« だますメリットありますか? | トップページ | お疲れ気味です・・ »

2005/12/05

性善・性悪説と責任論

 耐震偽造マンションの問題について、前回だますメリットありますか?で、だます側の心理をひねっくってみました。私が一番言いたかったことは、私が典型的な性善説型人間であるということですが(大笑)、さて、あの事件の関係者面々が、典型的性悪説型人間かどうかは微妙なところと考えています。まあ、性善説だろうが性悪説だろうが、今回の事件がとんでもない「悪性」の事件であることには変わりありませんが・・・。

 以前のこのブログの中で何度も書いてきましたが、私は人間という動物の究極の方程式は「楽して儲けたい」だと考えています。しかし、その方程式にそって行動はするものの、実際には、楽をしたつもりが楽じゃなく、儲かるつもりが全然儲からないことの方が多いかもしれません。今回の事件などその典型で、鉄骨減らす努力をして儲けたつもりが、会社の倒産や場合によっては関係者の逮捕につながっていきそうですから、結果的には「努力して損する」皮肉な結果になっています。

 この「楽して儲けたい」というのは、決して「楽なこと」ではありません。現実に楽して儲けるためには、ものすごい努力が必要です。どちらかと言えば、この言葉の意味を履き違えて「楽=悪」の道へ入り込んでしまう、あさはかな人間が実に多いといえるかもしれません。しかし、この「あさはかな人間」ということが、そのまま「性悪説型人間」を意味するかと言うと、私はそうは思っていません。私を含めて、隙あらば楽をしたいと考えるのはごく普通のことですから・・。まあ、あんな悪そうなやつらの弁護をするつもりは毛頭ないわけですが、もう少し人間として信じてあげたい、生まれた時は性善説型人間だったと信じたいというのが私の本音なのです。

 では、誰が彼らを悪の道に引きずり込んだか・・・、すなわち、今回の一連の事件でもっと罪の重いのは誰か・・・、と言われれば、私は彼らに悪の道へ進むことができるような隙を与えた「国」だと考えています。隙とは、楽=悪の勘違いを誘発したことです。具体的に言えば、耐震検査という「性悪説」が絶対的に許されない分野を民間に開放しておきながら、その監査を全くしていなかったことです。国からの監視が強ければ、建築主も建築士も建設会社も、そして検査会社も、今回のような「楽=悪」の道に行きようもなかったのではないか?と思えてならないのです。

 しかしながら、この「国」という言葉が実に曲者なのです。「国」の責任ということになると実際には誰も責任を取らないことになってしまうからです。今回の危険なマンション入居者へ国が金銭的支援をするそうですが、この資金は、北側国土交通大臣の貯金をはたいて支払われるわけでもなければ、国土交通省のお役人の給料削って支払われるわけでもありません。「国」が支援すると言ったって、実際には我々の血税を使うに過ぎないわけで、結局責任は「私やあなた=国民」が取らされているということに他ならないのです。

 私は、「国が悪い、国が悪い」と言っているうちは、どんな問題でも解決しないと思っています。問題解決のためには、あざらしさんも指摘されている「最終的に誰が責任を取るか」ということに尽きると考えています。ただ残念ながら、たとえ国に責任をとるべき監査の部署があったとしても、今回の事件はきっと起きたに違いありません。国の担当者も、「まさか民間の検査会社が偽造を見破れないとは思ってもみなかった」なんて言い訳して、責任の擦り付け合いの一角を形成していただけに違いありません。
 
 お役人だって所詮人間です。具体的な結果責任(過程のいかんを問わない)の取り方が、これまた曖昧ならば、楽して何とかの法則から、責任に近づかない、何もしないのが最もお得と勘違いするお役人がわんさかいるでしょう。これが今回の事件のようなことが起きた時に、「国交省の○○課5名が職務怠慢で解雇、○○課の課長は、公務員職務怠慢禁止法違反で懲役○年の実刑判決を受けました。」な~んてことになったら、お役人だって目の色が変わるでしょう(言いすぎ?やりすぎ?)。職務怠慢禁止法はともかくも、責任の所在と責任の取り方がはっきりしていれば、仮にお役人が性悪説型人間であったとしても、そうそう職務怠慢という一見楽な道に逃げ込めないと思うのですがどうでしょう。
 うむ?、そんな、逃げ道さえなければ人間は悪い事ができないなんて楽観的に考えているのは、やっぱり性善説型人間の典型である私(大爆笑)だからなんでしょうか?。

