« 無駄論的幕末維新 | トップページ | 老人とほりえもん »

2005/02/22

銀行はどこまで守られてるの?

 こんなニュースを見つけました(<盗難通帳>「昭和1年6月1日」存在せず、銀行に過失認定)。預金通帳が盗まれちゃって、犯人にお金をおろされちゃったんだけど、この犯人が身分証明に使った健康保険証の生年月日が、現実にはありえない日付だったので、銀行側の注意が足りなかったとして、盗まれた人に定期預金分だけ支払いするようにっていう判決が出たって言う話です。
 しかしこれ、ちょっと怖い話です。だって、たまたま、犯人がありえない生年月日を偽造していたからお金返してもらえたけど(でも全額じゃない!)、そうでなかったら(ちゃんとと存在する日付けを偽造していたら)、一切、お金は返してもらえないってことですか?。これ、別人に払い戻した銀行の責任だと思うんだけど、そういう判断ってされないんですか?。通帳を盗まれた方が悪いって事ですか?。そんなことが、知らない間に規約になってるんですかね。それとも法律的な問題ですかね?。
 まあ、とにかく、銀行はどこまでも守られてるってことでしょう。銀行にとって痛くも痒くもないことだから、こういう犯罪がなくならんのでしょうしね。やっぱり身を守るのは自分しかありません。通帳の隠し場所を変えよう・・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« 無駄論的幕末維新 | トップページ | 老人とほりえもん »

コメント

日本の社会構造自体が護送船団ですから、
銀行だけに限ったことではないでしょうけどね。
株式の泥仕合にしても・・・。
わざわざ、経団連会長がコメント発表することじゃないでしょうに。

投稿: でめ | 2005/02/25 08:51

でめ様、コメントありがとうございます。
確かに、日本には護送船団が多いですね・・・。でも意外に改革しちゃえば、柔軟なんですけどね。そこのところが難しいですが・・。

投稿: 彰の介 | 2005/02/25 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/3029309

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行はどこまで守られてるの?:

» カード詐欺 [日本独立共和党]
 銀行のキャッシュカードデータが盗まれる詐欺事件が多発したことで、ようやく国も銀行も動き出した。 それまでは、カードデータが盗まれ、その結果偽造カードで預金者の... [続きを読む]

受信: 2005/03/02 11:18

« 無駄論的幕末維新 | トップページ | 老人とほりえもん »