« 人間相対性理論(再び歴史家の曖昧) | トップページ | 年末にぼやき »

2014/09/28

人間相対性理論(社会保障制度の曖昧)

 同じ社会に生活している以上、困っている人がいれば助けなければならない・・・と考えるのが日本人というものですが、昨今、いろいろな意味で、他人を助けることへの疑問というのが、あちらこちらで聞こえるようになりました。

 一般論として、社会的弱者を助けるということに疑問を感じる人は少ないのでしょうけど、どうしても、「弱者を助ける制度」なるものができてしまうと、そんな制度に頼らず生きていこうというまっとうな人々がいる反対側で、インチキしてでも、その制度に乗って楽をしよう、という輩が出てきてしまうものです。そんなインチキ野郎や、おサボり人間の実例を目の当たりにすれば、「あんな奴らを助ける必要はない!!」と思うのも、これまた人間というものです。

 例えば、生活保護を受けながら、しっかりスマホを持っていたりして、たばこがやめられず、パチンコ三昧なんていう人がいるわけです。そんな人が、「息が苦しい」と言い出して、医療機関にかかっても、医療費はしっかり出してもらえて、入院もできる。たばこをやめろと言っても、聞く耳を持たないなんてなれば、カチンと来るのも仕方がないでしょうか。

 また、昨今の不況から、職に就けない人や派遣切りなどが話題となったことがありました。これらの方々にも、場合によっては、それこそ生活保護の申請をという話しもあったと記憶します。しかし、こんな話に対しても、失業保険などを充実させると、職を探そうとしないから逆効果だとか、ましてや、生活保護なんて簡単に認めていたら、その方が楽だと思う輩を大量生産してしまうではないかと言った批判も耳にするわけです。

 つまり、「弱者を助ける制度を充実させれば、多くの人間を堕落させてしまうだけではないか・・・」という考え方ですが、私も昔は「そうだよなあ」と漠然と賛成していました。以前、新自由主義の群像-自助論とブラック企業というエントリーでも、「自助論」の一節を取り上げましたが、まさに内容は同じことです。

外部からの援助は人間を弱くする。人のために良かれと思って手を差し伸べても、相手はかえって自立の気持ちを失いその必要性も忘れるだろう。

 最近、政治の世界において、上記のようなある意味極論を訴える政治家を見かけることがあります。極論、すなわち、自助論の精神そのままに、「弱者救済制度は百害あって一利無し、自立を妨げるだけである、廃止するべきだ」という訴えです。もちろん、そういった政治家は、一方で「本当に社会として助けるべき人々が、現実には助けられていないことも多い、本物の社会的弱者は助けるべきだ」ということをペアとして当然訴えています。すなわち、インチキ野郎やおサボり人間は当然助ける必要はなく、そうでない本物の社会的弱者はしっかり守っていこうというわけです。

 そう言われれば、もしかしたら皆様方もその通りだと思われるかもしれません。しかし、そんな簡単にそのような理想論が達成できるのでしょうか。残念ながら、私自身が考えているこの人間相対性理論の方程式を解いてみると、決してそんな解は導かれないということを感じています。解があるのかといわれると、実は解はないのですけど・・・、解は、どこまでも曖昧であるということしか導かれません・・・。ということで、いつもの私の屁理屈を始めてみましょう。

 助けるべきではない人間と、助けるべき人間。何かしら、制度を設けたとするならば、前者と後者を明確に別ける定義を設定しなければなりません。すなわち、どこかで線を引いて、こちら側の方々は助ける、こちら側は助けないとするわけですね。さてさて、そんなにすっきり、みんなが納得いくように線引きというのはできるものなのでしょうか。結論から言えば、私は、そんなことは絶対に無理だと考えているのです。

 つまり、どこかで線を引けば、必ず、矛盾する事象が生まれるということです。この人は助けていいような気もするが、助けない方のカテゴリーに入っているという場合と、こんなやつ助ける必要もなさそうなのに、助ける方のカテゴリーに入っているという場合が必ず生じるということです。それは、絶対的な意味として、矛盾する事象が生じるとも考えていますし、助ける・助けないという概念が、人それぞれ相対的に違う(極めて曖昧な概念である)という意味でも、全ての人に納得してもらえる線引きなど無理だと考えるのです。

