« 「彰の介の証言」は閉鎖されるのか? | トップページ | 医師のいなくなる病院? »

2006/03/06

口の中にクレーターと洞窟が・・

 医者の不養生とは言いますが(私の場合、やぶ医者の不養生)、時間がなくて正直治療に行ってる暇がありません。何の治療かといえば、そう、虫歯のことなんですが・・。
 
 もう何年前か分からなくなるくらい前(多分10年位前の若かりし頃)、奥歯が虫歯になり、突然欠けてしまいました。いわゆる、クレーター状になり、徐々に侵食し、現在巨大クレーターへと変貌を遂げました。巨大になると、逆に歯ブラシがちゃんと当たるので、最近あまり成長というか、侵食はストップしています・・。自慢にもなりませんが・・。

 そして、数ヶ月前、そのお隣の歯に異変が起こりました。クレーター面とは逆側なので直接つながって侵食したわけではなさそうですが、そのお隣の歯に小さな穴ぼこが出来たのです。この穴ぼこ、残渣が詰まるとなかなか取れません。この残渣をちゃんと取っていたつもりが、全然取れていなかったらしく、信じられないスピードで、あっという間に成長し、立派な洞窟へと変貌を遂げました。これがまた先日、せんべいを食べたところ、このせんべいの破片がこの洞窟の入り口にぴたりと挟まり、丁度くさびの役割をして、洞窟の入り口がばりっと割れるという事件が起こりました。おかげで、入り口が広がり、掃除がしやすくなりましたが、こちらもまたクレーターへの道を進んでいる様な気がしてなりません。現在試験管洗い用ブラシを小さくしたようなタイプの歯間ブラシで洞窟内をきれいにしていますが、なかなかに手間の要る作業です。

 っていうか、手間の要る作業している暇があったら、さっさと歯医者さんに治療してもらえ!ってな話ですね。このまま行くと、このクレーターと洞窟は、根っこから引っこ抜かれ、部分入れ歯みたいのを使うことになるんでしょうか。いやいや、やぶ医者ながらに、忙しいとはいえ医者にかかろうとしないのは、本当にお恥ずかしい話です。でも、3月は忙しいので、4月になったら歯医者に行こうと思います。
 えっ?どうせ行かないだろうって?。確かに、洞窟がさらに割れてクレーター2号になり、歯が磨きやすくなったら必要ないか・・・・・?。だって、それが、彰の介なのだから・・・。

 ということで、やぶ医者から一言。虫歯を放っておくと、

大変なことになりますよ。
やっぱり、歯医者に行きます。皆さんもふるって歯医者に出かけましょう。(←意味不明)

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« 「彰の介の証言」は閉鎖されるのか? | トップページ | 医師のいなくなる病院? »

コメント

初めまして
いつもblog見てます
よろしくお願いします☆

投稿: k | 2006/03/13 19:06

K様。コメントありがとうございます。
最近、更新が極めて粗ではありますが、いつも見ていただいているとのこと、ありがとうございます。今後とも、彰の介の証言を宜しくお願い致します。

投稿: 彰の介 | 2006/03/13 23:28

 今日、妻が昼食の際に歯のかぶせ物が取れて食べ物と一緒に飲み込んでしまったそうです。その後章の介さんのようにクレーターが出来ているとのことで、夕飯を食べづらそうにしていました。記事を書かれてから日にちにも経っていますから、章の介さんはもう治っているでしょうね。

投稿: アッテンボロー | 2006/03/16 21:28

アッテンボロー様、毎度コメントありがとうございます。
私は、予告どおり、「4月」から治療に入ろうと思っていますので(笑)、未だに洞窟とクレーターがしっかり残っています。洞窟は徐々に奥へ進んでいる?かも・・・。やぶ医者の不養生ここに極まれりという感じでしょうか。

投稿: 彰の介 | 2006/03/17 14:25

♪こんにちは。
先日のテレビで、全く虫歯を削らない治療法を広めているという、仙台の歯医者さんん事を知りました。
虫歯の部分に菌を殺す薬を塗布するだけで、神経をとったり虫歯の部分を削らないから痛くないそうです。
また、原則一度の治療で虫歯菌が死滅するため通院する必要がなく、治療費も2千円程度で済むのだそうです。
このように書くと、素人目には奇跡の治療法のように思えるのですが、プロの目から見ていかがでしょうか?

投稿: あざらしサラダ | 2006/03/21 06:39

あざらし様、コメントありがとうございます。
詳しくは私にもわかりませんが、基本的に、この治療の適応の問題だと思います。どんな状態の歯にもこの治療で済むというのは考えにくいでしょう。何から何までこの治療でという歯医者さんだとしたら、怪しい??と考えるのがふつうかなあ??。まあ、いい加減な答えですいませんがこのあたりで勘弁してください。

投稿: 彰の介 | 2006/03/21 23:08

♪おはようございます。
私の書き方がちょっとオーバーだったかな、笑。
もちろん、その薬だけで全て解決というような怪しげな話ではなかったと思います。
薬も、もともと大学の研究で認めらていたものを、この歯医者さん(名前は忘れましたが実名で開業医の方です)が実用化に成功したということで、わざわざ関東から通院する方もいるそうで、新規予約は3か月待ちと言っていました。
今度ネットで調べてみますね。

投稿: あざらしサラダ | 2006/03/22 06:31

♪しつこくて済みません。
共同通信のニュースで取り上げられていました。
http://kk.kyodo.co.jp/iryo/news/1116mushiba.html
メリットばかり書かれていてデメリットがないのが気になりますが、近々エントリーして見ようかな。

投稿: あざらしサラダ | 2006/03/22 06:45

あざらし様、コメントありがとうございます。
もっと症例が増えないといいか悪いかわからないかもしれません。慌ててないなら、後出しじゃんけんの方が絶対お徳です。私はあわてていますが、従来の治療法でいいです。理由は、三ヶ月も待つのがめんどくさいからですが・・・、っていうか、だったらさっさと治療しろって話ですね。

投稿: 彰の介 | 2006/03/22 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/8975286

この記事へのトラックバック一覧です: 口の中にクレーターと洞窟が・・:

« 「彰の介の証言」は閉鎖されるのか? | トップページ | 医師のいなくなる病院? »