« 東国原騒動とみっともない鳩兄民主 | トップページ | エクスプレス予約で自由席 »

2009/07/02

大型薄型テレビ購入顛末

 ついに我が家のテレビが、アナログからデジタル化されました。ついでに今流行の「エコ」の象徴たる、液晶テレビの購入により、南極の氷も解けなくてすむのでしょうか(そんなわけなし!)。

 今まで我が家にあったテレビは、1992年生のSHARPのブラウン管テレビです。ちなみに音声はステレオではありません。大きさは、正確に表現できませんが、20インチくらいでしょうか。さすがに古くなってしまったのか、最近、画面の上1/5位が急に収縮するような画像になり、人の顔で言えばちょうど”おでこ”のない人物であふれるという怪奇現象が続いていました。エコポイントのこともあり、この際新しいテレビを買おうということになり、何度も量販店に通うことになりました。

 そこで考えさせられたのが、メーカーや、量販店の購買意欲増進策の数々です。結局のところ、私はその策略にはまってテレビを買うことになるわけですが、「人はこうやって騙されて物を購入するのか・・・」ということをいろいろ経験するこのになったというのが本日のお話です。

 我が家には一応ビデオデッキがあったのですが、これをテレビにつなげると、ただでさえ悪い画面が、相当に悪く見るに絶えない状態であったためつなげておらず、録画というものがずーっとできない状態でした。そこで、今回、録画のための道具も買おうとしていたのですが、そんなおり、目に飛び込んできたのが「ハードディスク内蔵型テレビ」です。ある日の量販店でのテレビの物色の際、店員に、「録画も簡単ですよ」という話をされたため、かなり候補の上位になったのですが、別の日に同じ量販店に行ったときの店員の説明は、全く逆になっていました。

 私「ハードディスク内蔵型はいいですね」
 店員「いやー、本当に操作が苦手なご年配の方しかお勧めしません。やはり、別にレコーダーをご購入いただくことをお勧めします。」
 私「内蔵型は何かまずいのですか?」
 店員「ハードディスクが故障しますと、テレビ本体を修理に出すことになってしまいます。ハードディスクも寿命がありますし・・・」
 私「寿命??、どのくらいなのですか?」
 店員「まあ、3年くらいで壊れますね・・・

 「お宅の店の商品、3年で壊れるようなもの売ってるんですか!」と突っ込みをいれようかと思ったのですが、まあ明らかに別にレコーダー購入へ誘導されているなあと感じ、その店員からは離れました。確かに、コンピューターのハードディスクもある日突然ということがあるわけですが、3年で故障を宣言する店員も店員です。そんなこといったら、レコーダーのハードディスクの寿命はどうなんでしょうか。よくわからんですね。少し時が過ぎ、現在、内蔵型テレビの録画部分は、テレビ本体からはずせるような仕組みになってきているようですが、あの店員はまた別の手段で、レコーダーを売ろうと策を練っているに違いありません。

 我が家は、テレビが置けるスペースの関係で、32型を考えていたのですが、量販店に行くと、とんでもない大きな画面のテレビがたくさん置いてあり、32型が随分小さく見えました。しかし、32型はざっと新聞紙を広げた大きさであり、間違いなく小さくはありません。我が家の古いテレビに比べれば、馬鹿でかいテレビです。
 しかし、この32型テレビの説明に書かれている、大きさの目安にはびっくりしました。

~4.5畳の部屋用

 おいおい、4.5畳はないでしょう。広げた新聞紙の大きさですよ。4.5畳の部屋においてもそれはその人の勝手ですが、6畳だろうが8畳だろうが、10畳だろうが、十分な大きさでしょう。そもそも4.5畳と書いてある前の「~」はなんですか?。ドラえもんの寝床の押入れにも32型を置きますか??。ちょっと考えるに、4.5畳用はあまりにひどいうたい文句だと感じるのは私だけでしょうか。

