« マニュアル人間な世の中 | トップページ | 続「小沢アレルギー」とその後・・ »

2010/08/26

「彰の介の大予言」と「小沢アレルギー」

 ブログを書いていると、過去に書いた記事をついつい忘れてしまうことがあります。自分にとって印象がある記事や、反響のあった記事は別ですが、そうでないと埋もれてしまうわけです。

 実は、そんな感じでまさに埋もれようとしていた記事を、たまたま読み返してみて、ノストラダムスもびっくりの大予言がされ、現実になっていた(笑)ことに気付き、ここに再掲したいと考えてみたわけです。さらに、本日、民主党の小沢氏が、次期代表選へ出るようなので、これについても意見を書いてみようと考えました。

 そんな埋もれ書けていた記事が、ちょうど一年ほど前に書いた「塞翁が馬の選挙戦」という記事で、ぜひ一読してみてください。平成21年8月20日の記事ですが、8月30日には、衆議院選挙が予定されていました。郵政選挙で大勝した自民党ですが、この記事を書いた直後の衆議院選では、大敗が予想され、政権交代かと騒がれていたわけです。そんな勝った、負けたを塞翁が馬と表題したわけですが、ついでに、その後の(本年平成22年の参議院選挙)まで書いていたことを全く忘れてしまっていました。抜粋しますと、

自民党にとって今回の総選挙は、大勝利後の、大敗(あくまで予想ですが)かもしれませんが、しかし、順番からいくと次の次はまた勝利かもしれません。民主党を中心とする与党が、全く実行力を持たないか、しょうもない政策ばかり実行したとすれば、次の参議院選挙で、自民大勝の可能性もあり、再び日本はねじれの時代を迎える可能性があります。

 もちろん、参議院選挙では、自民党が大勝?といえるものではなく、別にこの記事は大予言をしていたわけでもないのですが、私の憂いが完全に現実になってしまったということに、我ながら愕然としてしまいました。「再びねじれの時代」なんてことを当時書いていたのは、たぶん私だけです。???、たぶん・・・。そんな憂いというか、逆に言うと民主党への注文を次のように書いていました。

民主党にとっては、今回の選挙で大勝することが大事なのではなく、政権をとったその時から、いかにまともな政治をするかどうかが問題であることは言うまでもないわけです。・・・
民主党が先の先まで読んでいたとすれば、野党時代から、いい加減な反対のための反対はできません。今回政権をもち、マニュフェストについつい書いてしまった反対党時代の政策を、結局実行できないとか、実行して大失敗するとかすれば、大やけどを負うことになるでしょう。・・・

 自分で言うのも何ですが、まさにこの通りではありませんか?(笑?笑えない・・・)。私にこんな先見の明があったとは、我ながらびっくりですし、こんな大事なことを書いていたことを忘れてしまっていたことにもびっくりです(記憶力の低下が激しいかも・・・)。政党は、こんなすばらしい見識を持つ私を、三顧の礼を持って招聘すべきでしょうね(大笑)。

 まあ、冗談はともかく、本日小沢氏が民主党代表選に立候補することを宣言したようです。今後の政局について、上記のように、ばっさりと予言してみたいのですが、上記記事があまりにもずばっと当たっているので、今回は曖昧にしておくのが賢明というものでしょうか・・・。

 結局のところ、国民からすると、「管総理」では頼りないという認識が広まりつつある一方、相変わらずの「小沢アレルギー」というのも激しいわけです。私も小沢アレルギーが激しいのですが、それは単にあの人相からだけではありません。今回の参議院選挙で、民主党が負けた理由を「管総理の消費税発言」に求めるところが大きいのですが、実際には、ハトちゃま総理の決断力のなさと、小沢氏の政治と金の問題が大きかったことを忘れてはなりません。それと、私が予言したように、民主党がマニフェストとして掲げ、票集めに使った政策が、実際には問題だらけだったことがこの一年でよくわかったわけですが、それこそが最大の敗因であり、そして、まさにこの政策を掲げたのは、私が思うに小沢氏だと考えているわけです。

 たぶんですが、もし小沢総理誕生となったら、すぐさま過去の「政治と金」の問題が引きずり出されるに違いありません。もしかすると、過去の・・どころか、新たな金がらみの問題が出てくるかもしれません。はっきり言って、政治どころではなくなるのではないでしょうか。もう一つは、政策実行についてですが、これからは小沢氏好みの「甘い誘惑政策」では、日本がつぶれてしまいます。つぶれるか、実行不能か、二者択一ですが、小沢氏から、国民に負担を求める政策は、決して出てこないでしょう。それが、選挙に強いという本当の意味です。私の小沢アレルギーはこのあたりにあたって、政権を持って長続きするような気がしないわけです。

 管総理続投となったら、小沢氏は党を出るのでしょうか。何となく、今回の代表選は、関ヶ原の戦いの様相を感じさせるため、その後に挙党一致で立ち直れるような気配を全く感じません。正直、分裂した方がいいのではないでしょうか。小沢アレルギーの私のような人のためにも、小沢氏の政策に期待している人のためにも、相容れない集団は、分裂していただいた方が、選択がしやすいというものです。また、混沌とした世界に逆戻りのような気もしますが、急がば回れでしょう。

 私の駄文は私の意見であって、正解でも不正解でもないとは思うのですが、ド素人の意見が現実になる世の中はあまりいいことはないでしょう。政治家の方々にはくれぐれも、ド素人に勝手に好きなことを書かれないような世の中にしてもらいたいものです。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

|

« マニュアル人間な世の中 | トップページ | 続「小沢アレルギー」とその後・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/49261256

この記事へのトラックバック一覧です: 「彰の介の大予言」と「小沢アレルギー」:

« マニュアル人間な世の中 | トップページ | 続「小沢アレルギー」とその後・・ »