 悪いやつらは、監査がきつくなれば、きつくなっただけ新たな逃げ道を探す努力をするに過ぎないかもしれません。お役人も、いかに責任をとらなくて済むかに、全神経を注ぎ込むようになるだけかもしれません。こんな人間がそこらじゅうにいるような状況であっても、やっぱり、人間生まれた時は性善説型人間と信じたい、今日この頃の若年寄の戯言でした。 

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« だますメリットありますか? | トップページ | お疲れ気味です・・ »

コメント

♪こんにちは。
彰の介さんに負けじと劣らず性善説人間の私ですが、笑、民間は隙あらばズルをするので、役人が常に厳しい目で監視している、そんな社会もちょっといやだなあと思ったりします。

投稿: あざらしサラダ | 2005/12/05 11:07

私と同じ性善説型人間のあざらし様(笑)、コメントありがとうございます。
今回のことで言うと、時々抜き打ち検査をするくらいで、十分抑止効果があったような気がします。その上で、民間の失態はお国の失態、お国と言っても、どこどこ部署の誰々が総責任者ということがはっきりしていれば、相当な抑止力だと思います。確かにやな世の中ですけどね・・・。
あと、性善説型人間の私としては(クドイ)、あの、責任を微塵も感じない言い訳合戦がやりきれないと思うばかりです。

投稿: 彰の介 | 2005/12/05 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/7471655

この記事へのトラックバック一覧です: 性善・性悪説と責任論:

» 偽装建築事件 現在までの状況 後編 [一 夢 庵 風 流 日 記]
「建築主」→→(発注)→→「設計」→(下請け)→「姉歯」⇔コスト圧力ヒューザー          ・デザイン        ・構造  ↓             ・設備  ↓             ・構造  ↓              ↑  ↓  ...... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 18:33

» 骨太偽装国会? [瀬戸智子の枕草子]
悪忌陰、 善忌陰、 故悪之顕者禍浅、 而隠者禍深。 善之顕者功少、 而隠者功大。 [続きを読む]

受信: 2005/12/06 20:37

» 第五章 二回目の手術 [医療ミスと愛の物語]
俺は、前回の手術同様何のためらいも無く同意書を提出 した。 今日の21:00より [続きを読む]

受信: 2005/12/07 05:17

» 耐震偽装マンション支援問題 [政治ニュース@若者のおたけび]
耐震偽装マンション支援策 買い取り額、課題に (朝日新聞) - goo ニュース どうもこの問題の関係各位と今の政府与党との関係は抜き差しなら無いもののようで、問題マンションの支援策がこうも早く出てくるのはそれを裏付けるものであると言える。民間が建てたマンションを税金で買取る?ゆくゆくは税金で建て壊し、建て直していくのでしょう、、、住民の立場からしたら非常に助かるのかもしれないが、それ以外の大勢の人間にとっては自分達の税金が一民間会社、民間人のために使われることに憤りを感じる人のほうが多いと思... [続きを読む]

受信: 2005/12/07 21:28

» 構造計算書偽造問題で被害に遭われた方々へ [九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店]
■事の発端 耐震計算、偽造認める 建築士「仕事増やしたくて」 ■制度上の歪み 構造計算書偽造問題における業界の歪に対する認識について ■業界への波紋 全国・各省庁に広がる構造書偽造問題の余波 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/07 22:29

» ▲右も左も、肝心のトップは「われ関せず」 [あざらしサラダ]
●前回のエントリー(【耐震偽造問題に対する公的資金投入について考える】)では、政府が決めた公的支援について、詐欺の被害者など他の国民との不公平性を指摘するとともに、ローンの担保を審査した銀行(金融機関)にも一定の役割を果たさせてはどうか、という「よろずもめごと論」さんの提案を紹介した。 ○ここにきて、一部のコメンテーターからも同様の意見が聞こえてくるようになったが、銀行の話題になると急に司会者が話を逸らすあたりが笑える。  それはともかく、この件に対する各紙の社説は以下の通り。 ●... [続きを読む]

受信: 2005/12/11 13:05

« だますメリットありますか? | トップページ | お疲れ気味です・・ »