言えば、朝起きてすぐひげを剃るのが嫌なわけじゃないし、スイッチかけっぱなしで出勤しても何も問題ないのですが、この電源つけっぱなしで出勤っていうのが気になってしょうがないのが「けち雄」のさがです。
 まだ改悪点があります。このアルコール洗浄のために、アルコールの入ったタンクをセットするわけですが、洗浄を繰り返すことによって、また時間が経つことによって徐々にこのアルコールは少なくなっていきます。そしてある程度少なくなるとemptyランプが点灯します。初代版では、多少少なくなっても、スイッチを押せばなんとか洗浄してくれたのですが、最新バージョンでは、うんともすんとも言いません。絶対洗浄してくれないのです。このアルコールタンクをたくさん売るための策略なのかもしれませんが、この融通のきかなさは「日本人にとっては」改悪?と感じてしまいます。
 ついでに言うともう1つ、気になっている点があります。洗浄ボタンを押すと「ジャーージャー」とひげを剃る時と同じような音がしていかにも洗浄してる・・って感じがするのですが、この音がしてるのはほんの5秒ほどが数回ある程度です。それ以外の時間は「シ~ン」と静まり返っているのです。要するに何もしてないように感じてしまう時間が30分近く続くのです。一体、あの静まり返っている時間は何やってるのでしょう。本当に洗浄時間の延長は必要だったのでしょうか・・・。この何やってるのかわからないっていうのも「日本人にとっては」つらいかも・・・。なんて思うのも私だけなんでしょうか・・・。
 日本人的なせっかちな感覚だと、「洗浄時間の短縮」、「融通のきく設定」、「今何やってるかの表示」を最新バージョンにはお願いしたかったですね。特に、洗浄時間の延長は致命的でした。やっぱりヨーロッパ人って言うのは時間に余裕があるんでしょうかね。15分と30分と1時間と、そんなの別に気にしないのかな?。とにかくきれいになりゃいいのかな?。逆に日本人的なちんけな発想が、外国にはないサービスを生むっていう現実もあるのでしょうか。
 
 本日は、経験者じゃないと何のことだかわからない話を綴ってしまいました。こんなつまらない話をここまで読み進めていただいた方に心より感謝いたします。(ついでに下のランキングもポチッとしていただけると大変ありがたいです。)

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
ランキングが撃沈の一途を歩んでおります。皆様の温かいクリックをお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/12

世界三大美女

 いきなりですが、英チャールズ皇太子が再婚っていう話にびっくりしてしまいました。何しろ35年越しの愛を実らせてって言うんですから。ってことは、ダイアナ元妃は一体どんな存在だったの?、なんて思うのは下衆なことなんでしょうか。
 このことは普通の感覚で考えると、非常に不思議なことです。なにしろ、ダイアナさんといえば現代版世界三大美女の一人ですから・・(これは、どっかの掲示板に書いてあった一意見なのであしからず・・・・あと、オードリーヘップバーンと、美智子妃殿下になってました。私も同意見ですけど・・・)。三大美女はともかくも、ダイアナ元妃が世界的な美女であることは誰も文句をつけないでしょう。そんな美女と結婚しておきながら、いったい何が不満だったのでしょうか・・・・というのが下衆な考えですよね。人間、ただ美女というだけで全て幸せになれるわけじゃないってことでしょうか。今回のお相手のカミラ?さんでしたっけ、この方、英皇太子と本当に相性がいいんでしょう。二人の間には三大美女すら割り込めなかったというのは皮肉というか、なんというか、やっぱり英皇太子も人間なんだなあと思うばかりです。
 逆の話というと本人に訴えられそうなので、ここだけの話にしたいのですが(絶対!)、野村克也監督とサッチーの組み合わせも傍からみてると不思議なものです。野村監督自身が奥さんのことをドーベルマンっていってるくらいで、あえてなんであの奥さんなの?とついつい言ってしまいたくなるのですが、これがまた、この人しかいないという組み合わせなんでしょう。見た目の恐ろしさ?(だから、ここだけの話ですよ)とは関係なく、野村監督にとっては彼女でなければならないのでしょうね。そのあたりは、それこそ理屈はないんでしょう。
 そんなこと考えると、顔やスタイルで、もてる、もてない、幸せ、不幸せなんていう話は、ある意味、意味のない議論なのかもしれません。なんて、屁理屈をこねながら、自分自身を勇気づけている私です。ちなみに世界三大美女といえば、「クレオパトラ、楊貴妃、ヘレネ(日本では小野小町)」です。ヘレネのことはよく知りませんが、クレオパトラはプトレマイオス朝最期の女王ですし、楊貴妃も最期は処刑されちゃったし、美女だからって、ろくな最期は迎えてませんね。美女といえば、シンデレラも美女ですが、あの方、本当に王様と結婚してから幸せになったんでしょうか。なんか、心配になってきました・・・・。
 最期に蛇足ですが、日本の美女代表の小野小町は90歳位まで生きたそうです。どこかのホームページに書いてありましたが、確かに「美人薄命」ですね・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/02/08

運転手がバスすっぽかし?

