« 自然とのたわむれ | トップページ | ブログ開設7周年!! »

2011/08/18

節電の夏 日本の夏

 いやいやいや、いけませんね。相当に更新できていませんでしたね。我ながらダメ男全開です。気を取り直して再出発です。・・・、今後更新できるのかなあ・・・・。

 ところで、大震災から、原発の問題で、節電が呼びかけられているはご承知のことと思います。震災直後のような計画停電が行われないで済んでいることは、実際停電を経験したものにとっては喜ばしい限りです。

 この節電というか、電力需要というか、発電そのものというか、このことに関する私の考えははっきりしています。ずばり総論として、節電しろと言われている現状は「いいこと」だと考えています。

 今まで、電力需要が伸び続けるために、その分発電をより大きくしていくという考え方だったと思います。しかし、過去、石油ショックや最近の地球温暖化の話の中で、「省エネ」がいくら叫ばれても、本格的に電力需要を減らそうということにつながったとは到底思えません。

 それが、今回の場合、原発が動かないわけですから、電力の上限が決まってしまいます。これだけしか電力が使えないから、節電しましょう、という話であって、要するに「強制節電」です。そして、やってみれば、意外にできるじゃないの・・・というのが私の感想です。むろん、実際電力の大口顧客がどれだけ苦労していてるのか全くわかりませんし、その点から言えば我々庶民の節電なんてたいしたものではないかもしれません。しかし、今後の未来の生活を考える上で、非常にいいきっかけになっているのではないかと思えてなりません。

 よく評論家なる方々が、この列島総節電状態に対して、産業の低迷という点から警鐘を鳴らしているのを見かけます。まあ、素人の私が言うのも何ですが、そういう意見は短期的なことであって、長期的な視野から語られていることではないような気がします。

 私が考える未来像ですが、原発に関しては、当然新規の開発は不可能でしょう。個人的にも反対です。いきなり全部を止めることも非現実的だとは思いますが、耐用年数を超えたものは、当然順次廃炉にしていくべきです。そうなると発電が数年単位で?ドンドン落ちるわけですが、その分は需要を見越して、自然エネルギーで徐々に置き換えるか、電力をあまり食わないものを使う、つくる、あるいはそういう生活をしていくということでダメでしょうか。

 産業としては、より省エネの製品を作り出していかねばならないわけですが、それは逆に新たな競争であり、新たに産業を育てることになるのではないでしょうか。気付いたら、他国ではまねもできない商品、技術、ライフスタイルの提案ができあがるかもしれません。それが、長期的にみると決して産業をつぶすことになるわけではない(むしろより競争力を持つ)という私の考えなわけです。

 また、こういう書き方をすると、「節電=我慢とか、昔の生活に戻す」といった方向にとらえられるかもしれません。もちろん、私がやっている節電は、確かに昔帰りでしかないかもしれません。”スーパークールビズ”とか(要するに、ほとんど裸の生活・・・パンツ一丁とか・・・恥ずかし・・・)、クーラーじゃなくて扇風機の多用とか・・・、それは、でも暗くてつらいものかというと、私の場合はそうも思いません。

 上記書きましたが、私のようではなくても、新しいライフスタイルの提案がされればそれもいいでしょう。窓辺にニガウリなどのつるというか葉を這わせるいわゆる「緑のカーテン」なんてその代表ではないでしょうか。夏はヒートアイランドにならない田舎へバカンスをするとか(笑)、それこそ、照り返しのないアスファルトの開発とか、ヒートアイランドをおさない街造りとか、頭の悪い私でもいろいろと想像を巡らすことができます。スーパークールビズのススメとか・・・、こりゃダメか。

 それが、結局、電力を使えばいいということになると、冷房ががんがんに入る部屋に入ればいいということになり、何もアイデアを出すことができなくなりませんか?。人間追い詰められなければ結局弱い方に逃げるわけで、何の解決もできません。

 「電力の上限は○○万キロワット」と頭を抑えられれば、人間切羽詰まってアイデアを出さざるをえません。というか、アイデアを出さなければ、それこそスーパークールビズにするしかないわけです。それでも皆さん、よかですか??。もとい、皆さんそれでもええんかね??(私はギフ県人でした。)。

 というわけで、 私が総理大臣になったら、電力上限法案を作って(笑)、国民の皆様を苦しめたいと思います。正直言うと、決して悪い政策とは思っていませんが。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「自然・科学」ブログランキングにも清きクリックを!
 ↑↑クリック!

 かなり前からツイッター始めています。よろしければfollowしてください。そんなにつぶやいていませんが。

|

« 自然とのたわむれ | トップページ | ブログ開設7周年!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/52509112

この記事へのトラックバック一覧です: 節電の夏 日本の夏:

« 自然とのたわむれ | トップページ | ブログ開設7周年!! »