« 新平等主義 「バカにバカと言える社会」-③- | トップページ | 新平等主義 –定義とそのベクトル- »

2013/03/21

新平等主義 「バカにバカと言える社会」-④-

 資本主義市場経済の中では、常に競争が行われ、それに打ち勝って行かなければなりません。従って、基本的に、この競争に打ち勝っていこうと、「努力すること」は当然のことと認識されています。そして、努力の結果、富を得たとすれば、それは成功した人間という評価を受けます。逆に努力を怠り、サボっているような人間は評価されません。「あんなやつ給料半分でいいのではないか」と思うこともしばしばですが、実はそんな考え方の遥か延長線上が新自由主義であるとうことを前回書きました。
 過去記事ご参照の程

 新平等主義 「バカにバカと言える社会」-序-
 新平等主義 「バカにバカと言える社会」-①-
 新平等主義 「バカにバカと言える社会」-②-
 新平等主義 「バカにバカと言える社会」-③-

 したがって、新自由主義者の多くは、向上心の延長に自らの主義があり、努力できない人間のことは当然自己責任であると認識していますから、特に悪意を持って、自らの主義主張をしているわけでは、おそらくありません。さらに、新自由主義者というのは、それが市場経済における当然の方向性だと考えているわけですから、いちいち、「新自由主義」などという主義主張をしている集団の一員だとは認識していない可能性もあります。

 そして、そんな新自由主義者の訴えることといえば、例えば「規制緩和」であり、「民営化」であり、「自由貿易」等です。できるかぎり公の力を削いで、競争を激しくするための政策です。私は、それらの言葉の一つ一つが、漠然と「いいこと」であると認識していましたが、これらの行き着く先が、「格差社会」であると認識を持った時、この主義が間違ってはいないとしても、それを抑え込むための主義主張が必要だと感じるようになりました。それが、この表題たる、「新平等主義」というわけです。むろん「格差社会」以外にも、新自由主義には多くの問題点があり、その方向性には警鐘を鳴らさねばなりません。

 現在の日本を考えると、不況やデフレが続き、何となく長く暗い時代が続いています。このような時、どうやってトンネルを抜けるのかと問われれば、「苦しみに耐え、努力して、頑張ろう」的な発想を、まじめで勤勉な日本人はついついしてしまいます。したがって、新自由主義的な、規制を緩和し、競争を激化する政策には、無意識に同調してしまう下地があるわけです。目の前に大きな壁が現れれば、それを乗り越えるよう努力しなければならないとついつい考えてしまうわけです。

 しかし、現実には、競争のあとに明るい未来が待っているわけではありません。ただただ、その壁を乗り越えられる者と乗り越えられない者、すなわち勝者と敗者がうまれるに過ぎません。優秀で、やる気があって、努力できる人がそれ相応の力を発揮して勝者となり、壁を乗り越え大きくなっていくことがいいことだとしても、その分多くの没落者をうむのであれば、社会として、国家として、プラスマイナスゼロと言うだけです。つまり個人のレベルで言えば、努力した者が報われる社会かもしれませんが、国家のレベルで言えば、不幸な人を増やすに過ぎないわけです。

 結局のところ、新自由主義者たる「優秀で、やる気があって、努力できる人」が、新自由主義的社会、すなわち、より競争が激化する社会を好む理由は、自分が勝者となれる自信があるからです。そして、最大の問題は、新自由主義者が、そんな競争を「平等な競争」だと信じ込んでしまっており、敗者を「自己責任」と切り捨ててしまうことです。なぜ「平等な競争」だと信じ、「自己責任」と切り捨ててしまうかといえば、それは、国民全員が「自分たちと同レベルに努力できるはずだ」と勘違いしているからに他なりません。過去に、くどく書いてきたとおり、この競争は、最初から新自由主義者に有利であり、「平等な競争」ではありません。国民全員が優秀な人たちと同様の努力ができるはずはないのです。おそらく平均的な国民ですら、新自由主義者と比べれば、「バカ」レベルと言って過言ではありません。

 国民全員が「自分たちと同レベルに努力できるはずだ」という新自由主義者の勘違いは、競争の先には「国民全員が勝者である」というとんでもない幻想をうんでいます。どう考えても、過去の歴史は「格差社会」をつくりだすに過ぎないのですが、そんな勘違いを少しでも新自由主義者に理解してもらわなければなりません。

 そのために私が考えている事は、次の二つを新自由主義者に訴えることです。
1つ目は、「新自由主義者は、優秀な能力を持った人間の集団」であるということ、
そして2つ目が、

世の中には、新自由主義者が想像も出来ないくらい、バカで努力できない人間がたくさんいる

という、この2つです。ここで言うバカというのは、差別的な意味での底辺の人々を意味しません。あなたであり、私であり、平均的な一般国民のことです。「優秀な能力を持った人間」と「バカで努力が出来ない人間」が混在している以上、「平等な競争」というものは存在せず、そんな中での敗者は「自己責任」と簡単に切り捨てられません。それは国家として、その構成員たる国民を切り捨てることと同義だからです。競争を激化させる政策は、ただただ「優秀な能力を持った人間」が活躍し、「バカで努力が出来ない人間」が没落する「格差社会」をうむに過ぎないわけです。

 バカに、「努力すれば報われる」と一見平等主義的な偽善を言うよりも、「バカにバカと言える社会」の方が、よっぽど平等でまともな社会だと私が考える理由は、以上の考察の結果なのです。

