« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/25

メジャーマイナー論と報道のセンス

 [ゴーログ]モテない報道の時代は来るのか?で、「時を考える」さんの何で勝った人を褒めないの?という記事が紹介されています。先日の高校総体で、卓球の愛ちゃんが負けちゃったという報道がされたのですが、勝った相手の宇土さんが全く相手にされていないと言う話です。これは、私が勝手に提唱するメジャーマイナー論の一端と考えていいでしょうか?(メジャーマイナー論についてはぜひリンク先の元記事をどうぞ)。
 メジャーマイナー論の説明を、前の記事から簡単に抜粋して整理すると、

多くの人から応援されたり勝って欲しいと思われる人やチームをメジャー、逆にメジャーの引き立て役になったり、負けて欲しいと思われる人やチームをマイナーと呼ぶ。時にマイナーというのは不当に悪役にされたり、報道されたりするので、その救済がメジャーマイナー論の1つの主旨であり、また、人間というものは常にマイナーへ落とされる可能性があり、その精神論を唱えるのも、メジャーマイナー論である。(マイナーへの考え方であり、メジャーにケチをつけるのが主旨ではない)
 ちょっとパターンは違うかもしれませんが、上記愛ちゃんのニュースで言えば、愛ちゃんがメジャー、宇土さんがマイナーであり、愛ちゃんに勝ってみごと優勝したのにもかかわらず、愛ちゃんが負けたことをより強調するための引き立て役にされただけで、たたえられるわけでもなんでもないということです。勝手に想像するに、次回この両者が対戦すれば、より愛ちゃんがメジャー、宇土さんがマイナー化されて報道されるでしょう。リベンジして愛ちゃんが勝ったりすれば、まさに仇を討ったような話になってしまうことは想像に難くありません。勝っても負けても、引き立て役に過ぎない、そんな役柄を作り出してしまう報道というのはどうなんでしょうね。それとも、報道が悪いというより、メジャーをより引きたてる報道を欲している、我々の側に問題があるのでしょうか。

 ところで、先日の高校野球では、日本中に大ブームを起こした?人物が現れました。もちろんその人は、ハンカチ王子こと早実の斎藤佑樹投手です。その端正なマスクに溢れる汗を、ハンカチで拭う姿がとてもかわいいという話ばかりでなく、歴代の大投手ともひけをとらないその活躍に、彼は連日ワイドショーで取り上げられることになりました。
 その活躍や、彼の甘いマスクを嫉妬こそすれ(笑)、否定するつもりは全くありませんが、メジャーマイナー論的には、彼への報道というものは、実に危ういものだったと感じています。要するに、彼は事実上メジャー化してしまったわけですが、彼の人気をあおればあおるほど、相手の駒大苫小牧高校や、そのエース田中投手がマイナー化するという現実があったということです。まあ、双方の活躍をたたえるということで、ぎりぎり、ひどいメジャーマイナー化は抑えられたかも・・とは思っていますが、そんな危機感が報道にあったかどうかは疑問の残るところです。特に、斎藤投手がワイドショーに取り上げられたのが、決勝戦当日の朝、さらに、引き分け再試合となったその当日の朝であったことは、その危機感のなさ報道のセンスのなさを非常によく表していると考えます。互いに全力を尽くして戦おうとしているその当日に、斎藤投手のいとこからハンカチの出所を聞き出したり、同級生に斎藤投手がどんな少年だったかを聞き出すインタビューを報道するなんて、危機感もセンスも何もないと考えるのは私だけなのでしょうか。いずれにしても、駒大苫小牧高校および田中投手が、早実および斎藤投手の引き立て役になりかけた事実は、メジャーマイナー論的に見逃すわけにはいかないのです。

 しかし恐ろしいのは、ハンカチ王子というメジャーが現れたからこそ駒大がマイナー化したわけですが、一歩間違えば、駒大がメジャー化し、相手チームがマイナー化したかもしれないということを考えなくてはなりません。特に今大会では、駒大が「甲子園夏三連覇」という大偉業を抱えていましたし、さらに春の選抜を不祥事で辞退していましたから、「そのつらさを乗り越えた」な~んてことを大々的に報道すれば、優勝してもしなくても、相手チームがただの引き立て役につくりあげられた可能性は十分にあったと考えられます。
 まあ、偏屈な私が、そんななかったことまで心配してしまって、報道の皆さんには申し訳ありませんが(笑)、残念ながら、現在の報道にメジャーマイナー論的視点はほとんどなく、話題性や視聴率が上がればいいというのが現実でしょう。「自分が負けると、世間が喜ぶ」というマイナー化は、勝負師であれば乗り越えなくてはならないものかもしれませんが、しかし、自分達がメジャーやマイナーを創り出しているという危機感を、報道には常に持ち続けていただきたいと考えている、偏屈男の彰の介でした。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/08/09

「責任」ってなんだろう?

 埼玉県ふじみ野市の市営「ふじみ野市大井プール」で、小学2年戸丸瑛梨香(えりか)ちゃん(7)が流水プールの吸水口に吸い込まれて死亡した事故がありました。あまりにもショッキングな事故であるがゆえに、そのずさんな管理体制に批判が集中しているわけですが、どうやらこのプールだけの問題でなく、何千という全国のプールで、吸水口の不備が見つかったようです。不謹慎なことを言えば、たまたまこのプールが目立つ形で事故を起こしてしまったと言うだけで、本来なら別のプールで、別の自治体やら管理会社が叩かれるはめになっていたのかもしれず、自分達に災難が降りかからなかったことで、胸をなでおろしている人が、全国に何人もいるのでしょう。

 この事件を語るとき、いろいろな切り口があるのでしょうが、私は「責任」という切り口で語りたいと思います。
 このプールには、管理室と言うものがあり、管理会社の現場責任者が詰めていたようですが、まず、この現場責任者に、責任感はあったのでしょうか?。つまり、足しげくプールの状況を巡回して点検し、アルバイトの高校生達に目を光らせていたのでしょうか。残念ながら私が想像するに(あくまで想像ですが)、現場責任者と言っても、おそらく、この管理室に詰めているのが仕事であり、現場はアルバイトの高校生が見ているからいいやってなものではなかったのでしょうか。なにしろ、アルバイトに緊急対処法すら教えていないらしいのですから、そこに危機感は感じられません。ただいるだけの人を責任者と言うべきかどうか?。下手に現場に顔を出して、責任をとらされる方が問題だとでも考えていたのでしょうか。

 市に委託されていた管理会社に責任感はあったのでしょうか。まあ、正直、市に委託されたといっても、下請けに丸投げですから(それ自体も問題ですが)、下請けが、いい加減なことをしたら、自分の会社に責任が降りかかるという「危機感」は全くなかったのでしょう。そういう意味では、同様に、管理会社に委託した市には、管理会社がちゃんと仕事をしているのかということが心配にはならなかったのでしょうか?。実際は、委託してしまったら、もう責任はないからいいやってなもんなんでしょうね。これまた、市と業者の間の談合がバレバレですから、「責任」とか、「危機感」とか、そんなものは二の次で(二の次ならまだましですが、全く考えてなかったかも・・)、「管理」という名目の公共投資、すなわち、金をまいている市と、そこに群がる業者という関係が存在するだけのことなのでしょう。事故が起きないと、そこに「責任が問われる」ことに気付かない・・・、実におろかな話です。

 国はどうなんでしょう。プールの吸水口の点検を徹底するように「通達」を出していたようですが、残念ながら、この紙切れを出したことで「責任」を果したと勘違いしているのですから、これまた実に寂しい話です。実際、今回の事故を受けて行われた検査において、全国で何千もの不備が見つかったことの「責任」を国は感じているのでしょうか?。紙切れを出すことだけなら、馬鹿でもできます。それが徹底されていなければ、それこそただの紙切れだということに気付かないのでしょうか。通達出していたから、今回の事故は国の責任ではない・・、って言われても、実際一人の尊い命がなくなっていることをどう考えているのか、聞いてみたいものです。

 責任や危機感を全く感じていない現場と、責任逃れに日々努力している国。
 ところで、人の命に関わることは、プールの吸水口だけなんでしょうかね?。事故があったからって、慌ててそればっかりやってて大丈夫なんでしょうか。事故が起きれば対処するが、起きなければ、問題はなし・・・、実におめでたい話ですが、こんな無責任体質が変わらない限り、また次の犠牲者がどこかで出るだけのことなのではないでしょうか。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

無駄論的故事成語(3)

 無駄論的故事成語(1)無駄論的故事成語(2)、では、「折檻」「傍若無人」と言う言葉を取り上げましたが、今回は、本来の意味を知った時、思わずたじろいでしまった言葉「辟易(へきえき)」です。

 私はこのブログの中で、何回かこの「辟易」という言葉を使いました。「へきえき」という言葉は、聞いたことはあっても、漢字は全く知らないという状態でしたが、ワープロ機能で、一発で変換されるため、「辟易」と書くんだなあと、意味も考えず漠然と思っていました。例えば、「こんなマスコミの報道ぶりには辟易している」なんて使っていたかと思うのですが、要するに、うんざりするという意味です。皆さんも、この言葉を使うときはうんざりするという意味で使われるかと思うのですが、違いますか?。

 そこは私も偉いもので、辟易という漢字が気になり、卓上の国語漢和辞典で意味を引いてみました。すると驚いたことに、そこに書かれていた意味は「おそれたじろぐこと、しりごみすること」となっているではありませんか。ぜんぜんうんざりとは違います。こりゃ、恥ずかしい間違いをしたと思っていたところに、前回のエントリーでもお世話になっている、みらいぽーとさんの故事成語のページに、「辟易」という言葉を発見してしまったため、その故事の由来を知ることになりました。リンクして、辟易のページを抜粋させていただきます。出典は、史記の項羽本紀で、追い詰められた項羽のエピソードのようです。

漢の包囲を突破した 項羽 ( こうう ) でしたが、従う者わずか28騎となっていました。これに対して追跡してきた漢軍は数千、脱出できないことを悟った項羽は、「わしは挙兵してから8年、70数回の戦を経験した。その間、我が当面する敵は破られ、我が撃つところは服従し、いまだ敗北したことがない。最後に苦しむのは天が我を滅ぼすのであって、戦いに敗れるのではない。今日は、それを諸君に理解させよう。」と言うと、軍を4つに分け、四面を囲む漢軍に向かわせました。 このとき 楊喜 ( ようき ) は、漢軍の騎兵隊の将として項羽を追っていましたが、それを見た項羽は、目を怒らして彼を怒鳴りつけました。すると楊喜は、自分も乗っていた馬も縮み上がってしまい、おろおろと数里も後ずさりしてしまいました。(辟易すること数里なり)
 わずか数十騎の項羽の形相に恐れおののいてたじろいでいる様子を辟易と表現するようで、ここでも意味は、相手の勢いに圧倒され、恐れおののいて後ずさりすることとしています。私は、マスコミの報道振りに恐れおののいていたわけではないので、辟易という言葉に関してとんでもない勘違いというか、間違いを犯していたと思いこんでいました。

 ところが、とある新聞記事を読んでいたところ、私と同じ意味で辟易を使っている文章を発見してしまったのです。それは、「巨人に、黒田や小笠原のFA獲得話があり、辟易する」という内容の記事で、この文を書いた方も、うんざりという意味で使っていることは明らかです。そんなことで、インターネット上の辞書で、改めてこの「辟易」を調べてみました。すると、大辞林(第二版)に載せている意味として、

「(1)閉口すること、うんざりすること、(2)相手の勢いに押されて、しりごみすること。」
となっていました。(1)で、私が使っている意味がちゃんと載っていました。しかも、本来の意味であるしりごみすることの実例として、「山徒是を見て其勢にや―しけん/太平記 8」と、太平記を持ち出して使用例を載せているのです。つまり、しりごみするという意味は、すでに古典の世界の意味になってしまったと考えられます。にもかかわらず、辞書によっては、そんな古い意味しか載せていないのですから、不親切にも程があるというもので、誤った使い方だと勘違いした私に謝罪すべきでしょう(笑)。

 しかし、しりごみすることと、うんざりすることは、意味として全く違います。言葉の歴史の中で徐々に意味が変化し、元の意味が消えてしまったのでしょうが、やはり辞書というのは、その由来を知っているがために、戸惑っている様子が見て取れます。そんなことを考えると、何度もエントリーで書いていることですが、「正しい日本語ってなんだろう?」という疑問が、ふつふつとわいてくる、私、彰の介なのでした。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »