« 確かに私は悪いユーザー | トップページ | 盗作にきまっとる! »

2006/06/02

反対のための「対案」は意味がない!

 共謀罪に関する民主党の対応にはあきれてしまいました(共謀罪採決を拒否 民主「再改正検討」に反発
)。抜粋しますと、

民主党は2日午前の国対役員会で、「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法などの改正案をめぐり、与党が民主党案の全面受け入れを表明したことへの対応を協議した。しかし与党が次期国会で再改正を検討しているとされることに反発が強まり、新たな修正案の提出を見送り、衆院法務委員会での採決にも応じない方針を決めた。当面は修正協議自体も拒否する構え。民主党の鳩山由紀夫幹事長は記者団に、今国会での採決は「基本的に無理」との認識を表明。
どうも、与党が、民主党案をのむといったら、民主党がびっくりして慌てふためいて引っ込めてしまったようです。野党案を丸呑みする自民党も問題ですが、形ばかりの対案を出していたのが「もろバレ」した民主党の方が「おばか丸出し」です。

 そもそも、私は何でも反対の野党体質には辟易していました(旧社会党型野党とでも言うのでしょうか)。そこに理論も何もなく、ただ反対ですから、反論に重みがなく、反対することのデメリットが全く無視されていたというか、矛盾すらしている点が多かったと思います。私はそんな日本の野党には自民党を越えられない大きな限界を感じていたのです。

 その点、民主党が前代の前原体制になってから、対案路線を打ち出したことは、個人的に大変評価していました。自民党との対立軸がなくなるとして、対案路線に否定的な考えの方もいるようですが、私からしてみると、対立軸なんてどうでもいいことで、対立点がないものは、無理に対立せず、どんどん法案化すればいいのです(当たり前ですが)。それが二大政党というものであり、個人的にこの二大政党こそ問題だと思っていますが(笑、私の考える理想は四大政党論)、政治が、政権をとりたいという政治家のためのものではない以上、政局という意味の対立軸なんて不要だというのが私の考えなのです。

 しかし、今回の共謀罪に関する対案(そうは言いつつ中身は知りませんが・・)は、ある意味、反対のための対案であり、法案として成立しないことを前提とした対案であったことがはっきりしました。与党が、民主党案をのむということは、民主党の大勝利であり、いかなる理由があろうとも、引っ込める理由などないはずです。それをなんとかかんとか言い訳して引っ込めるのですから話になりません。共謀罪成立を阻止しようとしていたのであれば、それこそ対案などという見栄をはらなければよかったわけで、逆にそのあたりのポリシーのなさには涙がちょちょぎれると言うものです。やっぱり、対案を出しつつも、その実、反対党から脱皮できない民主党には限界を感じざるを得ませんね。

 まあ、野党とはそんなものと考えた方が無難なんでしょうか。もう少し、茶番ではなく、本気で議論をしてもらいたいものだと感じる今日この頃です。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« 確かに私は悪いユーザー | トップページ | 盗作にきまっとる! »

コメント

これってそもそも、「批准する、しない」の問題ですよね?自民党の対応も、大事なときに不用意に本音を漏らすなど不用意の謗りを免れませんが、だからと言って「じゃやーめた」など、元社民党の某女性議員デスカ?
海外、特にアメリカは、このような無責任政権ができたらと危惧の思いを抱いたのではないでしょうか?去年の惨敗以降迷走しきりの民主党ですが、二大政党時代の到来はもう少し先のようですね。

投稿: 中谷 裕 | 2006/06/02 18:19

中谷様、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、批准するかしないかの問題です。するかしないか、さっぱりわかりません。するなら、自信の案を持つべきで、それが通るなら何も問題なし、しないなら、どんなに修正しても反対すればいいことです。
要するに、民主党は自身の案を持ち合わせていないということでしょう。野党ですから責任感が欠如しているとしか思えません。

投稿: 彰の介 | 2006/06/03 00:09

民主党案を受け入れるのか受け入れないのか、自民党内ではっきりしてないからそれを指摘されているんでしょうが。どうしてそんなゆがんだ解釈ができるのやら。どうあっても民主党を陥れたいようですね。

投稿: | 2006/06/03 10:11

名無し様、コメントありがとうございます。
自民党がはっきりしていないのなら、余計に引っ込める手はありませんね。民主党には矛盾のない正々堂々とした主張をしてもらい、政権政党になっても全く問題ない、そんな存在になってもらいたいものです。陥れたいなんて誰も考えていません。

投稿: 彰の介 | 2006/06/03 22:50

 世間では対案を出すことがあたかも良いことであるかのように誤解されているのではないかと思います。私のような人間からすると、かつての社会党の反対の論理は「これ以上悪くしないで現状を維持しろ」という物だったと思います。寧ろ政府与党の方がそれに対する十分な説明をせずして様々な制度を改悪してきたと言えるのではないでしょうか。
 章の介さんでしたら医療関連の各種改悪は実感しておられると思いますし、対案は、結局は取り込まれることを正当化する論理でしかないと思うのです。

投稿: アッテンボロー | 2006/06/03 23:20

アッテンボロー様、コメントありがとうございます。
 私としては、対案がいい、反対がいいとう固定ではなく、常に、政権をとったときにどうするということを考える政党(野党)であってほしいなあと思っています。
 したがって、現状維持がいいと思えば、対案を出す必要はないと思いますし、改革は必要と考えているのであれば、やはり対案は出すべきだと思います。つまり、与党になったときと、野党のときと主張が違うようでは問題かなと考えるのです。

投稿: 彰の介 | 2006/06/04 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/10361259

この記事へのトラックバック一覧です: 反対のための「対案」は意味がない!:

» 共謀罪 [共通テーマ]
過去2度にわたって審議され、成立しなかった「共謀罪」が今国会でスピード審議中。「犯罪の実行」なしで罪とできるのか、そこに悪影響はないのか。あなたのご意見をお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006/06/03 08:31

« 確かに私は悪いユーザー | トップページ | 盗作にきまっとる! »