 いろいろとテレビの機能、グレードを調べてみますと、今のはやり文句は「倍速」「フルハイビジョン」あたりのようです。最近ソニーが「4倍速」をテレビCMでアピールしていますね。まあ、そんなことを言われたり知ってしまったりすると、少しでもハイグレードのいい物をと思うわけですが、ここでも、しっかり心をくじかれました。

 私「32型で、倍速、フルハイビジョンってないんですか?」
 店員「基本的に、37型以上を大型テレビと言いまして、32型は小型のテレビになります。37型以上であれば、たいてい倍速、フルハイビジョンとなっておりますが、32型は一部の機種のみですね。スペース的に問題がなければ37型以上をお勧めしますが。この40型はいかがでしょうか・・・」

 だ、か、ら、新聞紙を広げた大きさは、十分大型テレビでしょ!!。小型のテレビとは何事ぞ!!。要するに、目を凝らしてみれば、倍速フルハイビジョンの方が画像がいいのでしょうが(それ自体、或いはその技術自体を否定しませんが)、32型くらいであれば、さほど問題がないということでしょう(地デジレベルなら。こだわり派の方を否定しているのではありませんのであしからず)。最低限、1992年製のブラウン管テレビの画像よりは、いいに決まっています。
 
 これまたその説明を、「大型」「小型」という言葉で表現するのはいかがなものなんでしょうか。なんか、かなり馬鹿にされてるみたいでいやですね。四畳半の古アパートにお住みの方は、小型テレビでもどうぞってな感じですか。それでいて、しっかり新聞紙広げたサイズで、店員の言われるがままレコーダーと一緒に買えば下手したら20万くらいかかりますよ。これは、高利貸し並みの悪徳商法ですね。

 結局、我が家は、嫁と相談の上、半年型落ちの(在庫処分セールだったのか??)BD内臓亀山モデル32型に落ち着きました。四畳半の部屋ではありませんが、32型です。くどいですが、新聞紙を広げた大きさがあり、決して小型テレビではありません。なんとなく、慣れるともう少し大きい型でもいい?と思うような気がするのが一抹の不安ですが、録画編集なんて全く考えていない(見れない番組を撮っておければいい)我々には十分すぎる買い物でした。

 ということで、家電を買うにも、随分いろいろな仕掛けがあるものです。これを私は霊感商法と同じと考えているわけですが、このあたりの記事(霊感商法とエコ商法)もご参照の程。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック! 

|

« 東国原騒動とみっともない鳩兄民主 | トップページ | エクスプレス予約で自由席 »

コメント

色々な仕掛けって…あなたのテレビへの勉強不足も際立っていた内容でビックリしました。
店員を悪として見過ぎです。
32型が大型テレビの様に言っておられる時点で、ちゃんちゃら可笑しいですw
テレビの最適視聴距離は、画面の縦の長さの三倍はなれたところになる様に、基本的に作られています。
四畳半で32型は、十二分に普通です。
それ以上に大きな部屋では、同じくそれ以上に大きなテレビを置かれるのは基本的なことです。
まあ、テレビの直ぐ近くで、こじんまりと至近距離で視聴するのであればどんなに大きな部屋でも、小さいテレビで済むでしょうけどねwwwwwww

投稿: こじこじ | 2010/04/26 08:45

 こじこじ様、不思議なコメントありがとうございます。
 その最適視聴距離からすると、四畳半で32型が普通とのことですが、要するにそういう企業や販売店側の「定義」や「理屈」を押しつけられることに疑問を感じているのがこのエントリーです。
 「勉強不足」や「ちゃんちゃら可笑しい」という言葉で、企業や販売店側の「定義」や「理屈」を押しつけられても、そのこと自体を、そういう言葉でしか説明できないことを疑問に思っているわけですから、なんら前には進みませんね・・・。

投稿: 彰の介 | 2010/04/27 12:36

ここにコメントしていたのを忘れていましたw

う〜ん、それとなく分かるように文章中にヒントをいくつか入れたのですが…分かんないかなwww
よーく考えて下さい。
一周りする直前、言いたいことが分かると思いますよ。
踊らされているのが、あなただと。

