« 先進的な?社会保険庁? | トップページ | 確かに私は悪いユーザー »

2006/05/30

君が代の替え歌?

 こんな記事を見つけました(「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?)。記事を抜粋しますと、

卒業式、入学式での国歌斉唱が浸透するなか、「君が代」の替え歌がインターネット上などで流布されている。「従軍慰安婦」や「戦後補償裁判」などをモチーフにした内容だが、本来の歌詞とそっくり同じ発音に聞こえる英語の歌詞になっているのが特徴で、はた目には正しく歌っているかどうか見分けがつきにくい。既に国旗掲揚や国歌斉唱に反対するグループの間で、新手のサボタージュの手段として広がっているようだ。
その英語版替え歌というのが紹介されていました。

 Kiss me, girl, your old one.
 Till you’re near, it is years till you’re near.
 Sounds of the dead will she know?
 She wants all told, now retained,for,
 cold caves know the moon’s seeing the mad and dead.

 私にキスしておくれ、少女よ、このおばあちゃんに。
 おまえがそばに来てくれるまで、何年もかかったよ、そばに来てくれるまで。
 死者たちの声を知ってくれるのかい。
 すべてが語られ、今、心にとどめておくことを望んでくれるんだね。
 だって、そうだよね。冷たい洞窟(どうくつ)は知っているんだからね。
 お月さまは、気がふれて死んでいった者たちのことをずっと見てるってことを。

 バカバカしいものをよく作ったものだと感心すると怒られるんでしょうが、要するに、発音が君が代そっくりになるってわけですね。ただし、産経の記事を見ると、慰安婦問題だ、戦後補償だと書いてありますが、残念ながら、訳は難解で、意味不明としか言いようがありません。いろは歌のような遊び心なんていうと、これまた怒られるんでしょうけど、私にはそれ以上のものは何も感じません。ところで、産経にしては、それほど強く批判している印象はありませんが、高橋史朗・明星大教授(教育学)の話として、

「国旗国歌法の制定後、正面から抵抗できなくなった人たちが陰湿な形で展開する屈折した抵抗運動だろう。表向き唱和しつつ心は正反対。面従腹背だ。国会審議中の教基法改正論議で、教員は崇高な使命を自覚することが与野党双方から提案されている。この歌が歌われる教育現場では、論議の趣旨と全く反する教育が行われる恐れすらある」
とまとめています。しかしこのまとめもよく意味がわかりません。こんなお遊びに問題性を捉えて、まるで怯えているような発言をするようでは、逆にいろいろとかんぐりたくもなるものです。

 ところで、日本の国歌である「君が代」の歌詞の意味をわかっている日本人というのは一体どれ位いるのでしょうか。私の記憶が確かなら、私自身は小学校1年生の時、担任の先生に教えられたような気がしますが、それ以外聞いたことがありません。その担任の先生から、

岩にコケが生えるのには相当な時間がかかるでしょう。それぐらい長く、日本が繁栄しますようにという意味です
と説明されたと記憶しています。まあ、その説明の正確さはともかくも、要するに、君が代の「君」についての説明はすっとぼけたわけです。小学生に教えても無駄と考えたのか、誤解を招くと考えたのか、先生なりの解釈をそのまま伝えたのかはわかりません。現在、国歌斉唱が義務化??されている学校などの現場において、この文語調の歌詞(最低小学生には難解)の意味をどう教えているのでしょうか。正直、正確な意味を理解したうえで現在の小学生が歌っているとしたら、それはそれ、びっくりで私も人生考え直さなければなりませんが(笑)、まさか「おばあちゃんにキスしておくれ」な~んて考えながら歌っていたとしたら、それはまた、いろんな意味で”おませ”すぎて、ドッキリでございます。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« 先進的な?社会保険庁? | トップページ | 確かに私は悪いユーザー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/10302464

この記事へのトラックバック一覧です: 君が代の替え歌?:

» 国旗・国歌 サボタージュ横行 [某赤い国Life]
国旗・国歌 サボタージュ横行 「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題? 許せない!! ↓クリックでランキングチェック!! "某赤い国Life 別室”もよろしく!!... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 20:11

« 先進的な?社会保険庁? | トップページ | 確かに私は悪いユーザー »