« ババ論と普天間問題 | トップページ | 外来種の侵略 »

2010/05/27

「ゲゲゲの女房」人気上昇中

 このところ、朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が好調のようです。何言わん、私も楽しく見させていただいております。
 
 同じNHKの大河ドラマ「龍馬伝」も、毎週欠かさず見ておりますが、こちらの映像は相当にこだわっていますね。なんと言っても「汚い」。某財閥の創始者が汚すぎるとネットネタにもなっておりましたが、あそこまで汚いというか、おそらく当時はあんなものだったのだろうということを再現したことに、私的には感動しています。そういった映像を比べると、毎日15分という朝ドラは、ちょっと適当ですね。お金がなくて苦しい生活を送っている感じや、水木しげるが戦争に行ってつらい思いをしたという感じが、今ひとつ伝わってこないのは残念ですが、なんと言っても、主人公の「女房」が最高です。

 「女房」役の松下奈緒さんがすてきなのはともかく、まさに男尊女卑時代の日本の嫁の典型??みたいな現代劇(戦直後)を見るのは、久しぶりのような気がします。あまりにも「けなげ」で、私はそこに惚れ込んでしまいましたが、フェミニスト系の方から苦情はこないんでしょうか?。夫の行動に、時にプンとすねますが、全く怒った感じも伝わってこず、また「けなげに」尽くす感じが何とも言えませんね。題材が鬼太郎という大変身近な存在であり、完全な作り話でないという安心感もまた見たいという気持ちにさせてくれるのかもしれません。

 ところで、最近の朝ドラは、以前と比べて視聴率が落ちているようです。民放の人気俳優を並べたドラマですらなかなかヒットしないようですから、朝ドラの10%だ、15%だとかいう数字は十分健闘していると思うのですが、マスコミは何かとたたくのがお好きなようで、視聴率が下がった下がったと騒ぐことが多いように思います。
 
 ちなみに、今回の「ゲゲゲの女房」も初回放送後こんな記事がネットでも出ていました(NHK「ゲゲゲの女房」 初回視聴率は朝ドラ史上最低の14.8%)。抜粋しますと、

NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の初回の平均視聴率が、関東地区で14.8%、関西地区で10.1%だった。いずれも集計を始めた昭和39年以来、初回放送分としては最低だった。

 最低だ最低だと言うことにどんな意味があるのかわかりませんが、徐々に人気が出て、好評を呈している現在の状態をどう考えているのでしょうかね。そういえば、今回の朝ドラから、放送時間がかわり8:00からになっていますが、当初これも「全く効果無し」と批判されていたように思います。無論、効果があったかなかったかわかりませんが、批判をするということは実に簡単で、本質を見ていないと言うことがよくわかりますね。
 ちなみに私が書いているこの記事も、人気が出た後で、過去の批判を批判しているので、実に簡単です(笑)。ネタを提供していただいた、最初の視聴率低下記事を書いた方に感謝いたします。

 ということで、引き続き「ゲゲゲの女房」を楽しく見ようと考えている私彰の介でございます。今後の朝ドラが、批判通り、視聴率の低下から廃止の方向になるかどうかは、まさにおもしろいか、おもしろくないか、その点にかかっているとしか言いようがありませんね。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

|

« ババ論と普天間問題 | トップページ | 外来種の侵略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/48473858

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」人気上昇中:

« ババ論と普天間問題 | トップページ | 外来種の侵略 »