« ブログ開設3周年!! | トップページ | 原爆の日 »

2007/08/03

肩書き防衛?

 政治家は、何かスキャンダルを起こすと、責任をとって(辞任にしろ更迭にしろ)辞めることがあります。何を辞めるかといえば、そのとき持っている最高の肩書きの役職を辞めるわけで、大臣なら大臣、委員長なら委員長、党の役員ならその役を辞めるという話になります。しかしコレって実に不思議な話だと思いませんか。

 赤城農水大臣、農水大臣を更迭だそうです。野党はもちろん、与党自民党からもやめろコールが盛んだったわけですが、この方のスキャンダルは、不透明な政治資金の問題でした。不透明な政治資金が本当に問題であるならば、基本的に「議員」をやめるべきであって、大臣を辞めれば許されるという理屈がどうにも私には理解できません。総理の任命責任を問う前に、犯罪者まがいの人間が議員をやっていること自体が問題だとは思いませんか。

 そもそもこういう問題は、なぜ大臣になって出て来るのでしょうか。大臣だろうが、平議員であろうが、その問題性に全く関係ないと思うのですが。スキャンダラスにかきたてたいために、ネタを溜め込んでいる人たちがいるとするならば、ぜひ今もっているネタを全部おおっぴろげにしてもらいたいものです。なぜって、そんなネタにされる人たちが、何か肩書きを持ってしまったら、その肩書きの役職を辞めれば罪が消えてしまうのですから・・・。

 民主党が今ひとつ信用されない理由として、「民主党だって、はたけばほこりが山と出てくる」ような雰囲気を持っていることがあるのではないかと、私は思っています。自らが、法律以上に厳格な規律を持ってほしいと思っていますが、いざというときのためにいろいろな役職や肩書きを党員に与えるというのも1つの防衛手段かも知れません(笑)。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« ブログ開設3周年!! | トップページ | 原爆の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/15988756

この記事へのトラックバック一覧です: 肩書き防衛?:

« ブログ開設3周年!! | トップページ | 原爆の日 »