 例えば、職場に馴染めず、すぐやめてしまうことを繰り返し、結局生活保護を受けているような一人暮らしの方。これは、ただの本人の堕落と判断しますか?、それともやむを得ず、社会的弱者の一人と認めますか?。生活保護を打ち切れば、嫌々ながらも働き続けると思いますか?。仮に働かず飢え死にしても、それは自業自得だと考えますか?。
 こんな事例であれば、私自身は、生活保護を受けざるを得ない事例と考えますが、実際には本人の確信犯的な堕落かもしれず、まあ、判断するのは無理というものです。そんなことを考えれば、線引きなんてたやすくできるものではないと思いませんか。

 そんな線引き不全を回避する方法は、私が考えるに一つしかありません。すなわち、みんなが信頼できる特定の神様のような人物に、助ける・助けないというすべての判定をゆだねるという方法です。この人は、助ける、こいつは助けない、という判断をその信頼できる人物にゆだねわけですね。ただ、そんな神様のような判断ができる人物が存在するのでしょうか。残念ながら日本史上を考えても、南町奉行・大岡越前守様くらいしか思いつきませんがね・・・。

 結局のところ、万人が納得のいく線引きは存在しない、というのが私の結論です。であれば、どうするかといえば、線引きの位置をその時の社会情勢や考え方に合わせて引きなおすしかないと思うのです。つまり、できるだけ弱者を助けるべきだと判断するのであれば、多少おサボり連中も助けてしまうことになるけれども、それには目をつぶって、より多くの弱者が助かるように線を引く。反対に、できるだけ自立を促したいのであれば、本来助けるべき弱者が保護を受けられない事例が出てしまうかもしれないけれども、それには目をつぶって、おサボり撲滅ができるように線を引く。そういう線の引き方しかないでしょう。

 私はどう考えているかと言えば、現在の格差拡大社会においては、多少おサボり連中を助けることになっても、弱者を救うべく線引きするべき時代だと思っています。これは、まさに新自由主義批判そのものであり、一見それらしい、おサボり撲滅の考え方が、非常に強い格差拡大圧力であると考えているから他なりません。個人の自立への啓蒙と、日本社会全体の幸福を混同してはなりません。新平等主義的国家観を持って考えないと、ただの個人主義に収斂していくだけのことです。それは、本来の日本の姿から、どんどん離れていくことになるだけのことですから・・・。

 線引きの曖昧論、ご理解いただけるかどうか自信はありませんが、引き続き曖昧の世界へ、皆様をご案内いたします。
 
 人気blogランキングに登録しています。ぜひ清きクリックを!
 ↑↑クリック!
 BlogPeople「ニュース・一般」ブログランキングにも清きクリックを! ↑↑クリック!

 かなり前からツイッター始めています。よろしければfollowしてください。そんなにつぶやいていませんが。

|

« 人間相対性理論(再び歴史家の曖昧) | トップページ | 年末にぼやき »

コメント

おいらはほぼ生まれつきの身体障害者手帳2級保持者なので、「何であいつが?」と攻撃される?側なのですが、おっしゃるとおり線引きが難しいのです。
たとえば障害者年金は、上記の手帳の等級とは別の基準で、認定されます。おいらの友人は障害者手帳は、おいらよりも軽度なのですが障害者年金をいただいております。お勤め先は京○ラで。おいらも若い時分申請はしたのですが、日常生活への影響度が低いとかで、認定外。逆に、手帳の等級が基準の税額控除や医療費給付では、おいらが認定という具合です。
40になり最近「中心性漿液性脈絡網膜症」というありがたい?病名をいただいたおいらにとっては、こちらの方がありがたいのか?といった次第。当方ブログで経過書いてますが、進行するようならば念願?の障害者年金認定の可能性が出てきました。ん?人間とは欲張りな生き物です。
脈絡のないブロガーのおいらが、脈絡網膜症というのも、小話的ですがねw


投稿: demecchi | 2014/10/01 04:14

 でめっち様、毎度コメントありがとうございます。コメント返し遅くなりました。

 一応、一応医療関係者の私ですが、結構たやすくこういった文章を書いてしまい、本当にお困りの方の気持ちちゃんと把握しているのか?ということを自問自答いたしました。

 今後難病指定の拡充が行われるようですが、同時に医療費削減圧力も強く微妙なところです。しかも、現政権は頑張れない人に冷たい方向性があり心配です。表面的にはそれらしい言葉を使い、みんなだまされてしまいそうですが・・・。

 ということで、お体御自愛ください。

投稿: 彰の介 | 2014/10/02 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45497/60390619

この記事へのトラックバック一覧です: 人間相対性理論(社会保障制度の曖昧):

» 相対性理論 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
相対性理論 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2014/10/03 07:41

« 人間相対性理論(再び歴史家の曖昧) | トップページ | 年末にぼやき »