« 所詮他人事の日々に反省 | トップページ | 安全の定義は・・ »

2011/03/31

「想定外」と「風評被害」再び

 今回の東北関東大震災に関し、特に福島第一原発の事故で「想定外」という言葉がよく聞かれます。想定外を肯定するための、「未曾有」(みぞうゆうではない)という言葉もよく聞きますが。確かに、過去の津波の教訓をいかし、つくられていたはずの大堤防を、簡単に乗り越え破壊してしまうような大津波が発生したわけですから、「想定外」や「未曾有」があながち間違っているわけでもないかもしれません。
 
 また、原発事故による放射性物質の拡散は、かなりの「風評被害」をうみ、農家に大打撃を与えているようです。福島近辺が危険ということで、物資の流れが滞ってしまっているとも聞きます。

 実は、この「想定外」と「風評被害」という言葉は、2007年に起きた、新潟中越沖地震の時もキーワードになりました。このときは柏崎刈羽原発が「想定外」の地震(M6.8)の揺れに火災などを起こし、微量の放射性物質が海水に流れ、魚が売れないなどの「風評被害」をうみました。今回の地震の規模と、原発の事故の規模が違いますが、背景は同じといえばいいでしょうか。

 といいますか、このときの私の意見を2つの記事にしています(原発の想定外は許されるのか?風評被害?)。2007年7月の記事ですが、前者、すなわち原発事故に対する私の考え方は基本的に当時と変わっていません。基本的に原発事故の言い訳に想定外は許されないはずです。それどころか、むしろ今回の福島第一原発の事故で、私の憂いが現実のものになってしまったと感じ、本当にがっかりというか、心に何かもやもやとしたものを抱えながら生活している自分がいることに気付きます。しかも大変恐ろしいことに、この約4年前のこの記事の最後に、とんでもないことを私が書いていたことにびっくりしてしまいました。

ふと感じた素人的疑問ですが、海岸線に存在する原発の津波対策というのは万全なのでしょうか。決して大津波が襲ってこない場所に建設されているのでしょうか。それとも原発周囲には、何十メートルもの高さの防波堤が建設されていましたっけ?。何かあったときに、想定外の津波が発生しましたなんてことは、ありえないのでしょうね????。

 こんな文章を書いたことはとっくに忘れており、本日読み返してみて血の気がひきました。当時の私が、どうして津波のことを心配していたのか全く覚えていませんが、スマトラ沖地震のことが頭にあったのかもしれませんし、どなたかの受け売りだったかもしれません。私のような素人がこんな大予言をしれいるわけですから、今後の原発対策は根本から変更されるべきであることはいうまでもありません。

 後者の記事、風評被害についても、私の考えは当時と基本的に変わりません。枝野官房長官の発表の内容が曖昧で風評被害を生んでいるという批判がありますが、だとするとどのような言葉で、どのように発表すべきなのか、頭の悪い私には考えられません。風評被害をうまないようにするには、「余計な検査をしない」「事実を正確に発表しない」等の方法しか私には思いつかないからです。
 一方、現在の発表に関して「政府が情報を隠している」という全く矛盾した批判もあるわけで、「正確な情報を発表する」ことと、「風評被害を生まない」ことを両立するのは、矛盾した批判が出ている時点で、不可能ではありませんか。

 おしかりを覚悟で例を挙げれば、 

「犬のうんこが付いていた”ほうれん草”ですが、よく洗ったので、サラダで食べてください」

と言われたとしたら、普通その”ほうれん草”を食べる気はなくなるわけです。しかし、実際、よく洗っているのでうんこの害もにおいもありません。しかし、それをいくら強調されたとしても、普通は食べる気がしないと思います。このほうれん草を気持ちよく食べてもらうためにはどうしたらよいかといえば、最初から、うんこがついていた等と言わないことです。すなわち、真実を隠すことしか方法はないわけです。

 しかし、現在、多くの場所の大気、土壌、水、産物の放射性物質の検出は、しない方がいいとはとても思えません。しかも、それは、「風評被害」を恐れて改ざんされたり、隠されたりすべきでは無いと私は考えます。そして、その危険性についても、真実を国民の前に示すべきであり、実際、政府はそれを行っていると判断します(言葉尻の問題は山ほどありますが、総論として)。

 ということで、再度私からの謎かけですが、「正確な情報を隠さず発表すること」と、「風評被害を起こさないようにすること」を両立する情報公開の方法があればぜひ教えてください。私はかなりの難問だと思いますが。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!
  かなり前からツイッター始めています。よろしければfollowしてください。そんなにつぶやいていませんが。

|

« 所詮他人事の日々に反省 | トップページ | 安全の定義は・・ »

コメント

最悪の事態を想定することは、かなり勇気のいることで、ましてや、一度体験したことの中で最悪と感じたことの、それ以上最悪なことを想定しようとすると、心のどこかでブレーキをかけて、これ以上最悪はあり得ないと、そもそもの想定対象から外してしまう。これがあるからこのような不幸を繰り返す気がします。

投稿: demecchi | 2011/04/02 00:27

demecchi様、コメントありがとうございます。
最悪が想定できないことは確かに大問題です。さらに言えば、想定できないから、「安全」と言うところが、何とも恐ろしいところです。

投稿: 彰の介 | 2011/04/02 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/51266611

この記事へのトラックバック一覧です: 「想定外」と「風評被害」再び:

« 所詮他人事の日々に反省 | トップページ | 安全の定義は・・ »