 ブログではこういうネタを書きたくなかったのですが、繰り返しおかしなことを体験させられていますので、一文句言わせていただきます。
 私は週に一度、某私鉄系のKSバスを利用しています。私は某駅のバスターミナルからそのバスターミナル発のバスに乗ります。私が乗る時間帯は、時刻表によればおよそ10分おきにバスが出ています。具体的に言うと、19分、29分、39分発がありました。
 私は19分に間に合わず、21分ごろから、バス停で29分発のバスを待っていました。ところが、29分を過ぎても、全くバスが来ません。15分近く待たされて、やっと35分ごろバスがバス停に現れました。私は当然29分発のバスが交通事情で遅れてきたものだと思っていましたが、なんとそのバス、そのままバス停に留まって、39分になるのを待っているではありませんか。そしてやっと39分になって出発しました。そのバス39分発だったんですね。
 ・・・・・、ということは、29分発のバスはどこへ行ってしまったのでしょうか???。
 なんていうことを数回経験して、本日も体験してしまいました。ことを荒げたくないし、勇気もないので、バスの運転手に詰め寄ったり、事情を聞いたりはしていません。が、何度も経験するうちに、なんとなく運転手達が、遅れと遅れをつなぎ合わせて、適当にバスの本数をごまかしているのではないかという疑惑を持つに至りました。うむむ、もしこれが本当だとすると、公共交通としてあってはならないことでしょう。いずれ、何らかの手段を使ってチクろうと考えています。チクッた暁には、また当ブログにて御報告させていただきます(笑)。
 
 最近、「管理職や管理者と実際の現場で働く者との関係の解離」を考えることがあります。バス会社の管理者が、現場である運転手のことを一体どれだけ把握できているのでしょうか?現場を見るということがあるのでしょうか?。なんか、そんなことを考えてしまいました。私は職業柄やぶ医者をやっていますが、我々の世界でも同じです。名医といわれている大学教授が、一体どれほどに現場(入院患者)に関わっていることか・・・・、おっと、あまり言い過ぎると私の立場が危ういので・・・このあたりで・・・、まあ、正直言えば、現場のしたっぱ医師にあれほど付き合っている、財前五郎教授ってえらいなあと思いながら、あの番組を見ていましたね(笑)。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

振り込め詐欺の報道について

 今更ではありますが、オレオレ詐欺改め、「振り込め詐欺」が横行しています。被害総額は数百億円といわれていますが、把握されていないものも合わせればもっとすごい額なのかも知れません。今朝のニュースを見ていたら、この振り込め詐欺の集団が捕まったそうで、家宅捜索で詐欺を成功させるためのマニュアルなるものがが発見されたそうです。そこには、いかに相手をだますかという巧妙な手口が書いてあり、そんな手口にのらないよう、ニュースの中で注意を呼びかけていました。
 この振り込め詐欺に引っかからないようにするために最も大事なことは、日頃から心構えをしておくことや、テレビ番組などで紹介される詐欺の手口を熟知しておくことでしょう。・・・・・・・・と言いたいところなのですが、私にはひとつの疑念があります。それは、オレオレ詐欺としてその手口がニュースなどで報道され始めてから、飛躍的に被害額が増えたような気がするのです。何が言いたいかといえば、ニュースや報道番組でその手口が詳細に語られることで、被害者になるかもしれない我々が注意喚起されたことよりも、その手口を真似て犯罪に走るやからのほうが相対的に多かったのではないかと思うのです。「へ~、こんな簡単なことで引っかかる馬鹿がいるんだ。」みたいに、犯罪予備軍への「犯罪のススメ」的効果のほうが高かったとしたら・・・これは相当にやばいと思うのですが・・・。
 そして、今日のニュースです。確かに犯罪者集団が逮捕されたことはめでたいことです。そして、振り込め詐欺マニュアルが存在し、その手口を公開することで我々がどう対処すればいいかを考えさせることも必要かもしれません。しかし、あまりに詳細にその中身を公開していたので、我々への参考よりも、現在進行形で詐欺を働いている、あるいは働こうとしているやからへの、「犯罪の巧妙化」への参考資料になったのではないかとハラハラさせられました。これって、久しぶりの私の被害妄想大爆発なんでしょうか?。いや~、被害妄想だったらいいのですが・・・。 
 その辺り、報道による影響というものを警察なんかで情報分析している部署ってあるんでしょうか。しっかり分析してもらって、場合によっては、部分的に報道を控えるようにしてもらわないとやばいのではないでしょうか。とにもかくにも、報道による情報垂れ流しが、より犯罪を増加させてしまうようなことにならないよう祈るばかりです。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »