« やっぱりダメっぽいNIFTY | トップページ | 言うはやすしの年金問題 »

2007/06/05

千の風になって

 いつもながら今更の話ですが、テノール歌手秋川雅史さんの歌う「千の風になって」は泣かせる歌ですね。私の場合、想定しうる身近な亡くなった人というのはいないのですが、そんな私でも、あの曲を聴くとなんとなく目頭が熱くなってきます。ましてや、身近に亡くなった方がいれば、余計にその思いを強くされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 「私は死んでなんかいません、千の風になって、あの大きな空を、吹き渡っています」う~ん、泣かせますね。

 しかし、なんですね、この歌を聴けば聴くほど感じるのですが、この歌のこと、世の霊能者の皆さんはどう思われているのでしょうか。何しろ、成仏されていないようですから・・・・・

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« やっぱりダメっぽいNIFTY | トップページ | 言うはやすしの年金問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/15318838

この記事へのトラックバック一覧です: 千の風になって:

» 「老衰という名のサダメ」に群がる介護保険制度と介護産業。1 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
私が中学生の頃、母の母(おばぁちゃん)が上京して来ました。お婆ちゃん(お婆ちゃん)が、鳥取で一緒に暮している母の妹さんと喧嘩をしてしまったことがきっかけで、それを良い機会に、一度東京というところで暮してみたいと、お婆ちゃんが突然上京して来てしまったのです。 我が家は子沢山だったので、まず、お婆ちゃんが何処の部屋で過ごすかが ちょっとだけ父と母の間で問題になったような記憶がありますが、即決した記憶もあります。 お婆ちゃんだから、和室が良いということで、一番末娘の私とお婆ちゃんがルームメートになることに... [続きを読む]

受信: 2007/06/08 23:32

» 「老衰という名のサダメ」に群がる介護保険制度と介護産業。2 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
かつては、多くの人間が生まれてゆく一方で、多くの人が死んでゆくのが「家庭」だったのです。 一昔前のお婆ちゃんやお爺ちゃんたちは、よく考えたら、今だったら、たいていは「不審な死」を遂げています。 何故かある日突然倒れたりして、何故か寝たきりになった数ヶ月後くらいに、何故か食(しょく)が細くなって、何故かその数ヵ月後には、何故か静かに息を引き取るようにして大往生したものでした。 あの頃は、お盆の頃によく老人が死にました。 お盆にはお迎えが来るとみなでよく言っていました。 なんとなく家族の一人でも『まだ死... [続きを読む]

受信: 2007/06/08 23:34

« やっぱりダメっぽいNIFTY | トップページ | 言うはやすしの年金問題 »