« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/15

総論各論マジック

 「総論賛成、各論反対」という言葉が、一時期政界を揶揄する言葉としてはやりました。「自分はイヤだけど他人なら、地元はダメだけど他の地域なら(改革してもいい)」という言葉に置き換えてもいいかもしれません。改革は必要だからやらなければならないが(総論)、自分だけは痛みを被りたくないわけですね(各論)。
 
 そんな言葉の使い方とはちょっと意味が違うのですが、最近、問題部分を覆い隠しながら評論を行うというテクニックとして、「総論」と「各論」を巧妙に使い分ける方法があることに気がつきました。私は過去の記事で、評論や批判、或いは議論の中で相手を批判するテクニックについての問題点を何度となく書いてきました。相手を批判するときに、もっともよく使われる(しかし批判になっていない)テクニックとして、駐禁症候群という言葉を造ったわけですが(派閥論と駐禁症候群批判テクニックを論破する等々もう3回も4回も記事にしていました・・・)、もう一つの手法として、「総論を隠して各論で批判する」或いは「各論で総論を批判する」という(真の批判にはなっていない?)テクニックを発見したわけです。

 何を言い出したかといえば、いい加減な評論家と呼ばれる人が、いい加減な評論を行っている今日この頃ですが、その「いい加減さや違和感を感じる原因がこの手法のせいだったのか!」ということに気付いたということです。ちなみに、「彰の介、おまえの評論?は大丈夫か、理屈に合っているのか?」という疑問は持ってはいけません。私の記事は、屁理屈ですから、理屈に合っているわけありません・・・。

 たとえば、ずいぶん前にこんな記事を書いています(それらしい報道2)。要約しますと、中学生時代の私が、当時まだ行われていなかった「臓器移植」に関し、当時の報道の論調をそのまま受け取って、

欧米からの20年の遅れを早く取り戻してほしい(早く臓器移植ができるようにしてほしい)

と夏休みの宿題に感想を書いていました。ところが、10年以上たって、いざ臓器移植を実施しようという段になって、報道のあちこちで、脳死についての批判的な論評が出てきたわけです。私は素直に、「今更批判か?、批判するなら10年前からすべきではなかったのか?」と思ったものです。そして、この批判の多くが、実は「総論を隠して各論で批判する」テクニックを使った、批判のための批判だった(と私が思っている)わけです。

 臓器移植の本質論、すなわち総論は、「今までの心臓死に加えて、脳死という概念を認め、臓器移植で助かる命を助けていこう」ということだと私は理解しています。したがって、心臓死よりも、死が拡大解釈されますから、そこに問題点がないわけではありません。
 例えば、運用上の「ちゃんと脳死判定はできるのか」とか、「医師が功名心から脳死判定しないのか」といった問題があります。とある報道番組では、脳の視床下部の何とかという場所が生きていたとしても(中身忘れました)、脳死判定に引っかかることはないから問題だという、実に細かい専門的な事象を持ち込んで、問題点を指摘していました。

 しかし、これらの問題点というのは、あくまで「各論」であるということを意識していなければなりません。私が感じている、これらの問題点を指摘する報道への違和感は、「総論」に賛成なのか、反対なのか、が全くわからないことにあります。
 普通、これらの報道をさらっと聞き流すと、当然、脳死判定、臓器移植の実際に問題を投げかけているわけですから、「総論反対」ととるのがごく自然です。すなわち、「脳死判定は正確にできないから、脳死による臓器移植をするべきでない」と聞こえるわけです。しかし、実際には、総論反対、すなわち、「臓器移植でしか助からない命は、残念ながら死ぬしかない」ということを強く信念として思いながら、問題点を指摘しているとも思えないわけです。当然ながら報道の中でその種の発言がされないのはいうまでもありません。総論賛成の上で、運用の注意喚起を行っているのか(臓器移植賛成の立場での批判)、そもそも総論に反対なのか(臓器移植反対の立場での批判)、これが私の長年感じていた違和感だったというわけです。

 実際はどちらかといえば、おそらく、総論はどこかに行ってしまって、或いは総論の議論はどこかに隠してしまって、「とりあえず批判」というのが実情だと思います。評論家や報道番組というのは、その場その場で批判的立場に立つと格好いいものです(笑)。臓器移植が行われていない時代には、「なぜ早くやらないのか」といった方が、そして臓器移植が現実になってくると「このまま施行して本当にいいのか」といった方が、評論家らしく報道番組らしいわけです。そのためには、総論の議論はちょっと横に隠しておいて(たぶん無意識のうちに)、細かい各論の話を持ち出すのが最も効率的に批評活動ができる方法ということになります。正直、総論的な立場をはっきり表明した上で、各論批判をする評論家を、ほとんど見たことがありません。これが一評論家ではなく、それこそ報道番組であれば、よりその立場ははっきりしないのは当然でしょう。

