« 無駄論的「しかみ像」 | トップページ | ゆとり教育を思う »

2010/03/25

開眼供養

 先日、我が「彰の介家」のお墓が一部新しくなり、開眼供養が行われました。なにぶん、お墓のことですので、厳かに?しめやかに?法要自体は進んだのですが、そこはそれ、屁理屈屋の私彰の介です。いろいろと屁理屈ネタが浮かんできました。

 お墓・・・、そこには先祖の霊が眠っています。最近世間の一部の霊が、「墓にはいない、になっている!」と主張していますが(笑)、私の先祖に限って言えば、たぶんめんどくさがってお墓にとどまっていると思われます。そういう家系です。
 
 ただ、霊が眠っている・・・とは言っても、昨今では、霊がいるとかいないとかいうテレビ番組が、根拠がないと批判される時代です。したがって、墓はただの石であり、先祖の霊などいるわけがないと思わなければならない時代になったようですが、まあ、なかなか、若年寄の私にはそう割り切ることはできませんね。したがって、お墓をいじるということになれば、精を抜いたりいれたりという面倒でお金のかかる法要をしないわけにはいかないわけです。

 ただ、霊なんていないと割り切れない私ですが、割り切れないだけに、精を抜いたり入れたり?という作業は、ちゃんとした「霊能者」にやっていただきたかったですね(笑)。それが茶番であろうとなかろうと、それらしくていいじゃないですか(笑)。突然霊能者におばあちゃんが取り憑いて「彰の介や~、元気か~」なんてしゃべり出したら、こんなうれしいことはありません(笑)。
 
 しかし、当然その行為をしたのは、霊能力なんて、全く持っているわけがない、近所の生臭坊主なわけです。やったことと言えば、お墓の前で、お経を読んだだけ。全く、霊っぽい作業はありませんでした。そもそも、お経というものは、霊が飛んできてお墓に宿るという呪文ではありません。それは仏教の教えを説いたものに違いないわけですが(お経に対する疑問に関し、過去にこんな記事を書いています(お経と君が代))、お墓に精を入れることと、仏教の教えを読み上げることは、はっきり言って全く関係ないものだと感じますが、皆さんそう思いませんか?。はっきり言って、お経は意味がわからないので、呪文様に聞こえるわけです。したがって、いかにも霊能的な作業をしているように見せかけるのにはもってこいなのでしょう。

 まあ、もちろん上記は半分冗談なわけですが、霊?というものを本気で考えれば考えるほど、供養という名の儀式は実に根拠がありませんし、霊というものを非科学の世界と考えれば考えるほど、人間というものの存在意義がどんどん希薄化されてしまうような気もします。ままごとの延長だとわかってはいても、そこは、厳かに?しめやかに?儀式をするのが、人間という生き物なのだと感じます。中庸を装い、両極の考えを冷めた目で見ている、この私が一番「ばちあたり」の様な気もしてきましたが・・・・。ご先祖様お許しを・・・。南無阿弥陀仏・・・。

 ということで、南無阿弥陀仏と唱えれば、誰もが極楽浄土にいけると教えられている、某宗派の彰の介でした。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

|

« 無駄論的「しかみ像」 | トップページ | ゆとり教育を思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/47907993

この記事へのトラックバック一覧です: 開眼供養:

» 南無阿弥陀仏について [ナグの日記]
 今年は数少ない記事をアップ(すいません失礼な書き方です)される『彰の介の証言』さん 3月に入り3本目(決して批判しているのではなく大ファンです=言い訳w)の「開眼供養」(3月25日)に触発されて、今年も法事があったので、20分も一緒にお経を唱えさせてく... [続きを読む]

受信: 2010/03/26 14:29

« 無駄論的「しかみ像」 | トップページ | ゆとり教育を思う »