« 巨人監督は江川でダメなのか? | トップページ | 早朝投票しました! »

2005/09/07

選挙とブログ

 私なんかには理屈がよくわからないのですが、選挙期間中、ブログで選挙について書いてはいけないらしいですね。正直、井戸端会議みたいな、おしゃべり感覚でこのブログを書き続けている私にとっては、「世間話もダメですか」という感じです。

 そもそも、ブログが「インターネット上の個人的な日記のようなもの」と解説されることもあるのに、選挙になったら、急に「公的な公開された文書」なんて堅苦しいくくりを受けるのが、違和感を覚える最大の理由です。というか、ブログは「チラシ」か「ポスター」の類なんでしょうか。屁理屈的に語れば、例えば私にとってこの「彰の介の証言」を、チラシのように配った覚えはありませんし、ポスターのように目立つところに貼った覚えもありません(売名トラバをしたことがないといえば嘘になりますが‥‥笑)。あくまでも、ひっそりと、インターネットの片隅の、誰が来るとも知れない井戸端で、独り言をブツブツと唱えているだけなのです‥‥。そんな独り言まで取り締まられる覚えはないと思うのですが‥‥。

 選挙について考えてみると、最も大事なのは政策論争でしょう。この政策論争について、既存メディアから一方的な(公的なというか公正なというか)情報のみが発信され、それぞれ受け手が良し悪しを判断して下さいというのには、以前からつまらなさを感じていました。その点、私が最初に書いたように、井戸端会議的に人が集まって、「あの党はどうよ」とか、「あの候補者はどうよ」と語れるブログはむしろ最適だと考えています。まあ、別に井戸端に集まらなくても、通りすがりに、いろんな人の意見を聞いてみるだけでのもかなりの魅力があります。魅力というか、本来選挙において、各党や候補者の訴えていることを、いろんな人の意見を参考にしながら吟味することは最も大切な事のはずです。そんな小さな議論や意見発信を「選挙運動」と捉えられるほどに、一つ一つのブログが公共性を持ち合わせているとはとても思えませんね。

 既存メディアとブログの違いについては、以前、「公共性」と「コントロール不能な情報発信」というくくりでとらえ、両者は併存すべきと考えました(「メディアとインターネットの融合」の意味って?)。今回の選挙のことで考えてみると、あらためてブログに公共性を感じているところにおかしなところがあります。

 ブログの中には確かに訪れる人の多い、とても井戸端とは言えないブログもあるでしょう。しかし、インターネット上に公開している以上、ブログとブログの間に基本的に差はありません。立地条件のいいブログなんてないはずです。あくまで横並びの平等な関係がブログの特徴です。しかも、そんなブログが5つや6つあるだけではありません。数百万とも言われる数のブログが開設されているというのですから、どんな大ブログといえども、相対的にどんどんその地位は小さくなってしまっています。
 
 例えば、大新聞がブログを開設して、意見発信をしたとしても、現状のブログの世界では、大量の素人論客の前に、一意見としての扱いしか受けないと思いませんか?(言い過ぎ?)。
 一素人ブロガーのつぶやきに公共性を求めるのもどうかしていますが、大ブログといえども、公共性を持たねばならないほどに肥大化した地位を確立しているブログは存在し得ない(今後ますますブログの開設が増えれば余計に)と私は考えていますが、皆様いかがでしょうか。

 いずれにしても、ルールづくりは必要かも知れません。そのあたりはなにも語らず逃げますが、私はただ、いろんな方と井戸端会議がしただけなのです。(この記事は[ゴーログ]週刊誌の現状を黙認するのなら、ブログも認めろ?! へトラックバックさせていただきました。)

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

追加記事:コンピューター事情のため、更新が全然できていません。今月は相当に更新が減ると思いますが、このブログを見捨てないで下さい。何卒、ご愛顧の程お願いいたします。

|

« 巨人監督は江川でダメなのか? | トップページ | 早朝投票しました! »

コメント

 章の介さんの書かれるとおり、井戸端会議に規制をかけるのは行きすぎだと思います。そしてマスコミ報道が「公平」「中立」ならまだしも、一方的に政権党に有利な内容の世論操作をしている現状では、ブログのようなミニコミこそが冷静な分析を行えると思います。そして心あるジャーナリストを支えることになるかとも思います。

投稿: アッテンボロー | 2005/09/07 10:06

アッテンボロー様、コメントありがとうございます。
世論操作はどうかわかりませんが、やっぱり一方的な情報でしか判断できないような現状よりは、いろんな方の意見が聞けた方がよりいいでしょう。ただそれだけなんですけど、政府はインターネットの世界をおどろおどろしいものと思いこんでるんでしょうか。というより、コントロール不能ってところが気に入らないんでしょうね。

投稿: 彰の介 | 2005/09/07 23:04

彰の介さん、こんにちは。
先日アドバイスしていただいたとおり、さきほど期日前投票し、その模様についてはTBを送らせていただきました。
どうもありがとうございました。

投稿: あざらしサラダ | 2005/09/10 13:43

あざらし様、コメントありがとうございます。
私は本日普通に投票してきます。
なんか証拠写真を撮ってきますけど、今使ってるコンピューターで、写真が更新できるかどうかが心配です。
無理かも‥‥。

投稿: 彰の介 | 2005/09/11 02:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/5823581

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙とブログ:

» チャーチルを捨てた英国人 [PARDES]
イギリス人の政治感覚の優秀性は、世界的に定評があります。清教徒革命、名誉革命と自らの手で議会制民主主義を育て、その制度が世界各国の模範になっていることからも伺えます。そのバランス感覚は、到底日本人やアメリカ人などの及ぶところではありません。そのイギリス人の政治性を語る最も象徴的なものに、大宰相ウィンストン・チャーチルに対する信じがたい態度に如実に現れています。 チャーチルが戦時内閣を組織したのが1... [続きを読む]

受信: 2005/09/07 06:30

» 小池百合子みちゃった [ごんごんごん太の日記]
ポロシャツにパンツ姿の小池百合子に今朝遭遇。 ようやく東京10区のはずれ目白駅にも出没してくれました。 ちょっとうれしかったりして。 昨日は雨の中 海江田万里がいた。 でもさ、うち東京10区なのね。彼は東京1区じゃないの???? なぜにいたんだろう。。 そういや このごろ民主党のおっさんをまったく選挙区で見ない。 選挙運動してないのかな? 今朝 特ダネ!みていたら驚くべきことを聞いた。 ... [続きを読む]

受信: 2005/09/07 09:28

» 悔しいから みんなで選挙に行こう♪ [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
21世紀の資本主義と民主主義とインターネットは密接に結び付くという信念に近い信条を 今年の初め辺りから持ち始めている貞子です。これからの企業はネットを上手に使わないと生き延びられないだろうし これからの政治家もネットを上手に使わなかったらサバイバルできないだろうし これからの民主主義はネットの上で進化するものだとも思います。うまく言えないけど あえて言えば 女の直感です。 『週間! 木村 剛』がここ一週間以上(?) 時代錯誤した公職選挙法について詳しく論じています。 今日の『週間!木村 剛』は『ホリ... [続きを読む]

受信: 2005/09/08 23:12

» 「野党第一党に投票せよ」 [アッテンボロー]
 かつて歴史学者の羽仁五郎氏は、選挙の際に「野党第一党に投票せよ」と言ったそうだ [続きを読む]

受信: 2005/09/09 09:53

» ♪ガ島通信さんの(衆院選 投票「祭」)に参加@「投票バトン」 [あざらしサラダ]
●以前の記事(▼何か納得いかない)で「今度の衆院選には投票できない」と書いたところ、彰の介さん、まーどんなさんをはじめ皆さんから「投票できるよ」とのアドバイスを頂き、選挙管理委員会に照会した。 ○その結果、前の選挙区で投票できるとのこと、危うく貴重な権利を放棄するところだった。コメントを頂いたみなさんに感謝したい。  ただし、残念ながら明日は九州出張があって投票所に行けないため、写真の通り、さきほど期日前投票を済ませてきたのだが、投票所は受付に並ぶ人達で50人以上の列ができ、今回... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 12:34

» ブログと第44回衆議院選挙5 [やまぶし萬力発電]
投票終了から、4時間くらい、結局、TVを見ていた、PCの前に座ったのは、24時ころだった。案の定、DIONくんは、鯖重状態、ライブドアさんとこのブロガーさんへのトラックバックも鯖重で、2重投稿になり、しかたなく、TVに戻り、27時くらいまで、NHKとテレ朝を... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 04:19

« 巨人監督は江川でダメなのか? | トップページ | 早朝投票しました! »