 このあたり、いい加減な評論家の総論無視はどうでもいいのですが、報道番組などでは両論を立てなければならないという点で私の批判は当てはまらない場合もあるかもしれません。まあ、しかし、報道番組が、総論各論的な考え方を持ち、上記のような問題点を抱えている・・・という認識をもっているとはとても考えられませんが・・。

 ということで、次回は続き、「各論で総論を批判する」について書きなぐってみたいと思います。予定は未定、あしからず。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/08

田舎者の賛歌

 私は現在住んでいる静岡県某所から、ちょくちょく実家の岐阜まで帰るため、新幹線をよく利用しています(エクスプレス予約で自由席)。この引用記事にも書いたのですが、残念ながら静岡県の新幹線の駅に、のぞみ号が止まることはありません。なかなか、ひかり号の時間にうまく合わないことも多いため、実際のところ、各駅停車の「こだま」に乗ることが非常に多いのが現状です。

 しかし、こだま号は本当に”ちんたら運転”でイヤになることがあります。名古屋まで「ひかり」と「こだま」では、30分近く違います。これだけ違うと、東京から名古屋まで「のぞみ」に乗るのとほとんど変わりません。さらに、最近使われているN700系の速いのだと、東京-名古屋間の方が速いくらいです。こうなると、「のぞみをとめろ!!」とついつい田舎根性丸出しで叫びたくなると言うものです。しかも、前述の新型N700系に乗ってみたいと思っても、この車両でこだまやひかりの運転はしていませんから、余計に悔しい思いにさいなまれるわけです。

 というか、先日東京出張があり、その足で実家に帰る必要があり、念願の、念願のN700系の、のぞみに乗ってしまったわけです。私はお金持ちなので(汗)、グリーン車に乗り込みましたが(実はポイントを使っただけ・・・)、久しく駅に止まらないという体験をしていませんでしたので、まあその快適さに喜びがわき上がってきました。座席それぞれにコンセントがあるという情報を入手していましたので、意味もなくパソコンを取り出し、電源をつなぎ、仕事をしているふりをしながらゲームをやってしまいました。はっきり言って、揺れがあるので、コンピューターの使い心地は決していいものではありませんでしたが、まあ、そこは自己満足の世界です。東京名古屋間を、寝ないで通せたのは、初めてだったのかもしれません。

 ということで、田舎根性丸出しで考えることといえば、正直上記のような感想を、「東京」「横浜」「名古屋」「大阪」等に住んでいる人は、全く持たないだろうなあと思うことです。ちなみに、私の場合は、名古屋駅を利用しますので、何かあったときにのぞみを使うことがあるわけですが、単身赴任で「小田原」に住んでいる人が、実家の「豊橋」に帰るということになれば、ほぼ、こだましか利用できません。そんなことを考えると、都会に住む人はその便利さが当たり前で、そこに何の疑いも持たないどころか、より快適になっていくことも自然に享受できるわけですが、田舎ものは、相対的により不便になり、より田舎根性が増していってしまうという悪循環の構図が垣間見えるわけです。これも「地域格差」?と言うのでしょうかね。

 「こだま号しか止まらない?だと!!、おいおい、俺の地方は、新幹線が通ってないんだよ!!、贅沢なことをいうな!!」・・・、と心の中で叫んだ、あるいは実際に口に出して叫ばれたあなた、おっしゃることはよーくわかります。しかし、残念ながら、五十歩百歩の田舎根性であることは変わりません。同類です。同類ですから、仲良くしましょう。その延長線上の発想で、我が町にも新幹線をとか、高速道路をとかいう話になっていくのでしょうが、要するに、便利が当たり前の都会人に理解などできない話です。ちなみに、我が町に・・・の発想も、私自身は正しいとは思いません。細かい私の考えは述べませんが、都会がよければ、田舎を捨てて、都会に住めばいいだけの話です。

 田舎根性のような、やっかみ系のネタが大好きな私ですが(東京ローカル台風の目と東京ローカル)、田舎が捨てられず、もちろん故郷を捨てられず、そして、いつまでも今まで通りの故郷であってほしいと思うからこそ、やっかんで、ガス抜きして、心を落ち着けるわけです。田舎根性は捨てられませんし、捨てる気もありません。田舎を都会化して平均化してしまうより、田舎ブランドを前面に出して優越感に浸るのが(実際にはやっかんでいる・・・)、私の本能のようですから・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010/04/01

ゆとり教育を思う

 世間ではエイプリルフールということで、嘘記事が氾濫していますが(ウソ)、私彰の介は、生涯まじめ人間です。本日も、当然ながらまじめネタです。

 4月となり、新年度となりましたが、評判の悪かった「ゆとり教育」もついに転換するとのことですね。今となっては、このゆとり教育は各方面からボコボコに批判を受けていますが、私は総論としてこのゆとり教育に反対ではありませんでした(無駄論論者)。しかし、このゆとり教育によって、文科省が思い描いていた理想の世界へは、残念ながら進めなかったようです。

