« 竹生島の神様は・・ | トップページ | 命めぐる水辺 針江生水の郷(1) »

2011/10/13

川魚文化と「モロコ」の話

 琵琶湖一周の旅を逆に辿るシリーズの第3弾・・・というか番外編です。
 
 私の生まれ故郷は岐阜ですが、岐阜はいわゆる海なし県です。海がないため、海産魚の文化はありませんが、その代わり川魚料理が文化として根付いています。代表はもちろんウナギで、いまだに地元のウナギ料理が日本で一番おいしいと信じています。関東のふっくらウナギは正直ちょっと馴染めません。かりっと焼き上げたウナギじゃないとダメなんですね。

 その他の地元の川魚料理と言えば、コイ料理(洗いなど)、ナマズ料理(蒲焼き)、フナ料理(フナ味噌)等があげられます。私はフナ味噌(フナを味噌で煮たもの?、骨まで柔らかくなっており、すべて食べられます)が大好物なのですが、お店で買おうとするとだいたい家族に却下されます・・・。まあ、見た目が大きなフナそのものですから、あまりにグロいのかもしれませんね。もちろん私以外誰も食べませんし・・・。

 ちなみに岐阜のうなぎ屋さんでウナギ定食などを頼むと、ご飯とウナギの蒲焼き、鯉の洗い、肝吸いというのが定番なのですが、もう一つ、小鉢に入った「モロコ」というのがたいていついてきます。このモロコというのも私の大好物で、要するに小魚のモロコの甘露煮です。岐阜のモロコと言えば、「お千代保稲荷(おちょぼいなり、通称おちょぼさん、本名ちよぼ稲荷神社)」の参道の川魚料理店で売られている物が有名で、出かけた時はついつい購入しています。

Ochobomorok

画像はタモロコ・ホンモロコ庭先養殖の研究様のものを勝手に拝借しました。申し訳ございませんが、リンクにてご勘弁ください。2~3cmの小魚の甘露煮です。大変柔らかくしあがっており、私の場合は食べ出したらとまりません。ただし、これも好き嫌いはあるようで、多少の苦みがあったり、やはり見た目の問題もあり、敬遠する人は少なくないかもしれません。

 今回私は、琵琶湖一周の旅をしたわけですが、同じ海なし県でもあり、なにしろ川魚の宝庫、琵琶湖を抱える滋賀県も、同じように川魚料理の文化が根付いているようです。有名なものと言えば、「鮒寿司」があげられるでしょう。いろんなところで売っていますが、「道の駅 湖北みずどりステーション」で売っていたものの写真を撮っておきました。

Dsc01911

 ちなみに、この鮒寿司のお隣が鮮魚コーナーになっていました。鮮魚の隣に腐った魚・・・まあいいか。残念ながら私が行った時に鮮魚は売られていませんでした。さすがにこの鮒寿司は買いませんでしたが、死ぬまでに一度は食べないといけない代物かもしれません。
さらに、下の写真は、その他のお魚コーナーです。

Dsc01912

 真ん中のでっかい魚が、なんとウグイ。こんな大きいのがいっぱいいるんですね。私自身は売られているのを見るのも初めてですし、食べたこともありません。琵琶湖周辺では普通なんでしょうか。
左の方に串焼きになっているのが、なんとホンモロコです(たぶんですが)。琵琶湖固有種で、最近では漁獲高が減って高級魚とされているようです。京都の錦市場で見た時は、相当なお値段だったような気がしますが、ここでは格安です。ただし本当の天然ホンモロコかどうか私に確証はありません。これも二度と食べられないかもしれないと思い、興奮して買いそうになりましたが、冷静な妻に「旅の途中で買ってどうするの!!」と言われて我に返りました・・・。

 そして、写真の右の方に写っているのが、小鮎の甘露煮ですね。滋賀県の観光中、売っていないところはないというくらいたくさん売っていました。ホテルの朝食に出ていたものは今ひとつでしたが、とあるお店で食べたものは、鮎独特の苦みも相まって大変おいしいものでした。しかし、琵琶湖の鮎と言えば、全国の川に放流されており、さらに見つかり次第甘露煮にされているにもかかわらず(そういうわけでもないか)資源量は豊富なんですね。やはり母なる琵琶湖を実感します。

 鮎だけではなく、ここ滋賀でもモロコの甘露煮がたくさん売られており、代表的なお土産になっています。岐阜のものとの違いは、その大きさでしょうか。岐阜のモロコは幼魚を使っているようで、大きさはせいぜい2~3cmです。滋賀県ではほとんどが成魚のようで、5cm程度のものを一匹一匹ちゃんと並べて箱詰めされています。
 
 魚種も微妙に違うようです。以前霞ヶ浦産のモロコの甘露煮を食べたことがありますが、関東産の「モロコ」は、ほとんどが「モツゴ」という魚であるという研究があるようです。岐阜県産よりは少し大きめで、大きさのせいか魚種のせいか、やや硬いものが多かったと思います。
 
 幼魚、成魚の違いがあるかもしれませんが、岐阜県や滋賀県では「タモロコ」というモロコを甘露煮にしていることが多いようです。滋賀県でお土産になっていたモロコの中に「スゴモロコ」と書かれたものもありました。タモロコなんかとはちょっと違う種類ですね。ホンモロコの甘露煮もあるようですが、魚種が曖昧なものにホンモロコはないと思います。
 
 まあ、おそらくですが、モロコ=こざかなと言う意味でしょうから、作り手がどの程度魚種にこだわっているかはよくわかりません。今のところホンモロコ以外は「ごった煮」状態なのでしょう。そんなことを言うと怒られますかね?

 ということで、私は「川魚」や特に「モロコ」が大好きだということを書かせていただきました。全くどうでもいい話です。ご迷惑をおかけしました。
 次回は予告通り?美しい水の郷のお話をしたいと思っております。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「自然・科学」ブログランキングにも清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 かなり前からツイッター始めています。よろしければfollowしてください。そんなにつぶやいていませんが。

|

« 竹生島の神様は・・ | トップページ | 命めぐる水辺 針江生水の郷(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/52984315

この記事へのトラックバック一覧です: 川魚文化と「モロコ」の話:

« 竹生島の神様は・・ | トップページ | 命めぐる水辺 針江生水の郷(1) »