« 日本人の歴史観の原点(3) | トップページ | お茶犬にはまった男 »

2005/05/28

でもやっぱり、責任は現場が取らされる

 私の最近のキーワードは「現場」です。現在の私の職場が正に現場であり、管理職の皆様が、全然現場を見ていないのに文句ばっかりたれたり、どんどん働きにくい環境を作られるのには辟易してきます。
 
 そんな「現場」を考えさせるこんなニュースを見つけました (「橋梁談合 11社、14人を逮捕 三菱重工幹部も」)。税金にたかる悪徳企業にメスが入ってめでたしめでたしという話ですが、この逮捕された方々の肩書きを見てください。ほとんどが、各社営業部の部長さんやら、次長さんやらばっかりです。まあ、世間的には管理職であらしゃられる方ばかりではありますが、要するに「談合の現場」で話し合ってたメンバーが逮捕されたわけで、社長だ会長だという社の代表の方々が逮捕されるわけじゃないんですね。
 もちろん今後、捜査が進んで社の代表者が逮捕されるかもしれませんが、談合という性格上、社長が知らないはずはありません。でも、いざ逮捕となれば、簡単にしょっ引かれるのはまず「現場」であって、社長がとっ捕まるというのは相当に証拠を積み上げないとなされないんでしょう。いやいや、逆に談合というものが当たり前の日常業務で、いちいち社長が営業部に対して指示を出すまでもないくらいルーチン化していたとしたら、社長逮捕にはならないのかもしれません。法的に社長の責任??って一体どうなってるんでしょうか。
 
 私は職業柄やぶ医者をやっていますが、我々の世界でも以前こんなことがありました。慈恵医大青戸病院で、腹腔鏡による手術を行った泌尿器科医師3人が、患者を死なせたとして逮捕されました。この3人ともに腹腔鏡手術に習熟しておらず(学会規定の手術資格なし)、当時社会問題となりました。私は別にこの3人をかばおうとは思いませんし、逮捕もやむなしと考えます。しかしよくわからないのは、この泌尿器科の代表者たる泌尿器科部長が(書類送検はされましたが)逮捕されなかったということです。この泌尿器科部長がこの手術に頑強に反対し、それを押し切って彼らが勝手に手術を施行したというのであればわかりますが、そんなことはもちろんなかったでしょう。いやむしろ、(想像ではありますが)普段から手術にはタッチせず、「現場」たるその手術に立ち会わなかったからこそ、逮捕の難にはあわなかったわけで、熱心にope室に足を運び、手術に口を挟んでいたらアウトだったに違いありません。

 はっきりいって、責任者は、普段から責任を果さない方が責任を取らずに済む・・・ということでしょうか。なんだかんだいって、責任を取らされるのは「現場」です。まあ、現場に身を置く私としては、責任者の無責任ぶりは無視して、自分に課せられた責任を淡々とこなすしかありませんが・・・。
 
 趣旨が全然違うような気がしますが、週刊!木村剛 :上司の最低限の役割は責任をとることであるにトラックバックさせていただきました。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« 日本人の歴史観の原点(3) | トップページ | お茶犬にはまった男 »

コメント

彰の介さん、こんにちは。

私もサラリーマンですから、まったく同じことを考えています。
JR西日本の脱線事故にしても、東武鉄道の踏切事故にしても、結局のところ刑事責任を取らされるのは「現場」です。
もちろん、社のトップなどは直接事件に関与しているわけではないので刑事責任を問うことは困難なのでしょうが、コスト削減、効率重視、サービス向上など、外向けに聞こえのいいことばかりいって、その負担を全て「現場」に押し付けてきたトップの刑事責任が問われないことを腹立たしく思います。

投稿: あざらしサラダ | 2005/05/28 14:40

 あざらし様、コメントありがとうございます。
 私は、ぜひ責任者の方々には、現場を常に意識してほしいと思いますし、ぜひ現場に足を運んでほしいと思います。
 ところが、上で書いたように、軽々しく現場に足を運ぶと、責任取らされるはめになるんですね・・・・。
 私は将来責任者になって、その分給料が上がったら、上がった給料分くらいは現場の責任をかぶりたいと考えていますが、これってタダの偽善者?なんでしょうか?

投稿: 彰の介 | 2005/05/29 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/4307594

この記事へのトラックバック一覧です: でもやっぱり、責任は現場が取らされる:

» ■経営者から学んだ大切なこと(2):トップの言葉は明確に■ [世の中不思議で面白い]
経営コンサル時代に経営について学んだことシリーズ第二段です。 === トップが発する不明瞭な言葉は、会社のガンになる === 当然ですが、会社においてトップに上がってくる案件は、トップの判断が必要な案件です。そのとき、誰もがトップの判断を待っています。しかし、こうしたときに明確な判断をせずに (1)判断材料の不足を追求する (2)下で判断するように言う (3)'''意味不明な言葉により判断をした「ふり」をする''' ..... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 07:48

» 【尼崎脱線事故など交通トラブルの背景について考える】 [あざらしサラダ]
●尼崎で起きたJR西日本の断線事故については、事故原因の検証と早急な事故再発防止対策が求められていると思いますが、単に事故を起こした運転手やJR西日本の個別責任の追及だけにとどまらず、このような事故が様々な分野で多発する背景として、安全を犠牲にしたコスト... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 15:31

» 【企業人の個人的情報発信のメリットについて考える】 [あざらしサラダ]
●ブログタイプに見る日本のブログブームというもの(FPN:4月28日)  日本における守秘義務の定義は限りなくグレー。  日本の「仕事」の定義は、その会社における人格が、私生活の人格ともオーバーラップしているようなところもありますから、この守秘義務のグ... [続きを読む]

受信: 2005/05/29 16:53

» [ゴーログ]経営者の護身術:君子危うきに近寄らず?! [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。国土交通省発注の鋼鉄製橋梁工事をめぐる談合事件 [続きを読む]

受信: 2005/05/30 09:18

« 日本人の歴史観の原点(3) | トップページ | お茶犬にはまった男 »