 ただし、このゆとり教育の批判にも、問題があるように思います。
 
 まず、そもそも、ゆとり教育導入時、ほとんどこの制度を批判する声を聞かなかったことです。私が唯一この制度導入の批判を聞いたのは、ニュースの中でキャスターの木村太郎氏が

「子供は一時期詰め込み教育をしなければダメ!」

と言った言葉だけだったようにも思います。もちろん、その他にも批判されていた方はいたのでしょうが、その木村氏のコメントも冷ややかに受け流されていた記憶がありますから、世の流れがゆとりに向かっていたのは間違いないと思われるわけです。つまり、昨今のゆとり批判というのは、所詮「結果論的批判」であって(結果論的評論家による結果論的解説)、当初から予想された問題ではなかったわけです。むしろ、木村氏の言う、「詰め込み教育」や「受験戦争」が散々批判されており、詰め込みからの脱却の方がいいこととして認識されていたと感じます。

 さらに、このゆとり教育の批判の最大の理由が、OECD生徒の学習到達度調査(PISAと言うらしい)の結果が、どんどん他国に抜かれていったことにあるのも、屁理屈屋の私から言うと問題があると思うのです。
 
 そもそも、ゆとり教育は、詰め込みからの脱却を狙ったもので、いわゆる学力以外のものを得てほしいという考えから生まれたものと私は理解しています。Wikipediaをみると、それを「生きる力」と文科省は定義していたようです。
 
 となると、このゆとり教育の評価というのは、「学力+生きる力」でなければなりません。しかし、当然ながらPISAのようないわゆるテストでは学力しか測ることはできないのは言うまでもありません。この生きる力をテストで測ることはもちろんできないというか、おそらく、評価不能でしょう。したがって、国際的な学習到達度調査で学力が下がったとしても、生きる力を含めて、人間力がアップされていたとしたら、全く国として卑下する必要はないと思うわけです。日本は学力一辺倒ではなく、生きる力を養っていると堂々と諸外国にも、日本国内へも言えばいいだけのことです。

 したがって、ゆとり教育により、学力がOECDの上位ではなくなったということはできますが、ゆとり教育が間違っていたかどうかは、PISAでは測ることはできないわけです。ゆとり教育以前には、「日本では、テストのできる子しか評価されない」と批判されていたわけですが、結局のところ、今になって、国レベルで「テストのできる子をつくらなければ全く政策的に評価されない」というのも不思議なものです。

 ただ、こう書いてくると、私が「ゆとり教育擁護派」と思われてしまいますが、上記は、批判の批判であって、制度の肯定ではありません(いいわけ)。当然ながら、ゆとり教育に疑問を多々感じているわけです。
 
 最大の問題点は、文科省の認識の中に、「生きる力を養う」という概念も、信念も、情熱も、おそらく全くなかったことではないでしょうか。学力だけを養うためには、詰め込めばいいわけで、政策としては簡単かもしれませんが、この生きる力を養うためには国としての信念と情熱がなければできないでしょう。結局、評価不能であるため、一番サボっていたのが文科省であり、サボっていたことがわかっているからこそ、PISAのような客観的なデータに対抗する気概も無いのでしょう。このゆとり教育の中で、生きる力は全く養われなかった可能性もあるわけで(私は全く養われなかったと感じている・・・)、だとすれば、ゆとり教育は間違っており、学力低下を招いただけと言わざるを得ないわけです。

 ゆとり教育の真の答えが出るのは何年も先のことかもしれませんが、ここで舵を切り直した以上、しばらく詰め込みで国際的な学力の順位が上がるかどうかを見るしかありませんね。私は、テストに特化した人間にあまり魅力を感じないため、総論として「ゆとり教育」には賛成だったわけですが、残念ながら私の考えも甘かったと言わざるを得ません。そんなことを考えていたら、(以前にも他の記事で書いたのですが)次の父の言葉を思い出しました。部活をやっているため、勉強ができないと言い訳する私に対して、

何かをやっているから勉強ができないというやつは、それをやめても勉強ができない!できるやつはなにをやっていてもできる!

と言われたのですが、もちろん能力絶対主義が言いたかったわけではないでしょう。ゆとりを与えれば、何かができるという考え自体が甘いという、まさにゆとり教育批判だったのかもしれませんが(笑)、間違いなく事実だと感じる言葉で、その後の私の人生に大きな影響を与えました(大げさか・・)。人間常にサボる方向に生きていますから、ゆとりが与えられて、じゃあ生きる力を養おうと思うかと言われれば、ただサボるだけと言うことになるのでしょう。文科省には信念と情熱が必要と言ったのは、まさにこのことです。ゆとりを作りましたよだけでは、学力が低下するだけです。
 
 そう考えると、やっぱり教育とは「苦痛と忍耐・・・・・」なのでしょうか。何か、別の方法や道があるようにも思うのですが、もちろん私は、その答えを持ち合わせるわけがありませんが・・・・。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »