« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/27

無駄論的「幸村と信繁と小十郎」

 以前、戦国武将のソムリエなるマニア文を書いたことがありますが、最近、「歴女」なる言葉も一般化され、さらに女性に戦国武将ブームが起きていることは、私のようなマニアにとって大変うれしい限りです。

 先日、朝の番組で歴女の特集?をやっていましたが、この時人気の武将として「片倉小十郎」の名前が挙がっていました。NHK大河ドラマの「伊達政宗」では、たしか西郷輝彦さんが演じていたと記憶しますが、伊達政宗、一の家臣とはいえ、歴女の人気武将になるとはびっくりです。武将的には、伊達成実の方がかっこいい気がしますが(私見・・・)。どちらかと言うと一門武将よりは、忠臣のほうが、”はやり”という事なのでしょう。

 ところで、片倉小十郎よりは明らかにメジャーで、イメージ的にもかっこよく、そして最後は意地を貫いた武将と言えば、「真田幸村」の名前が挙がると思います。当然、歴女にも人気であることは想像に硬くありません。そして、昨日のNHK歴史秘話ヒストリアで、「ザ・ラスト戦国ヒーロー~伝説に秘められた誇り~」として、この真田幸村が取り上げられていました。

 マニア的には、真田幸村という名前は誤りで、「真田信繁」というのが正しいわけですが、このNHKの番組は、当然そのことを知りながら(だと思いますが)、あまりこだわりなく、名が通っている「幸村」で通していました。この「信繁」という名前は、おそらく、武田信玄の弟、「武田信繁」からつけられたのではないかと想像するわけですが、歴女の方、ぜひこの武田信繁にもご注目ください。なかなかにすばらしい人物です。うむむ、また一門武将だから、はやらないか・・・。

 私は、武田家の家督争いの中で、武田信繁が信玄に殺されずに、重臣として武田家を支えたことは、「戦国七不思議」の一つだと考えています。ちなみに七不思議のその他六不思議は、全く考えていませんが・・・。信玄の父、武田信虎は、武田家の家督を、長男の信玄ではなく、弟の信繁にと考えていたらしく、それが父、信虎追放の原因の一つであったと考えられるわけですが、そうだとすると、信繁はみすみす当主の座を逃したことになります。信繁を取り巻く家臣団もさぞがっかりしたに違いありません。当然のことながら、当の信繁やその家臣団に、それなりの色気があり、不満を抱えていたとしたら、親兄弟、殺しあっても当たり前の戦国時代、家督争いや、暗殺沙汰が当然起きたに違いありません。そう考えると、信玄が信繁を殺さなかったのが非常に不思議なわけですが、おそらく、信繁が相当にできた”弟”であり、そのあたりの雰囲気を敏感に感じとり行動し、乗り切っていったに違いありません。

 そして、武田信繁の最後は、かの「第四回川中島の合戦」。おそらく、武田信玄にとって、この信繁の戦死は相当につらく、武田家にとって相当なダメージだったに違いありません。信玄の身代わりになって死んだと言ってもいいようなこの信繁の死はなんともいえませんね。歴女の皆様、もっともっと武田信繁に注目してください!!。

 ところで、本題の?真田幸村の話ですが、NHK歴史秘話ヒストリアによれば、大阪夏の陣で最後を迎える前日、自分の子供たちを、敵将である伊達政宗の家臣「片倉小十郎」に預けたというのですね。ついでに、この小十郎に預けた幸村の娘を、小十郎が正室(後室)に迎えたというのです。ということで、真田幸村を冒頭の歴女注目の片倉小十郎につなげてみました・・・と言いたいところですが・・・。

 そんな、真田幸村と片倉小十郎の関係を全く知らなかった私は、なんとなくおかしいなあ??とテレビを見ながら感じていました。真田幸村の娘を片倉小十郎の正室??にするには、年齢的にどうか?、小十郎はそろそろ死ぬんじゃなかったか?と感じたわけです。

 そんな疑問を感じたため、いつもどおり手っ取り早くWikipediaで調べたわけですが、私のかすかな記憶の通り、「片倉小十郎」は病床に臥して大阪の陣には参戦しておらず、夏の陣の翌年には死んでいるんですね。で、調べた結果、幸村の子供たちを預かったのは、小十郎の息子の「片倉重長」であり、冒頭歴女に人気の片倉小十郎ではなかったわけです。
 Wikipediaによれば、「「小十郎」は代々の当主が踏襲して名乗るようになった」とのことで、NHKの番組の中で重長のことを「片倉小十郎」としてしまったようですが、全くの説明不足としか言いようがありません。当然「片倉小十郎」といえば、片倉家初代の、歴女に人気の「片倉小十郎景綱」と考えるのが普通ですから、NHKの凡ミス?(本気で知らなかったのかも・・・)でしょう。マニアはそういうところを見ているのですから、NHKの気の緩み方が気に入りませんね。
 
 と言うことで、全く持って取り留めのない話に終始してみました。まもなく、新しい「信長の野望」が発売されるとのこと、改めて、ゲームを通して、歴史を勉強しようと考えている私、彰の介でございます。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「自然・科学」ブログランキングにも清きクリックを!
 ↑↑クリック! 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/08/20

塞翁が馬の選挙戦

 選挙戦が始まり、日本中選挙一色(覚せい剤と二色??)の今日この頃です。
 しかし、よく考えてみれば、4年前には自民党の歴史に残る大勝利であったにもかかわらず、この選挙は敗色濃厚と言われていますね。勝ちすぎることが良いとは限らないと言うことでしょうか。

 今回、政権交代し、自民党が野に下れば、細川連立内閣以来ということになりましょうか。あの時はあの時で熱狂したような気もしますが、実際政権についてみれば、あれよあれよと言う間にボロが見え始め、実績もないまま終了した感じでした。あれは、日本の歴史にとって、大変痛い出来事だったかもしれません。やっぱり自民党でないとダメか??という雰囲気となり、自民党も巧みな連衡策で政権に立ち戻りました。あれから15年以上がたつのですね・・・。

 自民党にとって今回の総選挙は、大勝利の後、大敗(あくまで予想ですが)かもしれませんが、しかし、順番からいくと次の次はまた勝利かもしれません。民主党を中心とする与党が、全く実行力を持たないか、しょうもない政策ばかり実行したとすれば、次の参議院選挙で、自民大勝の可能性もあり、再び日本はねじれの時代を迎える可能性があります。つまり、民主党にとっては、今回の選挙で大勝することが大事なのではなく、政権をとったその時から、いかにまともな政治をするかどうかが問題であることは言うまでもないわけです。

 自民党にとっても大敗によって(あくまで予想ですが)人身が一掃され、今よりは、かなりまともな政党に脱皮できるかもしれません。そのあたり歴史はまさに「塞翁が馬」です。
 
 私の指摘したように、民主党が先の先まで読んでいたとすれば、野党時代から、いい加減な反対のための反対はできません。今回政権をもち、マニュフェストについつい書いてしまった反対党時代の政策を、結局実行できないとか、実行して大失敗するとかすれば、大やけどを負うことになるでしょう。今回が大勝であれば大勝であるほど、やけどは大きくなりそうです。
 
 私の思いは、民主党政権(あくまで予想ですが)があまりにも早く、細川連立政権のように退陣となりませんようにという切なる願いです。それは、日本にとって、またしても政治的停滞をうみ、不幸の歴史になるに違いないのですから・・・。
 でも、はとぽっぽでは厳しいか・・・。ポッポ、ポッポ・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/11

地震発生!

 私は現在静岡県某所に住んでいますが、ご存知のように、本日朝5時ごろ地震が発生し、大変な揺れで目を覚まし、飛び起きました。私自身全く被害はありませんでしたが、怪我をされた方も多数おられるとのこと、お見舞い申し上げます。
 我が家の場合、大きな物が落ちたり、本棚が倒れたりするような、大きな被害はほとんどありませんでしたが、よくよく地震後の部屋を見てみると、テレビをのせていたテレビ台が、テレビごと10cmくらい動いていたり(幸いテレビは倒れませんでした)、小物がいくつか倒れていたり、ケロロ軍曹の置物が倒れていたりしていました。

 正直、人生四捨五入すれば40年、部屋の小物が倒れるほどの、身の危険を感じるほどの地震は今回が初めてです。ちなみにこの地震発生当時、外はものすごい豪雨と落雷で、その恐怖が倍増されました。
 
 すぐさま、テレビをつけて情報を収集しましたが、やはり東海地震との関連が一番気になりました。規模的には東海地震にははるかに及ばないようですが、となると、本物の東海地震がおきたときは、一体全体どうなることやら・・・、考えただけでもぞっとします。

 私の場合、いろいろ言われながら結局のところ、自然災害用の準備は皆無でした。いかに日ごろ、他地方で起きている地震を他人事と考えていたかがよくわかりました。さすがに今回は肝を冷やしたこともあり、遅ればせながらいざというときの準備しなくてはならないと考えた次第です。
 また、大地震発生時、今日のように天候が豪雨だったら、火災の危険は少ないかもしれませんが、ものすごいパニック状態になることが予想されます。地震と天候と発生時間は、基本的に無関係ですから、最悪の状況の組み合わせも想定しないといけないと感じます。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/08/06

原爆の日 オバマジョリティー 

 本日は64回目の、原爆の日です。
 本日は少し時間があったため、朝8時10分頃から式典の中継を見はじめ、8時15分から一分間の黙祷をし、秋葉市長の平和宣言、小学生2人による平和への誓いを聞きました。