 むろん、新自由主義も、新平等主義も、相対的な主義主張であることは、この話を始めた時に断った通りです。新自由主義が行きすぎれば格差社会をうみ、新平等主義が行きすぎれば活力のない既得権益の固まりの世界になることはいうまでもありません。しかし、現代の日本で新自由主義を闊歩させることが、日本という国家の幸せにつながるとはとても思えません。

 私自身は政治や経済の専門家ではありませんが、現在の日本における問題点を、今後もう少し新平等主義を中心に具体的に書いていきたいと思っています。

 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!
  かなり前からツイッター始めています。よろしければfollowしてください。そんなにつぶやいていませんが。

|

« 新平等主義 「バカにバカと言える社会」-③- | トップページ | 新平等主義 –定義とそのベクトル- »

コメント


努力を怠り、サボっているわけではなく、
そんな醜い競争をさせられるのが嫌。 っていう人もいたりして、偶々、この国に生まれてきて生きているだけで、こんな新自由主義とかどうとかって政治をされて、金儲け主義者たちの巻き沿いにされるの嫌なのですが。
それだったら、どこか好きな他の国へ行くとか、死ぬとか、する以外に方法はないのでしょうか??

投稿: 大阪のおっちゃん | 2014/04/07 15:01

 大阪のおっちゃん様、コメントありがとうございます。
 金儲け主義者たちの巻き添えにされるのがいやというお気持ちは、まさに私が言いたかったことそのもので、このようなコメントをいただいたことに感謝いたします。
 世の中は、一見それらしい「規制緩和」等が、「成長戦略」と称して実行されようとしています。それに反対することは、抵抗勢力とされています。国が成長するということと、努力しないやつは退場しろということがペアで語られ、そのおかげで多くの方々が迷惑をこうむっているわけですが、これが大間違いということの警鐘としてこの「新平等主義シリーズ」を書きました。
 もちろん、このブログはただの零細ブログで、世間への意見発信力はほぼ皆無としかいいようがありませんが、世の中には、この新自由主義路線に真っ向から反対されている言論人がたくさんいます。他国へ行くとか、ましてや死ぬなんて今後絶対にいわないで、何となくそれらしい言葉に流されている現在の日本国民に、共に真の意見を届けていきませんか。この国、日本であれば、少しづつでも絶対出来ると信じていますが。

投稿: 彰の介 | 2014/04/07 16:44

こちらこそ、ありがとうございます。

短いですが、この間の私の感想ですが、

「何となくそれらしい言葉に流されている現在の日本国民」というより、自分なんかよりもむしろもっとこの国のことを知っている人たちが多く、シーソーの傾斜をみながら動いている様な気もします。

そうした人の中には、
まったく危機感がない、想像力の乏しい人。そして逆に、そうした不安から現実逃避している人なんかがいる様にみえます。

経済至上主義のせいで人間関係が希薄にされ、20年くらい前と比べてみても、みんな孤立している様に感じます。
 そんなタイプの人間が、ゲーム感覚になったり、抜け駆けしたり出し抜いて儲けようとか助かろうと考えている。ライアーゲームみたいに。だから、半沢みたいなドラマをみて、所詮ドラマだという意見が多い様におもいます。

その他には「生活など現実問題があるから仕方がない・・・」とか、資本家たちが喜ぶような、模範的なありきたりの回答を言うひともいます。忙しいとか言って、面倒な事から逃げて酒や遊びに夢中。まともに問題に向き合って考えることの出来ない大人。なんちゃって社会人なんかもいますが、この人たちには説明してもなかなか、受け入れ難いことなのかもと感じました。


投稿: 大阪のおちゃん | 2014/04/08 18:12

よかったですね。

台湾学生代表「成果あった」…立法院から退去へ(読売新聞) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140407-00050114-yom-intcoldsweats01

投稿: 大阪のおっちゃん | 2014/04/08 20:58

 大阪のおっちゃん様、再コメントありがとうございます。
 私は、日本の現実がよくわかっている人もいると思いますが、なかなかそれ自体が理解できない日本人も多いと思います(バカにしているわけではなく、仕方ありません)。いわれるところの経済至上主義を私は、新自由主義と再定義しておりますが、その落とし穴にはまった人々がご指摘の方々と言うことも出来るでしょうか。
 ニヒリズムな連中が、新自由主義者であると指摘している方もおりますが、今回のコメントをいただきまして、新自由主義の落とし穴にはまると、はまった人々がニヒリズム化していくのかもしれないと気付かされました。そこは、はまった方々にものを言うより、落とし穴にはめている方々に私はものを言っていきたいと思います。

投稿: 彰の介 | 2014/04/09 19:16

新自由主義者につくられた価値観、幸福と勘違いさせられていて、それがその本人だけへの事であれば別に関係のないわけですが、連鎖しているから、厄介なんですよね。
新自由主義者って、賢いですね。

中世の皇帝に、無理やり、やりたくなもない、奴隷同士の決闘をさせられてるみたいで、すごく苦痛です。

投稿: 大阪のおっちゃん | 2014/04/11 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/57001748

この記事へのトラックバック一覧です: 新平等主義 「バカにバカと言える社会」-④-:

« 新平等主義 「バカにバカと言える社会」-③- | トップページ | 新平等主義 –定義とそのベクトル- »