« 福留につけられた評価 | トップページ | 年末の風景 »

2007/12/14

被害妄想の憧れと現実

 何度かこのブログでも書いていますが、私はかなりの被害妄想系の人間です。人がどう思うのか、どう考えているのかが非常に気になり、心配になり、行動できなかったり、逆に何も思っていない人に切れたり(ごめんなさい)してしまうわけです。よく言えば、いろんな人の心を深読みしすぎるということですが(表現が正しいかどうか?・・)、実際には自分がいいと思い込んでいることは結構、遠慮なくいろんなことを言っていたり行動してしまって、ひんしゅくを買っているかもしれません(ということを考えること自体が被害妄想という話もあり・・)。

 被害妄想の良い悪いは置いておいて、そんな私が憧れるのが、自分の思っていることを、自信を持って、誰が何を考えようと言おうと、行動し発言できる人です。

 舛添 要一厚生労働大臣なんか、私の憧れの人ですね。宙にういた年金記録の名寄せなんか、絶対1年でできっこないのに、「最後の一人、最後の一円まで」って堂々と自信を持って発言し、できなかったら堂々と自信を持って「そんなこと言っていない」と発言できるのですから。もし私が大臣で、できないことをできるなんて発言していたら、もう、胃潰瘍に片頭痛を合併し、最終的には鬱病になって切腹を覚悟するはめになっていたと思います。
 私が舛添大臣に憧れると書いたのは、決して嫌味でも冗談でもなく、ある意味本気で、あの気にしない性格になれたら、本当に楽だろうなと感じるのです。そんなこと感じませんか?。

 そもそも政治家は、舛添さんくらいの人間でないと務まらないかもしれません。いちいち1つの発言、1つの公約に縛られていたら、それで行動が制限されてしまいます。業者からお金をいただいていても、宴席に同席していても、知らぬ存ぜぬを貫けないような軟弱な精神構造では、政権与党の重鎮も務まらないでしょう。鈍感力ではありませんが、一方で叩かれ強いという側面もあるわけですから。反論されたらごめんなさいって言っているようでは、改革はとてもできるものではありません。

 ただ、我々の職場でも、同様に、人の考えていることなんか全く気にせず、自分勝手に行動できる人物がいます。そんなことやったらひんしゅく買うぞ、と思うことはふつう行動できないわけですが、それをやっても気にならない性格であれば、堂々とやって、楽ができるわけです。そういう行動をとる人間が、社会から追放されるかというと、意外にそうでもなく、俗に「憎まれっ子世にはばかる」といわれて、立身出世していく人も少なからずいるわけです。コレが被害妄想系の私から言うと、本当にうらやましいと言うか、究極に蔑んでいると言うか、なんと言うか・・・。まあ、一言で言って、「真似は、決して、できません!」。

 実は、私が以前から政治の話題について、野党が反対党であってはならないと主張するのは、そのあたりが原因です。そのあたりというのは、野党のときは反対していたのに、与党になったら手のひらを返すなんていうことが、(私が政治家だったら)できないから、矛盾の無い、一貫性のある主張をしてもらいたいと願っているのです。
 まあ、別に私が野党の政治家じゃないから、余計な心配しなくてもいいか・・・。政治家たるもの、主張を180度変えるぐらいのことができないと、務まらないって言ったばかりでした・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

|

« 福留につけられた評価 | トップページ | 年末の風景 »

コメント

♪おはようございます。
君子豹変と言いますが、状況の変化に合わせて意見や行動を変えること自体は悪いとは思いません。
ただし、その理由については説明責任があると思います。
それが、今の政治家には欠けているのではないでしょうか。

投稿: あざらしサラダ | 2007/12/15 08:21

 あざらし様、コメントありがとうございます。
 説明責任の放棄はよくありますね。基本的に「俺の言うこと聞いてればいいんだ」というかんじなんでしょうか。それとも究極の開き直り?なんでしょうか。
 その一方、後先考えない、それらしい発言というのもありますね。これでいいのやら・・・。

投稿: 彰の介 | 2007/12/15 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/17366321

この記事へのトラックバック一覧です: 被害妄想の憧れと現実:

« 福留につけられた評価 | トップページ | 年末の風景 »