 ノリピー失踪を相当に心配し、8時からのテレビのワイドショーに釘付けの妻に、「NHKに変えてほしいんだけど、原爆の日だから・・」と言ってみると「そうね」と言って、すぐにチャンネルを変えてくれたことは、正直、うれしかったですね。それで、夫婦そろって黙祷しました。2年前の原爆の日にも短いエントリーをしたのですが(原爆の日)、象徴としての「原爆の日」も、各テレビですべて中継し、国民を上げて黙祷すべきだと考えますが、どうでしょうか。

 昨今、日本にも北朝鮮の影響もあり、核武装論が強くなってきました。何の不安もない状況であればともかく、実際核爆弾が飛んでくるかもしれないとなれば、核保有論もありか・・・と考えなくもなかった私ですが、本日の原爆の日に黙祷し、改めて考えを元に戻し、核武装論などありえないという結論に至りました。核廃絶を世界で最も訴えるべき日本が核武装するということは、世界中の核拡散を認めることに他なりません。

 「Obamajority (オバマジョリティー)」、秋葉市長の平和宣言に出てきた言葉です。アメリカのオバマ大統領の、「核兵器を使った唯一の国として、核兵器のない世界の実現のために努力をする道義的責任がある」という内容の発言を支持し、我々は核廃絶のための活動をする責任があるとしています。この点を強調するため、世界の多数派である我々自身を「オバマジョリティー」と呼び、2020年までの核廃絶の実現を世界に訴えるというのです。オバマ大統領が、真の核廃絶論者であるかどうかは、不透明な部分がありますが、こうして、核大国アメリカの大統領を、核廃絶を願う多数派(Majority)の中に引き込むことこそ、核廃絶の活動そのものということになりましょうか。

 私は、私自身が、日本人として、オバマジョリティーの一員でありたい、一員でなければならないと考えました。心強いのは、それが多数派(Majority)であることであり、少数派(Minority)ではないということです。少数派たる核武装論者の方々は、N-Armainority (N(核)-アーマイノリティー、つづりは微妙ですが)とでも名づけましょうか。日本での、N-アーマイノリティーの方々は、非常に声が大きく、とてもMinorityとは感じないわけで、私も核武装論を考えなくもなかったことは上記の通りです。しかし、世界で唯一の被爆国である日本人の我々が、核のない世界を自ら放棄するという考え方には、やはり賛同できません。北の核武装にも文句が言えません。
 
 無論、オバマジョリティー、N-アーマイノリティー、ともに現実と理想のはざまで、それぞれに矛盾を抱えていることは事実だと思われます。そこに、真の答えを持つほど、私は考えがまとまっていません。しかし、総論は、オバマジョリティーです。1945年8月6日、原爆で亡くなった方々の願いは、核のない世界であると信じています。

 (原爆関連の広島長崎を南京にするな!もぜひ参照ください。)

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/08/01

録画三昧の日々

 先日、薄型テレビを購入し、アナログ時代に終止符を打った我が家ですが(大型薄型テレビ購入顛末)、この新しいテレビには録画機能がついており、現在録画三昧の日々になっております。と言っても、ほとんど妻が占拠しておりますが・・・。

 今更の話ですが、デジタル世界のテレビ録画はいいものですね。何しろ画質がよすぎます。ビデオテープ時代はとっくに終わっており、こんな話を出すのも恥ずかしいですが、巻き戻しとか、頭だしとか全く不要で、ありがたい限りです(本当に今更の話で申し訳ありません)。そしてなんといってもうれしいのが、さっと、CMをとばせることでしょうか。あれは便利すぎて涙がちょちょ切れます。

 以前、CMとばして山場見られずという記事を書いたのですが、この苦痛が消えました。リモコンに30秒とばすというボタンがあり、これを使えば、あっという間にCMをとばして山場を見ることができます。あまりにも便利すぎて、録画していない、正規の番組を見ているときでも、ついついCMが入るとこの30秒飛ばしボタンを押してしまうくらいです。何しろ画質に差がないので、録画を見ているのか、正規の番組を見ているのかよくわかりませんから・・・。

 また、日曜の朝7時に番組が移動してしまった「ヤッターマン」を見るのも、早起きする必要がなくなりました。余裕で10時ごろ起き出して、録画を見ればいいのですから感激です。よーく番組表を見てみると、朝早い時間に子供向け番組が集中しているような気がしますが、これは録画を前提にした配置なんでしょうか。これも、とっくにデジタル化されたご家庭では、当たり前のことなんでしょうけど、浦島系の私にとっては何もかもが新鮮です。

 ということで、何度も言いますが、今更のお話申し訳ありませんでした。新型のテレビのCMもとばしていますので、自分で自分の首を絞めている電機メーカーの方々が、本当にお気の毒です。CMとばし、やめませんけど・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »