« 結果論的評論家による結果論的解説 | トップページ | 評論はファンタジー »

2009/01/22

戦国武将のソムリエ

 最近女性の間で戦国武将ブーム「戦国武将萌え」??なるものがあるんだとか。戦国時代マニアといえば男と相場は決まっていましたから、マニアの一人として大歓迎です(笑)。

 ブームの発端は戦国時代もののアクションゲームのようです。ゲームにはかなりかっこいい武将が登場するようですが、とっかかりとしては何でも構いません。私も本格的なとっかかりは信長の野望ですし・・・。

 それで、こんな記事を見てみると、今年ブレイクしそうな戦国武将ランキングなるものがありました。1位直江兼続、2位石田三成、3位伊達政宗、4位上杉景勝、5位前田慶次・・・・、まあ、要するに今年の大河ドラマ系の武将ということになるでしょうか。

 以前とある番組で取り上げていた、戦国萌え武将のランキング1位は「大谷吉継」でした。戦国マニアの一員として、女性が大谷吉継にあこがれるというのは大変うれしい話です。私も大ファンで、信長の野望に登場する大谷吉継の顔が、普通の顔から、白い布で隠した顔になったときの感動が忘れられません。三国志(信長の野望と同じ会社のゲーム)で馬良の眉毛が白くなった時と同様の感動でした(マニア過ぎたらごめんなさい)。

 ただ、その番組の司会者連中が、誰も大谷吉継を知らなかったのはいただけません。そこまでマニアしか知らないようなマイナーな武将とは思えませんが。そう言えば、大谷吉継も三成つながりで今年の大河系武将とも言えましょうか。らい病を煩っていたとされる吉継の顔から膿が落ちたお茶を、何ためらうことなく三成が飲み干したとする逸話はあまりにもあまりにも有名で、関ヶ原を西軍(三成側)として戦う原因になったとも言われています、よね。

 そんなわけで、女性受けをねらって、戦国武将のソムリエなんてやってみるとかっこいいのかなあ?と勝手に勘違いしていろいろと考えてみました(アホ?)。女性の気分やリクエストに合わせて戦国武将をチョイスするという企画ですが、チョイスしてどうするのかは、我ながらよくわかりません。

 例えば・・・「とにかく新鮮な気持ちで、槍一本で敵陣に殴り込みたい気分なのだけど・・・そんなマイナー系の武将は?」なんて言うリクエストがあれば

粕屋武則なんていかがでしょうか。なにしろ賤ヶ岳の七本槍のひとりなのに、ほとんど逸話もありませんので新鮮な気持ちで柴田軍に襲いかかれます。」
「大物ねらいなら毛利新助なんていかがでしょうか。まろの首級も夢ではありません」
あほらしいと思われる方、この先は読まれない方がよろしいかと。

 「とにかく波瀾万丈、本能の赴くままに人のできないことをばっさばっさやってしまう武将は?」 

「それはもう、松永久秀しかおりません。将軍を殺すも良し、大仏殿を焼き払うも良し、最終的には、茶釜を抱いて自爆しても構いません」

 「暴れん坊将軍のように一直線に馬で駆けたいのだけど。馬の似合う武将は?」 
島津義弘がぴったりです。がんがん馬でとばして、薩摩まで一気に帰ってください」

 「忠義の人が流行っているんだけど、まだあまり知られていない武将いない?」 
「一押しは山中鹿之介ですね。主家再興のために奮闘し、力尽きました。今度三日月がでたら、鹿之介を思い出しながらお願い事などされてはいかがでしょうか。きっとご自身に七難八苦が降りかかり、願いは叶いませんから・・・」

 「かっこいい人教えて。」 
「かっこいい人なら、高坂弾正森蘭丸片倉重長沖田総司?・・・、うむ?かっこいい?というか、美貌の持ち主?というか、殿様にすかれたというか?、なんというか・・・。」

 「不細工な武将いない?かっこいいだけじゃつまらない。」 
山本勘助はかっこわるいですよ。片眼つぶれて口は裂けて傷だらけで、足ひきずってますから。でも切れ者です。戦国一の切れ者かもしれません。まあ、戦国一、いるかいないかよくわからないファンタジーな人物ですけど・・」

 「戦いをがらっと変えてしうような先見のめいがあった人は?」 
「それはもう山本五十六?ですね。大艦巨砲主義が空母艦載機による攻撃にがらっと変わってしまいましたから。ちなみに五十六が襲われたとき乗っていたのが一式陸攻、おそったのがロッキードP-38ライトニング、マニアなら覚えておきましょう。」

 一応ダミーを2名ほど忍ばせておきました。マニア以外の方、ごめんなさい。上記例は、明らかに答えを考えてから問題をつくっておりますので、勘違いの無いようお願いいたします。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「自然・科学」ブログランキングにも清きクリックを!
 ↑↑クリック!

|

« 結果論的評論家による結果論的解説 | トップページ | 評論はファンタジー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/43822386

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国武将のソムリエ:

» eECa1F0BD0E00EA0A8 [ソムリエ]
ソムリエとにかく気になります。ソムリエについて毎日検索してしまうのです。今日は... [続きを読む]

受信: 2009/01/23 06:27

« 結果論的評論家による結果論的解説 | トップページ | 評論はファンタジー »