それでも分からなければ…まあ、その程度だということですw

投稿: こじこじ | 2010/05/01 23:44

古いエントリーにコメントすみません。

我が家も去年薄型液晶テレビに買い換えたのですが、15畳程度のLDに26インチで十分満足しています。

こじこじさんの説明にある「テレビの最適視聴距離は、画面の縦の長さの三倍はなれたところになる様に、基本的に作られています」はメーカのHPにも記載されていますので間違いではないと思いますが、彰の介さんが指摘するとおり、メーカーがそのように「定義」した根拠がよくわからないですね。

メーカーが推奨する適正サイズでなければ目に負担が大きいなどの科学的根拠でもあれば理解できるのですが、医学的にはどうなんでしょうか?

ちなみに、ハードディスクは可動部品が多く使われている「消耗品」なので、「3年が寿命」という店員の説明は、あながち間違いではありません。(もちろん使用頻度で寿命は変わりますが)

テレビのHDD交換はパソコンとは比べ物にならないほど大変ですよ、w

投稿: あざらしサラダ | 2011/01/08 20:50

あざらし様、コメントありがとうございます。
 メーカーの適正サイズは、大きいのを売りたいだけと思いますけどね。ガラパゴスが問題になっていますが、ガラパゴスよりもこういう勝手な付加価値の押しつけが問題だと考えていますがどうでしょう。素人的意見かもしれませんが。

 ハードディスクの話は、「3年くらいで壊れる可能性もあります」くらいに言えばいいのに、壊れることを宣言されたことにびっくりしたという話です。実家は普通のハードディスク内蔵のやつを買ったみたいですけど、3年後が怖いです(笑)。壊れたら報告します。

投稿: 彰の介 | 2011/01/10 01:47

家電量販店での販売経験があるので一言。

正直なところ、店員は店の方針に従って店の利益が大きいものを薦めますので
言われるままに商品を購入する必要はありません。ご自分の用途として必要かどうか考えることが大事です。
銀行窓口で薦められる金融商品も、保険屋も、不動産屋もすべて同じです。
あなたに利益のあるものを薦めるのではありません。

故障しないと次のを買ってくれませんしねw

ただ、販売員も人間ですので全ての販売員が悪人であなたに高い買い物をさせようと思っているわけでもありません。

何においても、まず聞いてみてその場で判断せず、ゆっくり考えて結論を出すのがあたりまえのようですが一番いいのです。

あと昔のものより今のモノのほうが良いに決まってるというところは間違っています。
もちろん技術革新でよくなっているものが多いのも確かですが、今の御時世とにかく安くを消費者が求め、メーカーはそれに応えて
徹底的なコストダウンを図ります。それは細かな部品にまで至り、時間の経過で故障を引き起こします。テレビなどは薄型化が進み、
排熱や排気で部品がダメになることも多いです。
昔の中古のオーディオ機器をメンテナンスされたものが現在の新品のものより高値で取引されるのはそういうことです。

ただHDDは3年で壊れるって断言する店員には閉口します。使用頻度、室内温度や湿度、機器の個体差、タバコやほこりの量など様々です。
こんな案内をする店員は最低です。

投稿: ぴよ | 2012/05/22 11:23

ぴよ様、大変遅れましたがコメントありがとうございます。
極めてまっとうなご意見で大変勉強になります。言われてみれば、その通りで、他人の(営業マン)の言うことにけちをつけるのではなくて、自分が何がほしいかを鮮明にすることが大事かもしれません。ただ、何しろ私は優柔不断ですので、それが大問題ですが・・・。

投稿: 彰の介 | 2012/06/13 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/45520037

この記事へのトラックバック一覧です: 大型薄型テレビ購入顛末:

« 東国原騒動とみっともない鳩兄民主 | トップページ | エクスプレス予約で自由席 »