« 新自由主義の群像-過去記事訂正 | トップページ | 新自由主義の群像-幕末の志士 »

2013/12/03

新自由主義の群像-戦国時代の帰着

 今後少しずつ、新自由主義というものを、経済用語としてのみ縛るのではなく、かなり広げて一般化しようという試みを始めたいと思います。

 新自由主義を私なりに定義すれば、過去記事に書いたとおり、
「全ての個人が能力的に平等であることを前提とし(或は、個人の能力差を不平等であるとは認識しない)、努力したものが報われ、努力しないものは自己責任とする社会を実現すべく、固定化した制度や概念を出来るだけ排除していくことを旨とする主義主張」
ということになります。そして、新自由主義者とは、
「優秀で能力があって努力できる人」
であり、そんな努力したものが報われる固定化された制度がない自由な世界が実現できれば、思う存分その実力を発揮していくことができるようになるわけです。

 そんなことを考えてみると、「戦国時代」なんていうのは、まさに新自由主義者の天国とも言える世界だと思われます。まあ、現代のような、お金のやりとりで実力を発揮するのではなく、命のやりとりをしなければなりませんが・・・。

 日本の戦国時代を考えてみると(日本に限ったことではありませんが)、完全な実力?暴力?軍事力?謀略?絶対の世界であり、私の新自由主義の定義より厳しく、固定化した制度や概念を排除していかなければ生きていけない世界と言えるかもしれません。逆に言えば、何をやってもある意味、自由?であり、だますことが悪ではなく、だまされる方が悪い、身分が上だとか、本家筋だとかそんなことはほとんど意味をなさない、「下剋上」の世界です。まさに、実力だけがものをいう、新自由主義者が目指す世界が、そこにはあったわけです。

 天下統一を果たした豊臣秀吉なんていうのは、出自が農民とも、商人とも、足軽とも言われているように、下層階級の人であったとされています。信長政権において、秀吉が当時どのような扱いを受けていたかは知るよしもありませんが、出自が卑しいという点において、相当に出世のハンデであり、嫌がらせの的になったことは想像に難くありません。こんな固定化された概念を排除していった信長というのも、私から言わせれば「新自由主義者の典型」であり、それに実力で答えた秀吉もまさに「新自由主義者の典型」と言えます。秀吉による天下統一は、戦国時代が、全ての人間に出世の機会が与えられていた時代であることを示しており、実力が全ての「新自由主義者の天国」だったことも証明しているのではないでしょうか。

 さて、それで私は一体何が言いたいか・・・ということになりますが、新自由主義者による、新自由主義時代の成功の先には、どのような結末が待っていたか・・・という話です。これが、あまりに当たり前の結末であるため、いちいち説明することに「おまえはバカか!」と言われるような内容ですが、我慢して読んで下さい。これは、新自由主義の段階的荒廃論 解説③の補足と言ってもいいかもしれません。すなわち、新自由主義者というのは、行き着くところただの既得権益者に変貌するというお話です。

 新自由主義者というのは、彼ら自身が活躍出来る自由な世界を造り出すことを望んでいます。もちろん秀吉が望んだ世界を、すなわち戦国時代という新自由主義者が活躍出来る世界を、一から彼が造りだしたわけではありませんが、出自を大逆転するほどの世界に造り変え、結果として天下を取ったわけです。

 したがって、その流れで、すなわち、自分たち新自由主義者がのびのびできる戦国時代のような、完全な実力主義の時代を継続する方向で、秀吉は国造りを行っていった・・・・・わけないのです!!

 自分たちの主義主張における理想の社会が、新自由主義的社会たる戦国時代だったとしても、いざ、天下統一がなされたとなれば、それが新自由主義者の典型たる秀吉であろうとも、当然、自ら得た権益を他人に渡さないよう、守ろうとするものです(当たり前です)。すなわち、新自由主義的世界を終わらせるように、要するに、戦国を終わらせるように、自分に都合がいいように制度を造る(規制をがんじがらめに張り始める)わけです(当たり前です)。統一前から、戦争はやめろと各地に命令を出し、農民から刀を取り上げました。「オレが死んだら、次は実力で勝ったものが天下人になればいい!!」とは決して言わないわけです(当たり前です)。

 確かに、秀吉が死んだら、実力で家康が天下を奪いましたが、新自由主義的な実力が全ての時代はそれで終了となりました。その後260年にも及ぶ、完全な身分制度バリバリの固定化の時代となりました。優秀で能力があって努力できる人間であっても、その生まれが農民であれば、農民のまま生涯を終える時代となったわけです。

 それは、既得権益者の当然の地盤固めだったと考えることができます。しかし、別の言い方をすれば、何でもありで人々が苦しむ時代から、平和で安定した時代が望まれた結果であると言うこともできます。なぜなら、人々のほとんどは、秀吉のような、優秀で能力があって努力ができ、常に実力をいかんなく発揮したいと考える新自由主義者なのではなく、ただの一般人(新自由主義者からみればただのバカ、過去記事参)に過ぎないわけですから・・・・。

 新自由主義的世界というのは、一見、万人に夢を与える世界のような気がしますが、実際にはほんの一握りの優秀な人間達の欲求を、一時的に満たすに過ぎないということを、認識すべきというお話でございました。

 ということで、次回は、幕末維新のお話に・・・・・、まさか、幕末の志士達って新自由主義者??

人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

かなり前からツイッター始めています。よろしければfollowしてください。そんなにつぶやいていませんが。

|

« 新自由主義の群像-過去記事訂正 | トップページ | 新自由主義の群像-幕末の志士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/58693348

この記事へのトラックバック一覧です: 新自由主義の群像-戦国時代の帰着:

« 新自由主義の群像-過去記事訂正 | トップページ | 新自由主義の群像-幕末の志士 »