« 原発の想定外は許されるのか? | トップページ | ブログ開設3周年!! »

2007/07/28

風評被害?

 新潟中越地震では原子力発電所に次々とトラブルが起こったことが報告されています。私も前回、原発の想定外は許されるのか?で問題を提起させていただきました。
 一方、例えば海水に放射性物質を含んだ水が流れ出たということから、近隣の魚が売れなくなっているとか、あるいは、ヨーロッパでは日本中が放射能に汚染されてたと勘違いされているなどの、いわゆる風評被害がでてきているとのことです。
 風評被害がいいとは思いません。全く関係ないところで経済的に損失が出ているとすれば、当事者にとって大問題でしょう。
 ただ、それを単純に、「過大報道しているマスコミのせい」という論調をインターネット上では多々見かけます。果たしてマスコミを叩けばいいのか・・・、それはちょっと違うのでは?というのが私の意見なのですが。

 全くマスコミの肩を持つつもりはありませんが、残念ながらこの手の風評被害をなくすためには、「報道しない」とするしかないと思います。地震があったことを地震があったと伝えさえしなければ、新潟県近辺への旅行を取りやめることは無いでしょう。原発で事故があったとしても、海水が放射能に汚染されたとしても、それを伝えなければ、魚が売れなくなるなんてこともないでしょう。

 「正しく伝え、報道すること」と「風評被害」というのは、諸刃の剣?というか相反する関係ではないかと思います。もちろん、現在のマスコミの報道に、過大なところが無いとはいえません。あおるだけあおって、視聴率だけ稼いで逃げるという姿勢がないわけでもありません。しかし、マスコミにとって最も大事なことは、あったことをありのままに伝えること、問題点があればそれをクローズアップすることであり、新潟で地震があり、多くの方が被害にあったことは伝えなくてはならないことだと思いますし、原発の火事と、焚き火を同じように扱ってもらっても困ります。放射能を含んだ水が海水に流れたことも、それがいかに害がないとしても、伝えなければならないことであるのは明らかであると感じます。逆に風評を恐れて報道しないなんてことは許されないのではないでしょうか。

 残念ながら、大地震がおきたとすれば、その近隣への旅行はちょっとやめようと思うのは当然だと感じます。また、放射能が、いかに害がないかを強調して報道したとしても、いや、そんなことを逆に言えば言うほどに、近隣の魚が売れなくなるのは道理だと思います。繰り返しますが、残念ながら風評被害を起こさないためには、報道しないことしかありません。

 といって、私が何かいい解決策を持っているかと言われれば、何もないというのが本当のところです。ただ、自然災害一般に関して、金銭的備えを自治体なり国なりがしておくべきとは考えているのですが、現状、蓄えどころか借金大国の日本です。風評の穴埋めをするおぜぜがないことは、残念ながら明らかなようです。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« 原発の想定外は許されるのか? | トップページ | ブログ開設3周年!! »

コメント

「量」の問題をしっかり扱ってもらう必要があるかなと思います。
38度だから発熱しているというのは正しいですけど、生死にかかわるというのは言い過ぎなのと同じです。

投稿: ひろ | 2007/07/28 01:16

 ひろ様、コメントありがとうございます。
私も、おどろおどろしく演出するマスコミ報道の中で、程度の問題が、ないがしろにされているのは明らかだと思います。ないがしろというか、煽るだけというか。

 ただ、視聴者全てがそのあたりに気付くわけではありませんから、例えば38℃の発熱を瀕死の状態と考えてしまう人もいるでしょうし、「命にべつじょうありません」なんていちいち言っていたら、余計に瀕死の状態なのではないかとかんぐる人もいるのではと思ったのです。

 さらに、ことが原子力の話になると、日本人は私を含めて不必要に過敏症ですから、どんな些細なことでもオーバーに取る傾向があると思います。それは程度の問題をしっかり報道したとしてもです。ですから、それをなおすには、小手先の報道批判ではなく、聞き手にも問題があるのかなあと考えているしだいです。もちろん、的確な解決策は持ち合わせておりませんが(申し訳ありません)。

投稿: 彰の介 | 2007/07/28 15:18

周辺の人がどう思うかということは重要なのですが、一エンジニアとして、とりあえず問題はないなと判断したのは以下の事実によります。

・地震発生後、運転中の原子炉が安全に停止したこと。
・原子力発電所周辺にある放射線のモニターが極端な異常値を観測していないこと。

この2点により、今回の地震で深刻なダメージを外部に与えていないことはわかりました。
今後は地震によってどれくらい施設が被害を受けたのかを調査して、対策をどうするか、というフェーズだと思います。
一部海外の報道機関に見られるような扇動的な報道はどうかと思います。逆に言うと、扇動している報道機関はその程度のレベルだと僕の中ではクラス分けされます。

投稿: ひろ | 2007/07/29 01:24

 ひろ様、コメントありがとうございます。
 たぶん、ひろ様の今回の一連の報道に対する見方というのは、やぶ医者の私が、医療関係の報道や番組を批判的に見ているのと同じような感覚かなあと思います。
 それぞれの専門分野から見ればおかしな報道というのは多々あるともいます。私にできることは、一般人としての素直な(笑)感想を述べていくことと、専門分野についてのしっかりとした意見発信をしていくことであると、確認できました。素直な感想についてはご容赦ください(笑)。

投稿: 彰の介 | 2007/07/29 11:27

>やぶ医者の私が、医療関係の報道や番組を批判的に見ているのと同じような感覚

そのとおりです(笑)
#正確に言うと、推定ですが。

投稿: ひろ | 2007/07/29 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/15921415

この記事へのトラックバック一覧です: 風評被害?:

« 原発の想定外は許されるのか? | トップページ | ブログ開設3周年!! »