« 茶番報道?人権報道? | トップページ | 禁止より公開はどう? »

2006/06/11

民放への仕返しか?

 今までこの「彰の介の証言」では、いろいろとNHKの問題について言及してきました(NHK問題シリーズ)。結局のところ私は、受信料を払い続けており、NHKの回し者であることも何度も公言してきましたし(笑)、要するに、NHKの番組大好き人間なのであります。そのNHK受信料について、こんな記事が‥・(<NHK受信料>民放から50年以上未収 一部を契約対象に )。記録のために抜粋しますと、

NHKが50年以上にわたって、民放各局から受信料を徴収していなかったことが分かった。放送局内のテレビは放送の監視を目的としているとして、受信契約の対象外にしてきたためだが、NHKは4月から一部を契約対象にすることを決定。在京民放キー局から徴収を始めた。今後、地方放送局や衛星放送(BS)局などにも請求していくという。
民放各局のテレビは、自局の番組だけを見ているとみなして、受信料徴収していなかったのですね。しかも50年ですよ、50年。しかし、受信料不払い急増のため、負担の公平性から民放の事務系部署や、ロビーのテレビを徴収の対象にしたらしいのです。
企業の場合、テレビが置かれた場所や部署ごとに受信契約を結ぶことになっている。全民放局から徴収した場合、受信契約は数千件増加するものとみられる。
まあ、数千件増えたところで、たいした穴埋めにはならないのでしょうが、民放が特別扱いされていたということは全く知りませんでした。そんな特別扱いをしてきたのにもかかわらず、何食わぬ顔をしてNHK批判をしてきた民放に対する仕返しか?(笑)、それとも受信料免除くらいでは、NHKの批判をさせないようにする抑止効果が全くないと判断したからなのか(笑)、そのあたりが、今回の受信料免除の解除の原因だと思われますね。公平な負担云々というのは、ただの言い訳でしょう(笑)。

 さてさて、この件について、民放はどうコメントするんでしょうかね。最も考えられるのが、ノーコメント。触らぬ神に祟りなし、突然受信料を課したNHKを批判すれば、自分達の特別扱いが50年にも及んだことへの批判が出てくるかもしれませんし、今更、受診料の問題を提起する立場になかったことを発表するのも間抜けですし、とにかく余計なことは言わないに限ると思うのが普通でしょう。放送局のテレビ数十台?程度の受信料なら、しれたものです。払ってだんまりを決め込むのが、民放にとって最もいい方法です。

 しかし、今回のニュースについては、免除していたのがNHKの方であって、民放に何の罪もないわけですから、ぜひとも民放自ら、何らかのコメントを発してもらいたいものです。以前の記事、「NHK批判せぬ馬鹿、金払う馬鹿?」のなかで、私は、煽るだけ煽って、責任を回避する、民放の無責任報道に苦言を呈させていただきました。ノーコメントはこの無責任さをさらに増強させるような気もしますので、民放の皆さん、よ~く考えて対応してください。私が全ての番組を見ることはできませんので、どなたか何らかの発言を聞いたり見たりしたら、ご連絡ください。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« 茶番報道?人権報道? | トップページ | 禁止より公開はどう? »

コメント

正直、民放の番組なんてあまり見る意味がないですよね。このあたり、アナログ放送が終わるのを境に、デジタルテレビを買わないで、いっそテレビを観ること事態を辞めようかなと僕に思わせる一因です。

まぁ、でも今のテレビが丁度不調ですから買うんでしょうけど...。

投稿: shuiichi | 2006/06/13 15:20

shuiichi様、コメントありがとうございます。
私の先輩に、生活からテレビを追放した人がいました。私は、無理ですね。なんだかんだ言っても、テレビはつけちゃいますからね。
まあ、もう少し、内容を考えてもらいたいとは思いますが‥・。

投稿: 彰の介 | 2006/06/13 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/10472646

この記事へのトラックバック一覧です: 民放への仕返しか?:

« 茶番報道?人権報道? | トップページ | 禁止より公開はどう? »